山尾光則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山尾 光則 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヤマ[1]
カタカナ ヤマオ ミツノリ
ラテン文字 YAMAO Mitsunori
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-04-13) 1973年4月13日(43歳)
出身地 愛知県名古屋市
身長 178cm[2]
体重 70kg[2]
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996 名古屋グランパスエイト 0 (0)
1997-1998 ヴァンフォーレ甲府 54 (4)
1999-2002 FC東京 16 (0)
2002 セレッソ大阪 17 (0)
2003-2005 横浜FC 108 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2008年12月8日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

山尾 光則(やまお みつのり、1973年4月13日 - )は、愛知県名古屋市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー(センターバック)。

来歴[編集]

愛知学院大学から1996年に地元のプロサッカークラブである名古屋グランパスエイトに入団するも、公式戦出場を果たせぬまま1年でJFL所属(当時)のヴァンフォーレ甲府へ移籍。甲府ではレギュラーとして活躍した。

1999年にJ2に加盟したFC東京へ移籍。リーグ戦での出場機会は僅かだったが、同年のナビスコカップではJ1の攻撃陣を抑えるべくエースキラーとして起用され、J2ながらベスト4進出という快挙に貢献した[3]。その後もレギュラーには定着しなかったが、徹底した筋力トレーニングで大型選手にも負けない身体を作り上げ[1]、特に警戒する相手選手に対してのマーカーや、空中戦の強さを活かしたパワープレイのターゲットといった役割を担った[1]

出場機会増を求め2002年途中にセレッソ大阪へレンタル移籍[4][5]。翌2003年にはJFLからJ2に昇格した横浜FCへ移籍し[6]、ディフェンスラインを3シーズンに渡りレギュラーとして支えた。

2005年をもって現役を引退し、古巣愛知FCのコーチに就任[7]。その後は地元愛知県の尾張フットボールクラブで代表・コーチを務め、2010年からはナショナルトレセン東海地域担当スタッフとして活動した[3]2011年より愛知県ユースダイレクターも担当。2012年よりモノリスFCの総監督を務める。2013年S級ライセンス取得[8]。2014年6月、モノリスFC退団。

2014年9月、研修のため渡独[9]。2015年9月に帰国し、JFAアカデミー福島のコーチを務めた[10]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1996 名古屋 - J 0 0 0 0 0 0 0 0
1997 甲府 4 旧JFL 26 2 - 3 0 29 2
1998 28 2 - 4 0 32 2
1999 FC東京 J2 2 0 4 0 2 0 8 0
2000 J1 7 0 0 0 0 0 7 0
2001 7 0 0 0 1 0 8 0
2002 0 0 1 0 - 1 0
C大阪 3 J2 17 0 - 0 0 17 0
2003 横浜FC 26 38 1 -
2004 39 1 -
2005 31 1 -
通算 日本 J1 14 0 1 0 1 0 16 0
日本 J2 127 3 4 0
日本 旧JFL 54 4 - 7 0 61 4
総通算 195 7 5 0
国際試合
出場歴

指導歴[編集]

  • 2006年 - 2008年 愛知FC
    • 2006年 U-18 コーチ
    • 2007年 - 2008年 一宮 監督
  • 2009年 - 2011年 尾張フットボールクラブ
    • 2009年 - 2011年 ジュニアユース監督 / 代表
    • 2011年 ユース監督 / 代表
  • 2012年4月 - 2014年6月 モノリスFC 総監督 / ジュニアユース監督
    • 2012年 国体愛知県選抜 コーチ (兼務)
    • 2013年 国体愛知県選抜 監督 (兼務)[11]
  • 2010年 - :ナショナルトレセン東海地域担当スタッフ
  • 2015年 - :JFAアカデミー福島 コーチ

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]