大久保哲哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大久保 哲哉 Football pictogram.svg
名前
愛称 ジャンボ
カタカナ オオクボ テツヤ
ラテン文字 OKUBO Tetsuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-03-09) 1980年3月9日(37歳)
出身地 神奈川県横須賀市
身長 190cm
体重 81kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 横浜FC
ポジション FW
背番号 39
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

大久保 哲哉(おおくぼ てつや、1980年3月9日 - )は、日本プロサッカー選手。ポジションはフォワード(FW)

来歴[編集]

小学生より学区のクラブでサッカーを始め、中学・高校・大学と学校の部活一筋でプレー。大学の時にはジュニアリーグの得点王等も獲得。

2002年に横浜FCの練習生となり、トヨタカップで来日したオリンピアとの練習試合でゴールを決めるなど活躍し、翌年に横浜FCとプロ契約を結ぶ。同クラブには2年在籍し、2005年からJFLの佐川急便東京に移籍すると、その能力が完全開花。2006年にはJFL得点王とベストイレブンを獲得。

この成績が認められ、2007年柏レイソルに移籍しJ1リーグ戦初出場を果たす。

2008年からはアビスパ福岡期限付き移籍し、2009年から完全移籍となったが、2010年戦力外通告を受けた。

2011年モンテディオ山形に完全移籍したが、同年限りで戦力外通告を受けた。

2012年より横浜FCへ完全移籍。8年ぶりの復帰となった。

2014年に1年間栃木SCへ期限付き移籍し[1]、横浜FCに復帰。

2015年シーズン、第17節FC岐阜戦で自身初、そして日本人最年長(35歳3ヶ月、当時)でのハットトリックを達成した[2]。最終的にシーズンリーグ戦全42試合に出場し、チーム最多となる7得点を挙げた[3]

人物・エピソード[編集]

  • 190cmの長身とそれを生かした大胆なプレースタイル、それと大久保という名字から、周囲からは「ジャンボ」の愛称で親しまれる。
  • 非常に明るい性格でホームで勝った試合の後にはサポーターの前でトラメガ片手にサポーターソングを歌う姿がよく見られた。サポーターからは“ジャンボ劇場”と言われていた。
  • 少年期にはジャニーズ事務所に所属歴があり、そのせいか福岡での応援歌は光GENJIガラスの十代」の替え歌であった。当人の希望もあり山形に移籍後も歌詞を多少変更した上で、「ガラスの十代」が引き続き使われている。
  • 上記のようなサポーターに対するサービス精神や、アビスパ福岡に在籍中通算40得点を挙げた貢献度からとても愛されていた選手のうちの一人であり、2011年7月24日のJ1第6節にレベルファイブスタジアムで行われた移籍後初の福岡での試合では選手紹介の際にスタジアムDJから福岡時代に慣れ親しんだ大久保・ジャンボ・哲哉とアナウンスされ、福岡のサポーターからも拍手で出迎えられた。
  • スマートフォンを所持しておらず、横浜FCの選手間LINEのグループに1人だけ加入していない[4]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2003 横浜FC 20 J2 20 3 - 1 0 21 3
2004 17 1 - 0 0 17 1
2005 佐川東京 28 JFL 23 9 - 3 3 26 12
2006 9 32 26 - - 32 26
2007 19 J1 2 0 0 0 0 0 2 0
2008 福岡 J2 41 14 - 1 0 42 14
2009 48 16 - 1 0 49 16
2010 36 9 - 4 1 40 10
2011 山形 18 J1 20 4 1 0 1 0 22 4
2012 横浜FC 39 J2 42 12 - 2 0 44 12
2013 27 12 - 1 0 28 12
2014 栃木 36 9 - 1 0 37 9
2015 横浜FC 42 7 - 2 0 44 7
2016 39 6 -
通算 日本 J1 22 4 1 0 1 0 24 4
日本 J2 309 83 - 13 1 322 84
日本 JFL 55 35 - 3 3 58 38
総通算 386 122 1 0 17 4 404 126
その他の公式戦
出場歴

個人タイトル[編集]

  • 2006年 JFL 得点王

脚注[編集]

関連項目[編集]