ラウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラウェイ
လက်ဝှေ့
Tway Ma Shaung fighting Saw Shark in Myanmar.png
競技形式 打撃技
発生国 ミャンマーの旗 ミャンマー
  
Burmese character k.svg この項目にはビルマ書体が含まれています詳細

ラウェイ(ビルマ語: လက်ဝှေ့; IPA: [lɛʔ.ʍḛ]、Lethwei)は、ミャンマーの立ち技格闘技。伝統ある国技であり、神聖なものとされている。日本では「ビルマ拳法」「バンドー空手」「ムエ・カチューア」などの名前でも知られる。

概要[編集]

タイムエタイに類似しているものの、ムエタイとの大きな差異として、にはグローブを着用せずバンテージのみを巻き、頭突き攻撃、金的攻撃(故意では無い場合のみ)が認められる点が挙げられる。タイでも時折この形式の試合が行われるが、タイの場合はバンデージの代わりにを厚く巻いて代用される。ミャンマーで現在行われている古式拳闘は全てこの形式である。

尾崎允実により「地上で最も過激な格闘技」「地球上で最も危険な格闘技」と称された[1]。一方で神事に近い性格を持ち、選手は試合とその前後だけでなく、日常においても礼節を強く求められる。対戦相手に攻撃的な言葉を浴びせたり罵ったりすると資格を剥奪される。試合前はリング祭壇に舞踊を捧げ、ファイト中も伝統音楽が奏でられる。およそ1000年の歴史があると伝えられる[2]

主なルール[編集]

※以下は2016年10月の後楽園ホール大会でのルール[3]に基づく

ムエタイに頭突きをプラスし、グローブをせずバンデージのみを巻いた拳で行われ、故意ではない金的も有効打。 基本的に絞め技(2016年8月のルール改定で禁止)以外の全ての技が認められる。

試合は原則3分5R制(インターバル2分)で、判定がなくノックアウト勝ちしか認められない。1ラウンド3回もしくは1試合で通算4回のダウンテクニカルノックアウト負けとなる。1~4Rまでの間は、選手またはセコンドからレフェリーに要請することで、1回のみ試合中に2分間の「タイム」が取れる(タイムはダウン1回として数える)。ダウン中のタイムも認められ、その場合ダウン数の重複カウントはしない。試合中の流血・怪我等によるレフェリーストップドクターストップもある。 ダウンカウントは選手がダウンしてから2秒後に開始され、ダウンカウント自体も通常の1秒では無く2秒。つまりノックアウトには、ムエタイやキックボクシングの10秒の倍となる20秒が必要となる。

ムエタイやキックボクシング等と違いチャンピオンという定義は無く、試合後に勝利者へチャンピオンベルトの様な物が渡される事があるが、勝利者賞としての意味以上のものでは無い。

ランキング制度も無い。かつては「ゴールデンベルト大会」が各階級の強豪選手が集い争うトーナメントであったが、近年はファイトマネーや政治的問題、判定決着によるジム側や観客側の不信感等があり、強豪選手が出場を避ける様になり、この大会の勝者はかつての価値を持たない状況にある。

日本格闘技界との交流と日本人選手[編集]

2004年4月、Myanmar Traditional Boxing Federation(MTBF)より依頼され、総合格闘技団体パンクラス尾崎允実代表を介し、全日本キックボクシング連盟の協力の元、日本とミャンマーの交流が始まり、初めての交流戦が2004年7月10日と11日の2日間に分けてヤンゴン国立競技場にて開催された。

当時の様子は株式会社レッシングで制作、テレビ朝日系列「報道ステーション」で紹介され瞬間最高視聴率18%を超えた。

当初は5対5の予定だったが、選手の怪我の為4名となり、「ミャンマーVSジャパン4対4対抗戦」と銘打たれ、団長に外国人初のムエタイ殿堂ラジャダムナンスタジアム認定王者藤原敏男を迎え、80年代最強のファイターとも言われた和術慧舟會総帥西良典、元修斗チャンピオンの田中塾塾長田中健一という夢の布陣に率いられ、4選手(新美吉太郎若杉成次田村彰敏山本武晴)が参戦し、1勝2敗1分の結果を残した。[4][5][6]

2005年9月11日長崎平和記念ホール西良典の主催で開催された「Kushima's Fight10」で日本に初上陸し2試合が行われた。(1敗1分)※以下全て日本側勝利。

その後、2006年3月7日新宿FACE「Kushima's Fight12」、2007年8月19日ディファ有明J-Lethwei」共に西良典主催でミャンマーよりラウェイ選手が日本に招聘され計8試合が行われた。(1勝6敗1分)

2009年5月2、3日ヤンゴントゥワナ国立室内競技場に日本人4選手(寒川直喜陣川弘明紅闘志也クレイジー・ヒル)参戦。(2敗2分)[7]

2011年8月13、14日ヤンゴン・テンピュースタジアムに日本人4選手(寒川直喜CRAZY884紅闘志也篠原基宏)参戦。(1敗3分))[8]

