ヘディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘディングでボールを競る選手たち

ヘディング: heading) とは、サッカーにおけるプレイのひとつで、を使ってボールを扱うことをいう。英語ではheaderと呼ばれることが多い。

基本的に手でボールを扱ってはいけないサッカーにおいて、ヘディングは頭上にあるボールを処理する重要なテクニックである。1863年イングランド近代サッカーが誕生した当初はまだこの技術はなかったが、イングランドのシェフィールド・ウェンズデイFCの選手たちがこれを編み出したとされる[1]。当時のボールは革製で、水を吸い込んで重くなると「鉄球のように重い」と言われるほど重量感があったため、ヘディングは非常に勇気のあるプレーだったという。

一般に首を固定して上半身のばねを使い、額の位置でボールに当てるのがよいヘディングであるとされる。離れた位置に飛んできたボールに飛び込んで行うヘディングを特にダイビングヘッドと呼ぶ。守備の際にボールを跳ね返すヘディングは山なりになってもよいが、攻撃に際して相手のゴールを狙う際は叩きつけるように下を狙うほうがよいとされる。これはゴールポストを越えないようにするためと、ボールがバウンドした方がゴールキーパーの対処が難しいためである。

クロスセットプレーからヘディングによるゴールが生まれることも多いため、ゴール前の攻防に関わるFWDFはヘディングや競り合いに強い選手が多い。オリバー・ビアホフヤン・コレルなど高い身長をいかして空中戦を制する選手がいる一方で、ウーヴェ・ゼーラーミロスラフ・クローゼなど跳躍力を武器にヘディングを得意とする選手もいる。

危険性[編集]

アルベルト・アインシュタイン医学校のマイケル・リプトンが行った調査によると、ヘディングを繰り返すことによりに損傷が起きる恐れがある[2]。また、別の研究ではヘディングにより蓄積されたダメージがアルツハイマー型認知症を引き起こす可能性も指摘されている[3]。米サッカー協会は2015年に、10歳以下の子供のヘディングを禁止すると発表した[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]