オークランド・シティFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オークランド・シティFC
原語表記 Auckland City Football Club
クラブカラー 紺と白
創設年 2004年
所属リーグ ニュージーランド・フットボールチャンピオンシップ
ホームタウン オークランド
ホームスタジアム キウイティア・ストリート・スタジアム
収容人数 5,000
代表者 ニュージーランドの旗 イバン・ブクシッチ
監督 スペインの旗 ラモン・トリビュリエッチ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

オークランド・シティFC(Auckland City FC)は、ニュージーランドオークランドに本拠地を置くサッカークラブ。

概要[編集]

2004年、オーストラリア・ニュージーランドを中心としたオセアニア各地のサッカーリーグ再編、オセアニア地域の国際大会、OFCクラブチャンピオンシップ(現:OFCチャンピオンズリーグ)の創設など、サッカー環境の整備が行われる中で創設されたクラブのひとつである。発足から10年を経るも登録選手の大半はフットボールとは別の職で収入を得ているセミプロチームとなっている。

同じオークランド地方に本拠地を置くワイタケレ・ユナイテッドとはライバル関係にあり、共に毎シーズン、タイトルの座を競い合っている。なお、2004年に国内最上位リーグであるニュージーランド・フットボールチャンピオンシップ(NZFC)が発足して以降、年間優勝を経験したことがあるのは両クラブのみである。

2006年、2009年と2011年以降、毎年FIFAクラブワールドカップに出場している名門クラブであり、同大会の最多出場クラブである。

歴史[編集]

クラブ創設1年目の2004-05シーズンに国内リーグで優勝。OFCクラブチャンピオンシップ2005に出場するも、グループステージで敗退した。

2005-06シーズンは、国内リーグを2年連続で優勝。オーストラリアアジアサッカー連盟(AFC)転籍後、初の開催となったOFCクラブチャンピオンシップ2006の決勝戦で、タヒチASピレーを3-1で破りクラブ創設2年目にして初優勝を成し遂げる。この優勝によりオセアニア代表として、FIFAクラブワールドカップ2006への出場権を獲得した。大会に向けクラブは、元日本代表で当時無所属だった岩本輝雄の加入を発表[1]。岩本の復活と共に、日本のサポーターから一躍注目を浴びることとなった。

クラブワールドカップ開幕戦となった1回戦では、アフリカ代表のアル・アハリエジプト)と対戦。チャンスを作るも得点には結びつかず0-2で敗れ、続く5位決定戦でも全北現代モータース韓国)の前に0-3と屈し、大会を通して無得点に終わった。

2008-09シーズンは、国内リーグとOFCチャンピオンズリーグの両方を制覇し、3年ぶり2度目となるFIFAクラブワールドカップ2009の出場権を手にする。本大会の開幕戦では開催国枠で出場したUAEアル・アハリを2-0で下し、オセアニア勢としては2005年大会シドニーFC以来、4大会ぶりとなる勝利を挙げた。準々決勝のアトランテメキシコ)戦では力の差を見せ付けられ0-3で敗れたものの、5位決定戦ではコンゴ民主共和国マゼンベに3-2で勝利し、オセアニア勢過去最高位タイの5位という成績で大会を終えた。

その後も2010-11、2011-12、2012-13シーズンと3大会連続でOFCチャンピオンズリーグを制し、日本とモロッコで開かれたクラブワールドカップに出場を果たしたが、2011年大会柏レイソルに0-2、2012年大会サンフレッチェ広島に0-1、2013年大会ラジャ・カサブランカに1-2とそれぞれ初戦で敗れている。2014年大会ではマグレブ・テトゥアンセティフに勝利しオセアニア代表としてクラブワールドカップ史上初めて準決勝に進出したが、CAサン・ロレンソに敗れた。しかし、3位決定戦ではクルス・アスルと対戦し、決着がつかず1-1で終えるが、PK戦では4-2で勝利し、オセアニア勢過去最高位の3位という成績で大会を終えた。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

個人タイトル[編集]

  • 得点王
    • 南アフリカ共和国の旗 ケリン・ジョーダン (2004-05, 2005-06)

現所属メンバー[編集]

2015年4月27日現在
No. Pos. 選手名
1 ニュージーランドの旗 GK タマティ・ウィリアムズ (Flag of the Netherlands.svg)
2 セルビアの旗 DF マルコ・ジョルジェヴィッチ
3 日本の旗 DF 岩田卓也
4 クロアチアの旗 MF マリオ・ビレン
5 スペインの旗 DF アンヘル・ベルランガ
6 イングランドの旗 DF ジョン・アーヴィング
7 ニュージーランドの旗 FW ジェームズ・プリチェット (Flag of England.svg)
8 ニュージーランドの旗 MF コリン・マーフィー
9 イングランドの旗 DF ダレン・ホワイト (Flag of New Zealand.svg)
10 ニュージーランドの旗 FW ライアン・デ・フリーズ (Flag of South Africa.svg)
11 ニュージーランドの旗 MF キャメロン・リンドセイ
12 ニュージーランドの旗 MF アダム・マクジョージ
13 スペインの旗 MF イバン・カーリル
14 ニュージーランドの旗 FW アンソニー・ホッブス
15 ニュージーランドの旗 MF イヴァン・ヴィセリッチ (Captain sports.svg) (Flag of Croatia.svg)
16 韓国の旗 MF キム・デウク
No. Pos. 選手名
17 ポルトガルの旗 FW ジョアン・モレイラ
18 ニュージーランドの旗 GK ダニョン・ドラケ
19 パプアニューギニアの旗 FW デイヴィッド・ブローン
20 スペインの旗 FW オスカル・ガルシア
21 スペインの旗 FW グスタボ・ソウサ
22 ニュージーランドの旗 DF アンドリュー・ミルン (Flag of Scotland.svg)
23 ニュージーランドの旗 MF サム・バーフット
24 ニュージーランドの旗 GK ジェイコブ・スプーンリー
25 ニュージーランドの旗 MF マイケル・デン・ヘイジャー
-- イングランドの旗 GK ルーイ・キャウンター
-- 日本の旗 DF 松本光平
-- ニュージーランドの旗 DF シモン・アームズ
-- 日本の旗 MF 田島翔
-- ニュージーランドの旗 MF ジェイコブ・スプーンリー
-- ナイジェリアの旗 FW サニ・イサ

※括弧内の国旗はその他保有国籍、もしくは市民権を示す。

歴代所属選手[編集]

GK
DF
MF
FW

脚注[編集]

  1. ^ 日本テレビ内公式サイト. “チーム最新情報 チーム詳細”. 2011年11月26日閲覧。

外部リンク[編集]