田島翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田島 翔 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タジマ ショウ
ラテン文字 TAJIMA SHO
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-04-07) 1983年4月7日(36歳)
出身地 北海道北斗市
身長 168cm
体重 62kg
選手情報
在籍チーム 大韓民国の旗 ソウル・ユナイテッドFC
ポジション MF
背番号
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

田島 翔(たじま しょう、1983年4月7日 - )は、北海道北斗市(旧・上磯町)出身のサッカー選手韓国K3リーグソウル・ユナイテッドFC所属。ポジションはミッドフィールダー(主にボランチでプレー)。

経歴[編集]

北海道函館工業高等学校卒業後、2004年にFC琉球と契約し[1]、県リーグ1部、九州サッカーリーグ、日本フットボールリーグ(JFL)を経験。2007年からは日本国内クラブに留まらず、クロアチアなど世界各地のクラブを練習生としてまわり、2009年に北海道サッカーリーグノルブリッツ北海道に入団した[2]

2010年8月、スペインの5部リーグに相当するディビシオネス・レヒオナレスに参加しているクラブであるTSKロセスの入団テストに合格、入団契約をした[3]。 5部リーグ優勝を果たし、4部リーグ昇格を決めたが、2011年3月に東日本大震災があり帰国を決意。

同じく2011年には地元北斗市に、小学生のクラブチーム「FC北斗アステリスモ」を設立[4]

2012年、九州リーグ時代からFC琉球のライバルであるJリーグ・ロアッソ熊本に入団[5]

ロアッソ熊本退団後は本人がフットサル転向を希望し、シュライカー大阪に入団し、サテライトに所属。

その後シュライカー大阪を半年で退団し、2014年にニュージーランド・フットボールチャンピオンシップオークランド・シティFCに入団。再びサッカー界に復帰した。

2015年、北海道サッカーリーグの十勝フェアスカイFCに加入[6]

2015年オフシーズン、地元函館のフットサルチーム「エイトビート」に参加[7]

2016年、アメリカNPSL所属のマイアミ・ユナイテッドFCに複数年契約で移籍。 元・ブラジル代表のアドリアーノと同じチームメイトとなる。

2017年函館からJリーグを目指すため設立されたFC函館ナチャーロのチームアドバイザーに就任[8]

2017年、メジャーリーグサッカー(MLS)参入を目指すアメリカ独立リーグ・UPSLのラスベガス・シティFCと契約。 ラスベガス初の日本人選手としての加入。 4月1日のUPSL開幕戦でゴールを決めデビュー戦勝利を飾る。

地元の北海道北斗市に「フットライズサッカーアカデミー」を設立[9]

2018年7月、韓国のソウル・ユナイテッドFCへの移籍[10]

2019年からはソウルユナイテッドFCで選手兼コーチに就任。

所属[編集]

ユース経歴
プロ経歴

成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2012 熊本 28 J2 0 0 - 0 0 0 0
通算 日本 J2 0 0 - 0 0 0 0
総通算 0 0 - 0 0 0 0

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]