ビーチハンドボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビーチハンドボール

ビーチハンドボール(Beach handball)は、1992年にイタリアでハンドボールから派生した球技の1つである。ヨーロッパや南米を中心に盛り上がっており、近年はアジア圏でも盛んに大会が開催されている。

日本国内では、秋田ワールドゲームズの公開競技として採用されたことで、1997年に本間誠章氏協力の元、初めてビーチハンドボールの大会が千葉県南房総市富浦町原岡海岸で開催され、1999年から全日本ビーチハンドボール選手権大会が始まった。

2018年ブエノスアイレスユースオリンピックでは、ビーチハンドボールが正式採用された。

ルール[編集]

試合時間は、1セット10分の2セット制で、セット間のインターバルが5分。室内のハンドボールとは違い、各セットで多く得点したチームが1ポイント。セット内で同点の場合はゴールデンゴール方式でどちらかが1点以上リードするまで延長戦が行われる。

試合開始は、ジャンプボールで開始する。得点が入った場合は、その場から開始する。

セットカウントが1ポイントずつの場合、シューターとゴールキーパーが1対1で行うショットアウトで決着する。

ハンドボールには無い2点得られるシュートが存在する。2点得られるシュートは、スピンシュート、スカイシュート、スペシャリストシュート、ペナルティシュートの4種類である。

警告(イエローカード)は無く危険なプレーは退場となる。(2分間ではなく、ターンオーバーが発生したタイミングで戻れる)

チーム編成[編集]

プレイエリアで同時に競技できるのは、1チームあたり4名(ゴールキーパー1名を含む)とされ、試合には控え選手を入れて1チーム最大10人まで登録できる。

競技施設・用具[編集]

コートの大きさは、27m x 12m の長方形、中央にプレイエリア(15m x 12m)、両端にゴールエリアがある。ゴールはゴールライン中央に設置し、高さ3m、幅2m とする。

コートは少なくとも40cm 以上の深さのある砂地でなければならない。

ボールはゴム製のものを使用する。男子は周囲が54〜56cm、女子は周囲が50〜52cm大のものを用いる。

選手は袖のないシャツを着用し、素足で競技する。靴を履くことは禁止されている。

おもな競技会[編集]

国際大会としては、国際ハンドボール連盟が主催する世界ビーチハンドボール選手権があり、加えてワールドゲームズ、アジア地域ではアジアビーチゲームズの公式競技ともなっている。

日本国内では日本ハンドボール協会が主催する全日本ビーチハンドボール選手権が1999年より行われている。

また、千葉県南房総市、青森県野辺地町、神奈川県横浜市、兵庫県明石市、愛知県碧南市、宮崎県宮崎市、沖縄県、和歌山県、茨城県でも大会が行われている。

外部リンク[編集]