2013年9月21日ヤンゴン・テンピュースタジアムに日本人2選手(寒川直喜藤原あらし)参戦。(2分)

2016年2月14日ヤンゴン・テンピュースタジアムに日本人2選手(金子大輝NAOKI)参戦。(2敗)

2016年9月11日沖縄ネーブルカデナアリーナ「ZONE5」で初の日本人同士のラウェイ公認試合を開催。(金子大輝アイアンホース田中[9]

2016年に、ファースト・オン・ステージ代表の中村祥之が、ミャンマーのラウェイ統括団体であるMyanmar Traditional Boxing Federation(MTBF)より、ミャンマー人以外で初となる、1年間有効の「ラウェイプロモーターライセンス Grade-A」を取得[10]。同年10月27日の後楽園ホール大会を皮切りに、本格的にラウェイの興行を展開していくこととなった[10]。それに先駆け[ミャンマー本国から公認された統括組織として一般財団法人インターナショナル・ラウェイ・フェデレーション・ジャパンを設立[11]

2016年12月29日ヤンゴン・インセインフットボールスタジアム「Kayain New Year Lethwei Events」に金子大輝が参戦。[12] ルワンチャイに1ラウンドTKOで勝利。

2017年2月16日後楽園ホール一般社団法人インターナショナル・ラウェイ・フェデレーション・ジャパンファースト・オン・ステージの主催により「Lethwei In Japan2」が開催された。 日本からは、KOUMA山崎泰幸山本祐希奥田啓介高橋奈七永の5選手が出場したが、0勝3敗2分と、1勝も出来ずに惨敗し、ファンの期待を大きく裏切る結果となった。[13]

2017年3月19日ヤンゴン・テンピュースタジアム「International Lethwei Fight2」に金子大輝が参戦。 日本人初のミャンマー代表選手として、英国マーティン・スータイ(Martin Sutai)と対戦し、2ラウンドKOで勝利。[14]。 この大会はミャンマー代表5選手、世界選抜5選手で争われ、ミャンマー代表は金子の勝利を含む2勝を挙げ、通産成績2勝3分で勝ち越した。

2017年11月2日、川村英樹が、タウングー英語版でおこなわれたタイとミャンマーの対抗戦の一環として実施された試合に単身で出場したが、2ラウンドKO負けであった[15]

2017年12月10日、金子大輝が、ヤンゴンで行われた試合で、日本人選手として初めてミャンマー国内のタイトルを獲得した[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ パンクラス15年の真実 総合格闘技の舞台裏回顧録 - 尾崎允実著 エンターブレインISBN-10:4757748094
  2. ^ 【知られざる世界ランカー】(36)ラウェイ・金子大輝「異国に根差す礼節のファイター」東京新聞』朝刊2018年7月18日(28面)2018年7月21日閲覧。
  3. ^ 日本で初の純ラウェイ大会。“ミャンマーの英雄”が豪快KO勝利:10.27 後楽園 - バウトレビュー・2016年10月28日
  4. ^ ミャンマー国技「ラウェイ」大会 浜坂町のNGO高森代表が橋渡し - 神戸新聞・2004年7月8日
  5. ^ 日本の5選手ラウェイ初参戦 浜坂町のNGO高森代表が働きかけ - 読売新聞・2004年7月3日
  6. ^ 全日本キックがミャンマーラウェイ大会に参戦 - バウトレビュー・2004年7月10日
  7. ^ 寒川直喜、ミャンマーラウェイ王者とドロー - バウトレビュー・2009年5月2日
  8. ^ 寒川直喜、CRAZY884、紅闘志也はドロー - バウトレビュー・2011年8月13日
  9. ^ 【ZONE5】地上最も過激な格闘技が沖縄に初上陸 - イーファイト・2016年7月26日
  10. ^ a b 【ラウェイGP】地上最も過激な格闘技、本格上陸が決定 - イーファイト・2016年9月12日
  11. ^ 地上最も過激な格闘技の一般社団法人を日本に設立 - イーファイト・2016年10月6日
  12. ^ 地上最も過激な格闘技の英雄の息子にZONE金子が挑む - イーファイト・2016年12月10日
  13. ^ WPMF王者KOUMA、奥田啓介、高橋奈七永が奮闘 - イーファイト・2017年2月16日
  14. ^ 金子大輝がミャンマー代表としてKO勝ち - イーファイト・2017年3月22日
  15. ^ “33歳、川村英樹による、日本初の単身ミャンマーラウェイ挑戦の一部始終”. Queel. (2018年1月19日). https://queel.me/articles/1430 2018年1月28日閲覧。 
  16. ^ 染田屋竜太 (2018年3月21日). “ミャンマーで英雄になった日本人「カネコ」世界一過激な格闘技で王者”. withnews. https://withnews.jp/article/f0180321000qq000000000000000W06s10301qq000016992A 2018年3月21日閲覧。 

外部リンク[編集]