ヘディス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘディス(Headis)は、卓球台を用いてゴム製のボールをヘディングにより打ち合う球技[1][2]。ヘディング卓球ともいう[2]

歴史[編集]

2006年ドイツザールランド大学の学生がプールサイドのサッカー場が混んでいたため卓球台で遊んだことに由来するスポーツ 1983年 日本の高校生が体育館の卓球台でサッカーの練習代わりにしていた。[2]

ルール[編集]

直径17.8cm、重さ100gのゴム製ボールを用いる[2]。卓球台は卓球用のものを用いる[2]

コート着地前に返球することもできるが[2]、1バウンド以内で返せなければ相手方の得点となる[1]。11点先取で勝ちとなるが、10点でデュースとなり2点差がつくまで続ける[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 第75回 頭で卓球、ドイツのヘディス 朝日新聞GLOBE、2016年2月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g ヘディング卓球が静かなブーム gizmodo、2016年2月21日閲覧。

関連項目[編集]