水中ホッケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水中ホッケーの試合風景
水中ホッケーの試合風景

水中ホッケー(英語:underwater hockey)は、2つのチームに分かれてプールの底でパックをゴールにどれだけ入れられるかを競う、イングランド発祥の水中スポーツの1つ。潜水ホッケー、あるいはイギリスなどではオクトプッシュ(英語:octopush)の別名もある。

概要[編集]

1954年イングランドハンプシャーサウスシー英語版にて生まれたスポーツで、8人で競技し、「タコ」 (octopus) +「押す(こと)」 (push) から、オクトプッシュと名づけられた[1]

現行ルールでは1チーム6人ずつで競技し、このほかに代替の選手が各チーム4人までプールサイドで待機する。アイスホッケーのものに比べるとかなり短い(手で握る部分も含めて長さ35cm 未満)ホッケースティックを使い、パックを相手ゴールに入れることで得点できる。水中ホッケーではこのスティックをプッシャーと呼ぶ。

パックには中心部がで周囲をプラスチックでカバーされたものを用いる。パックのサイズはアイスホッケーのものとほぼ同じで、重さは1.3-1.5kg 程度である。

用具・服装[編集]

用具

競技施設[編集]

競技施設

縦21-25m、横12-15m、深さ2-3.65m前後のプールで競技する。

おもな競技会[編集]

世界水中連盟主催の世界選手権をはじめとする国際大会のほか、日本国内では日本水中スポーツ連盟が水中ホッケー日本選手権を開催している。

出典[編集]

  1. ^ Blake, Alan. “The History Of Underwater Hockey (originally created as "Octopush")” (英語). 2006 CMAS Underwater Hockey World Championships. 2007年6月20日閲覧。