御給匠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
御給 匠 Football pictogram.svg
名前
愛称 ゴキュウ
カタカナ ゴキュウ ショウ
ラテン文字 GOKYU Sho
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1983年6月11日(33歳)
出身地 三重県津市
身長 187cm
体重 80kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

御給 匠(ごきゅう しょう、1983年6月11日 - )は、三重県津市(旧・久居市)出身の元サッカー選手。ポジションはFW

来歴[編集]

津工業高校時代から長身FWとして活躍し、高校三年時は三重県高等学校総合体育大会のサッカー競技にて優勝。第80回全国高等学校サッカー選手権大会三重県大会では決勝で敗れたもののエースストライカーとしてチームを牽引し、自身も決勝で2得点を上げた。

こうした活躍が認められ2002年セレッソ大阪へ入団した。しかし、3年間所属することになったC大阪では出場機会に恵まれず、2005年にJ2に昇格したばかりのザスパ草津レンタル移籍。草津ではリーグ戦19試合に出場するなど出場機会を掴んだものの、シーズン通して1得点にとどまり、得点源として活躍することが出来なかったこともあってシーズン終了後に草津退団が決定。保有権を持つC大阪からも戦力外通告を受け、JFL佐川急便大阪SCへ移籍した。

移籍初年度となった2006年は21得点をあげるなどチームの得点源として活躍、JFLベストイレブンにも選出された。2007年には前年をさらに上回る30得点をあげ、チームのJFL優勝に大きく貢献。自身も得点王とMVPを獲得した。この活躍から、横浜FCからオファーが届き、2008年に完全移籍。しかし、横浜FCでは活躍できなかった上に新外国人を獲得したこともあり2009年8月に町田ゼルビアへの期限付き移籍したが結局、横浜FCから戦力外となった(町田とも契約満了となった)。

2010年に古巣のSAGAWA SHIGA FCへ復帰。同年は27得点を挙げ、2度目のJFL得点王となった。JFLで2度の得点王は御給が初めてである。

2012年をもってSAGAWA SHIGA FCが活動停止となり、2013年よりSC相模原に所属することになった。 移籍後はレギュラーに定着し、同年7月20日には横河武蔵野FC戦にて、自身JFL通算100得点目となるゴールを挙げた。

2014年、FC大阪へ完全移籍[1]

2015年をもって現役引退[2]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
2002 C大阪 36 J2 0 0 - 0 0 0 0
2003 19 J1 4 1 0 0 0 0 4 1
2004 18 4 0 1 0 0 0 5 0
2005 草津 11 J2 19 1 - 1 0 20 1
2006 佐川大阪 9 JFL 30 21 - - 30 21
2007 佐川急便 34 30 - 2 2 36 32
2008 横浜FC 16 J2 16 3 - 2 0 18 3
2009 20 8 1 - - 8 1
2009 町田 3 JFL 10 4 - - 10 4
2010 SAGAWA
SHIGA
29 30 27 - 1 1 31 28
2011 21 9 - 1 0 22 9
2012 10 1 - 3 2 13 3
2013 相模原 20 31 12 - - 31 12
2014 FC大阪 18 関西1部 9 5 - 1 0 10 5
2015 JFL 6 0 - 0 0 6 0
通算 日本 J1 8 1 1 0 0 0 9 1
日本 J2 43 5 - 3 0 46 5
日本 JFL 172 104 - 7 5 179 109
日本 関西1部 9 5 - 1 0 10 5
総通算 232 115 1 0 11 5 244 120

個人タイトル[編集]

  • JFLベストイレブン (2006年、2007年、2010年)
  • JFL得点王 (2007年、2010年)
  • JFL MVP (2007年)

脚注[編集]

  1. ^ FW 御給 匠選手 完全移籍加入決定のお知らせ FC大阪オフィシャルサイト、2014年1月15日
  2. ^ FW 御給 匠選手 現役引退のお知らせ - 2016年1月7日 FC大阪公式サイト

関連項目[編集]