グランドソフトボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グランドソフトボール(Grand Softball)は、視覚障害者が行う野球競技のことを言う。以前は盲人野球と呼ばれていたが、1994年4月に、ソフトボールのルールを基本としていることから「グランドソフトボール」に改称された。

グランドソフトボールとは[編集]

  • ボールはハンドボール大の大きさのものを使い、投手がそれを転がして打者がバットで打つ。
  • 遊撃手が2名おり、通常の野球より1人多い1チーム10人で行う。
  • また1チームには必ず全盲者(全く視覚が無い人)が4人以上含まれる必要がある。
  • 全盲者は光覚などの差を平等にするため目隠しを付けて競技を行う。また、全盲であることを明確にするため袖に赤い腕章をつける。
  • 近年は晴眼者が参加できる大会もある。

歴史[編集]

  • 1933年11月 横浜公園運動場で開催された第9回全国盲学校学生競技大会において、東京盲学校と横浜訓盲院との盲人野球の試合が行われた。これが日本における最初の盲人野球の試合であると言われている。
  • 1951年 大阪府立盲学校で第1回全国盲学校野球大会が開催され、1966年まで毎年開催された。
  • 1971年 第1回全国盲社会人野球大会が社会福祉法人日本盲人会連合により開催される。
  • 1973年 全国盲社会人野球大会が第9回全国身体障害者スポーツ大会の盲人野球競技として組み込まれる。
  • 1994年4月 盲人野球からグランドソフトボールに改称。
  • 1997年8月25日 京都府立盲学校で全国盲学校野球大会が復活。
  • 1998年7月26日 全日本グランドソフトボール連盟が結成される。
  • 2000年10月7日 全日本グランドソフトボール連盟主催の第1回全日本グランドソフトボール選手権大会が開催される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]