マーク・ゴジック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーク・ゴジック Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Mark Godik
ロシア語 Марк Годик
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1939-08-05) 1939年8月5日(80歳)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マーク・アレクサンドロヴィチ・ゴジックロシア語: Марк Александрович Годик[1]1939年8月5日[2] - )は、ロシア出身の教育者、サッカー指導者。

教育学博士で専攻はスポーツ科学(主にサッカー)[3]

来歴[編集]

1958年タシュケント鉄道輸送技術者研究所で学び、1961年ГЦОЛИФК(現体育スポーツ青少年観光ロシア州立大学ロシア語版)入学、1963年その大学院へ進む[3]。1969年から1974年までГДОИФК им. П. Ф. Лесгафта(現レズガフト記念体育文化スポーツ健康民族国立大学ロシア語版)で助教授であった[3]

一方でソビエト連邦サッカー連盟(現ロシアサッカー連合)へスタッフ入りしソ連代表コーチを歴任し、その後はロシア代表コーチとして1994 FIFAワールドカップを経験する。この時に代表スタッフとしてパヴェル・サディリンガジ・ガジエフと知り合う[4]

また年度は不明だが2年間、UAEアル・アインFCアカデミー監督として着任し、UAEの全国大会少年部で優勝を飾っている[5]

その後、ウクライナFCシャフタール・ドネツクのコーチとして活躍する[5]。2000年、シャフタール退団を決意していたところへサディリン監督に誘われPFC CSKAモスクワコーチに就任する[5]

2002年、ガジエフのサンフレッチェ広島監督就任に伴い、コーチ(フィジオセラピスト)として来日する[2]。同年6月、ガジエフが退任したこと[6] を機に、コーチを退任した。

帰国後も研究者として活躍し、2007年からロシアサッカー連合科学方法論評議会の会長を務める[3]

略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ロシア語ラテン翻字: Mark Aleksandrovich Godik
  2. ^ a b ゴジック”. サンフレッチェ広島公式. 2002年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月6日閲覧。
  3. ^ a b c d レズガフト記念体育文化スポーツ健康民族国立大学、2013年7月6日。
  4. ^ ЧМ. Отборочный турнир. Ответный стыковой матч. ИТАЛИЯ - РОССИЯ”. sport-express.ru (1997年11月13日). 2013年7月6日閲覧。
  5. ^ a b c Марк ГОДИК: ТРЕНЕР, КОТОРЫЙ ВРЕМЕННО ВОЗГЛАВИТ ЦСКА”. sport-express.ru (2000年11月15日). 2013年7月6日閲覧。
  6. ^ ガジエフ監督、退団へ”. 中国新聞 (2002年7月17日). 2002年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月6日閲覧。

参考資料[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]