松本光平 (1989年生のサッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松本 光平 Football pictogram.svg
名前
カタカナ マツモト コウヘイ
ラテン文字 MATSUMOTO Kohei
基本情報
生年月日 (1989-05-03) 1989年5月3日(33歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府
身長 173cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム ニュージーランドの旗 オークランド・シティFC
ポジション DF(SB)
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

松本 光平(まつもと こうへい、1989年5月3日 - )は、大阪府出身のサッカー選手。

来歴[編集]

中学時代はセレッソ大阪のU-15に在籍し、同期に柿谷曜一朗、一学年下には山口螢丸橋祐介らがいた。

高校進学時に、当時は日本国内でも圧倒的な強さを誇っていたガンバ大阪ユースに禁断の移籍を果たす。ガンバ大阪ユース在籍時は安田理大倉田秋宇佐美貴史らと共にプレーした。

高校卒業後はイングランドのアカデミーなどでプレーし、帰国後は徳島ヴォルティスジェフユナイテッド市原・千葉のリザーブに在籍した。

2012-2013シーズン、オーストラリアAリーグブリスベン・ロアーFCに所属。

2014年3月から約半年の間アメリカに滞在し、ロサンゼルス・ギャラクシーなどのトライアウトを受けるも契約には至らず、同年10月にFIFAクラブワールドカップ出場を目指してニュージーランドへと渡った。

2014‐2015シーズン、ニュージーランド・フットボールチャンピオンシップオークランド・シティFCと契約する。

デビュー戦でゴールを決めるなどの活躍をするものの、クラブワールドカップの出場メンバーには選ばれず、シーズン終了後に契約満了となりチームを退団。

2015-2016年シーズンより同リーグホークスベイ・ユナイテッドに移籍。

チームはリーグ開幕戦でオークランド・シティFCと対戦。松本は開幕スタメンの座を勝ち取り、古巣のオークランド・シティFCからゴールを挙げる活躍を見せるなど、シーズンを通して全試合スタメン出場を果たし、チームに大きく貢献した。 惜しくも2位でシーズンを終了し、優勝には届かず、クラブワールドカップ出場の目標は果たせなかった。

2017年2月からOFCチャンピオンズリーグ[1]に出場するため、フィジーレワFCと3ヶ月間の短期契約を結ぶ。

2018-19シーズンより、以前所属していたオークランド・シティFCのライバルチームであるワイタケレ・ユナイテッドに移籍[2]

2019年1月から再びOFCチャンピオンズリーグに出場するため、バヌアツマランパ・リバイバース[3]と短期契約を結ぶ。

2019年8月ニュージーランド・フットボールチャンピオンシップハミルトン・ワンダラーズに移籍[4]

2019年12月にカタールで開催されるFIFAクラブワールドカップ2019出場に向け、2019年11月にニューカレドニアヤンゲン・スポートにレンタル移籍[5]。この大会唯一の日本人選手として念願のクラブワールドカップ出場を果たす。1回戦で開催国王者のアル・サッドカタール)と対戦し、延長戦の末1-3で敗れた。

2020年2月からニュージーランドハミルトン・ワンダラーズに復帰。

同年3月18日に新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内リーグの打ち切りが発表される。 ニュージーランド国内も警戒レベルが最も高いレベル4のロックダウン状態になり、チームも数ヶ月間の活動休止になった。

5月18日、自宅での筋力トレーニング中にゴムチューブの留め具が破損し、飛んできた金具とゴムチューブで両目を怪我。右目は失明状態となり、左目の視力も大幅に低下[6]。その後、所属事務所がクラウドファンディングのプロジェクトを設立した[7]。ガンバ大阪ユースの先輩である倉田秋らが先頭に立ち支援を呼びかけ、資金が集まる。帰国後左目の手術を行い、リハビリを開始[8]

サッカーをプレーするどころか日常生活すらままならない状態から、過酷なリハビリを乗り越えて競技復帰を果たす。

同年12月、古巣であるオークランド・シティFCへの再加入が発表された[9]

チームは2021年2月にカタールで開催されるFIFAクラブワールドカップ2020に出場予定だったが、大会直前の1月15日にニュージーランド政府が打ち出す新型コロナウイルス感染防止規則により、大会への出場辞退を発表した。[10][11]

