加藤陸次樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 陸次樹 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カトウ ムツキ
ラテン文字 KATO Mutsuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-08-06) 1997年8月6日(24歳)
出身地 埼玉県熊谷市[1]
身長 178cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 セレッソ大阪
ポジション FW
背番号 29
利き足 右足[1]
ユース
江南南サッカー少年団
クマガヤSC
サンフレッチェ広島ユース
中央大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2020 ツエーゲン金沢 42 (13)
2021- セレッソ大阪
代表歴2
2014  日本 U-17 5 (3)
2015  日本 U-18 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年12月23日現在。
2. 2015年11月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

加藤 陸次樹(かとう むつき、1997年8月6日 - )は、埼玉県熊谷市出身のプロサッカー選手明治安田生命J1リーグセレッソ大阪所属。ポジションは、フォワード(FW)

南葛SC所属のサッカー選手の加藤威吹樹は双子の兄[2]

来歴[編集]

小学校3年生の時に、江南南サッカー少年団で本格的にサッカーを始めた[1]クマガヤSCを経て、高校年代はサンフレッチェ広島ユースに所属。2014年からはトップチームに2種登録され[3][4]、各年代別の日本代表でのプレーも経験した[5][6]2015年高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグWESTで得点王となった[1]。しかしトップチーム昇格は叶わず、中央大学へ進学[1]

2020年より、ツエーゲン金沢へ加入した[7]。8月16日、第16節の京都サンガF.C.戦で4試合連続ゴールを決めて勝利に貢献した[8]

2020年12月27日、セレッソ大阪に完全移籍で加入した[9]。2021年3月13日、第4節の横浜FC戦では移籍後初のJ1初ゴールを決めた。[10]10月10日、ルヴァンカップ・準決勝2ndレグの浦和レッズ戦では決勝ゴールをきめて決勝進出に貢献した。[11]

人物[編集]

  • 二卵性の双子の兄とは「加藤ツインズ」と呼ばれ、幼少から広島ユースまで同じチームに所属したが、兄が別大学へ進学したため初めて別チームでのプレーとなった[2]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2020 金沢 17 J2 42 13 - - 42 13
2021 C大阪 29 J1
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J2 42 13 - - 42 13
総通算 42 13 0 0 0 0 42 13

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 三須慶太 (2020年2月16日). “【金沢】FW加藤陸次樹、夢のドイツへ“元気ロード”歩む”. スポーツ報知. https://hochi.news/articles/20200215-OHT1T50187.html 2020年2月23日閲覧。 
  2. ^ a b 石川祐介 (2019年12月4日). “金沢内定の中央大FW加藤陸次樹、双子の兄と離れた大学サッカー…プロでの共演願う”. ゲキサカ. https://web.gekisaka.jp/news/detail/?292074-292074-fl 2020年2月23日閲覧。 
  3. ^ “登録選手追加・変更・抹消のお知らせ” (プレスリリース), Jリーグ, (2014年9月5日), https://www.jleague.jp/release/article-00006011/ 2020年2月23日閲覧。 
  4. ^ 加藤 陸次樹”. コリサカ. 2020年2月23日閲覧。
  5. ^ “U-17日本代表 国際ユースサッカーin新潟(7/15~21) メンバー・スケジュール” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2014年7月8日), http://www.jfa.jp/national_team/u17/international_youth_soccer/news/00001213/ 2020年2月23日閲覧。 
  6. ^ “U-18日本代表 イングランド遠征(11/9~17@マンチェスター)メンバー・スケジュール” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2015年11月2日), https://www.jfa.jp/national_team/news/00007803/ 2020年2月23日閲覧。 
  7. ^ “加藤陸次樹選手(中央大学) 来季加入内定のお知らせ” (プレスリリース), ツエーゲン金沢, (2019年9月20日), http://www.zweigen-kanazawa.jp/news/p3594.html 2020年2月23日閲覧。 
  8. ^ 中大出身ルーキーFW加藤陸次樹が止まらない4戦連発!! エース不在の金沢、ウタカ擁する京都に快勝ゲキサカ(2020年8月16日)2020年8月16日閲覧。
  9. ^ C大阪、J2金沢のFW加藤陸次樹を獲得 今季全試合出場13得点スポニチ(2020年12月27日)2020年12月27日閲覧。
  10. ^ C大阪23歳FW加藤陸次樹がJ1初ゴール! 今季J2から“個人昇格”「二桁得点が目標」ゲキサカ(2021年3月13日)2021年3月14日閲覧。
  11. ^ C大阪がルヴァン杯4大会ぶりVに王手! プロ2年目FW加藤陸次樹が値千金の決勝弾スポーツ報知(2021年10月10日)2021年10月13日閲覧。
  12. ^ a b c “中央大学サッカー部 Jリーグ内定選手 記者会見の開催について” (プレスリリース), 中央大学, (2019年11月25日), https://www.chuo-u.ac.jp/aboutus/communication/press/2019/11/46755/l 2020年2月23日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]