有馬賢二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
有馬 賢二 Football pictogram.svg
名前
カタカナ アリマ ケンジ
ラテン文字 ARIMA Kenji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1972年11月26日(42歳)[1]
出身地 神奈川県横浜市栄区[2]
身長 178cm[3]
体重 72kg[3]
選手情報
ポジション FW[4]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-1997 柏レイソル 20 (02)
1998 コンサドーレ札幌 10 (02)
1999-2002 横浜FC 113 (55)
監督歴
2014- Y.S.C.C.横浜
1. 国内リーグ戦に限る。2008年12月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

有馬 賢二(ありま けんじ、1972年11月26日 - )は、神奈川県横浜市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現在はJ3リーグ横浜スポーツ&カルチャークラブ(Y.S.C.C.横浜)の監督を務める。

来歴[編集]

選手時代[編集]

5歳の時にサッカーを始める[2]。中学年代は全日空横浜SCジュニアユースおよびクラブが創設されたばかりのY.S.C.C.横浜のジュニアユースでプレーした[1]日本大学藤沢高校では3年次に出場したインターハイでベスト8に入った[3]。1992年に日本大学へ進学。1年次より全日本大学選抜に選出される。

1995年大学を卒業し、Jリーグ参入初年度の柏レイソルに入団したが、メディカルチェックで先天性の頸椎障害が発覚[5][2]。手術及び術後のリハビリによって長期離脱を強いられ、リーグ戦終盤の10月にJリーグ初出場を果たした。完治して以後はスーパーサブとして起用された。1998年コンサドーレ札幌に移籍した。

1999年、同年より日本フットボールリーグ(JFL)に加入した横浜FCへ移籍。同年はリーグ2位の19得点、2000年は24得点を挙げて得点王を獲得すると共に、MVP・ベストイレブンを受賞し、エースストライカーとして[6] チームのリーグ優勝とJ2参入に貢献。180cmに満たない身長ながらヘディングでゴールを量産する姿に「利き足は頭」とも評された[6][7][2]

指導者時代[編集]

現役引退後、2003年よりFC東京に加入し、主に下部組織でコーチを務めた。実績を買われ[8]2009年には同クラブのトップチームのコーチに就いた[3]2013年JFA公認S級ライセンスを取得[9]

2014年よりY.S.C.C.横浜の監督に就任した[1][10]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1995 - J 7 0 - 0 0 7 0
1996 8 2 8 2 2 0 18 4
1997 19 5 0 5 1 0 0 10 1
1998 札幌 11 10 2 3 1 1 0 14 3
1999 横浜FC 15 JFL 24 19 - 3 3 27 22
2000 9 22 24 - 2 3 24 27
2001 J2 42 10 3 0 2 2 47 12
2002 25 2 - 3 1 28 3
通算 日本 J1 30 4 16 4 3 0 49 8
日本 J2 67 12 3 0 5 3 75 15
日本 JFL 46 43 - 5 6 51 49
総通算 143 59 19 4 13 9 175 72
その他の公式戦
出場歴

個人タイトル[編集]

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 ナビスコ杯 天皇杯
2014 YS横浜 J3 12位 24 33 4 12 17 - 2回戦
2015 - 予選敗退
通算 日本 J3 - - 33 4 12 17 - -
総通算 - - 33 4 12 17 - -

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 2014シーズン TOPチーム監督 有馬賢二氏就任のお知らせ (PDF) NPO Y.S.C.C. (2013年12月18日)
  2. ^ a b c d 今季から新設のJ3で戦うY.S.C.C.の新監督に就任した 有馬賢二さん タウンニュース (2014年2月6日)
  3. ^ a b c d e f 2009シーズン トップチームスタッフを発表 (2) - ウェイバックマシン(2012年7月15日アーカイブ分) FC東京 (2009年1月23日)
  4. ^ a b c 登録選手一覧表 - ウェイバックマシン(2002年12月12日アーカイブ分) Jリーグ (2002年12月6日)
  5. ^ 『DECADE 柏レイソル10年史』 文化工房星雲社2004年、150頁。
  6. ^ a b 2002年度登録選手 FW ARIMA kenji - ウェイバックマシン(2003年2月17日アーカイブ分) 横浜FC
  7. ^ 21世紀の骨のあるヤツ 2001.03.20
  8. ^ 【FC東京ニュース】U-18有馬コーチがトップ昇格 東京中日スポーツ (2009年1月8日)
  9. ^ 2013年度 第5回理事会 報告事項 (PDF) 日本サッカー協会 (2013年9月12日)
  10. ^ 有馬賢二 FC東京U-18コーチ退任のお知らせ FC東京 (2013年12月18日)