翌年2022年2月にアラブ首長国連邦で開催されるFIFAクラブワールドカップ2021にも出場予定だったが、この大会も同じ理由により再び出場を断念。オークランド・シティFCは2大会続いての出場辞退となり[12]、松本もFIFAクラブワールドカップへの再出場を果たせなかった。[13]

ニュージーランド政府による厳格な入国規制により国境が閉鎖されているため、契約をしてから現在に至るまで一度もチームには合流できていない。[14]

2022年3月14日にテレビ朝日、『激レアさんを連れてきた。[15]に出演。SNSで「神回」と話題[16]になった。

所属クラブ[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “OFC Champions League 2017 - List Of Players”. Oceania Football Confederation. (2017年3月9日). https://www.oceaniafootball.com/cms/wp-content/uploads/2017/03/Rewa.pdf 2017年3月9日閲覧。 
  2. ^ “2018-19 ISPS HANDA PREMIERSHIP SQUADS”. Waitakere Squads. (2018年10月11日). https://www.nzfootball.co.nz/newsarticle/69147 2018年10月11日閲覧。 
  3. ^ “3 Waitakere United pleia blong helpem Malampa Revivors”. Vanuatu Football Confederation. (2019年1月19日). https://dailypost.vu/vanuatu_sports/waitakere-united-pleia-blong-helpem-malampa-revivors/article_dde7829c-8423-5926-a8a5-202820fcaaad.html 2019年1月19日閲覧。 
  4. ^ “2019-20 ISPS HANDA PREMIERSHIP SQUADS”. Hamilton Squads. (2019年11月2日). https://www.nzfootball.co.nz/newsarticle/83821?newsfeedId=newslist&newsfeedPageNum=5 2019年11月2日閲覧。 
  5. ^ “Un milieu offensif japonais rejoint Hienghène Sport”. Hienghene Sport. (2019年11月21日). https://la1ere.francetvinfo.fr/nouvellecaledonie/province-nord/hienghene/milieu-offensif-japonais-rejoint-hienghene-sport-773619.html 2019年11月21日閲覧。 
  6. ^ 失明の危機に立たされても、サッカー選手であることを諦めない。(高村美砂) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年10月9日閲覧。
  7. ^ 『 失明の危機 』を乗り越えて競技復帰を目指す” (日本語). camp-fire.jp. 2022年3月29日閲覧。
  8. ^ FC東京フィジカルコーチがリハビリをサポート 「オセアニアのサムライ」松本光平の最新情報” (日本語). 宇都宮徹壱ウェブマガジン. 2020年10月9日閲覧。
  9. ^ Matsumoto returns to Navy Blues” (英語). Auckland City FC. 2022年3月29日閲覧。
  10. ^ オークランド・シティがクラブW杯辞退…FIFA「われわれの権限を超えている」” (日本語). ゲキサカ. 2022年3月29日閲覧。
  11. ^ オークランドC コロナ禍でクラブW杯参加辞退…開催国王者アルドハイルが“不戦勝”で2回戦から登場へ - スポニチ Sponichi Annex サッカー” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年3月29日閲覧。
  12. ^ オークランドが辞退 クラブW杯サッカー:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2022年3月29日閲覧。
  13. ^ “失明危機”から復活の31歳DFに降りかかる新たな試練 新型コロナ影響も「時間もらえた」” (日本語). www.football-zone.net. 2022年3月29日閲覧。
  14. ^ 右目を失明後に“クラブW杯常連チーム”に入団! 松本光平が「ケガはむしろプラスかも」と思うワケ(二宮寿朗)” (日本語). Number Web - ナンバー. 2022年3月29日閲覧。
  15. ^ 滝沢カレン、“理想すぎる男性”との出会いにキュンキュン!「こんな素敵な人会ったことない」” (日本語). テレ朝POST. 2022年3月29日閲覧。
  16. ^ https://twitter.com/kadokawa_ls/status/1503560366571237376” (日本語). Twitter. 2022年3月29日閲覧。
  17. ^ CORPORATION, KADOKAWA. “前だけを見る力 失明危機に陥った僕が世界一に挑む理由”. KADOKAWAオフィシャルサイト. 2022年3月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]