シュラークバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シュラークバルSchlagball)は、イギリスのクリケットが原形とされるドイツ式野球のこと。ドイツ語で「球を打つこと」という意味。1890年代にドイツで始まり、20世紀初めにドイツで流行した。第2次世界大戦後衰退したが、最近ではドイツで再び人気が出ている。現在、夏にドイツ北部の2島でトーナメント大会が開かれている。

日本においては、第1次世界大戦中にドイツ兵捕虜約1,000人を収容した徳島県鳴門市の板東俘虜収容所内で盛んだったが、1920年1月に最後のドイツ兵が帰還して以降ほとんど行われていない。

ルール[編集]

  • 試合時間
    • 30分~1時間程度。
  • 人数
    • 1チームにつき12人。
  • ボール
    • 革製で直径7センチ、重さ80グラム前後。通常は赤い色のボールを使う。
  • バット
    • 木製で太さ3センチ、長さ60~120センチ。
  • 競技場
    • 前方後方墳に似た形状をしている。打席は縦5m、横25m。走塁ゾーンは縦70m(50m、60mとするものもある)、横25mで左右のライン上35m地点に中間ポールがある。走者用ポールは打席から60m離れて2つあり、2つのポールの間隔は4m(2mとするものもある)。ホームランゾーンは台形を逆さにした形状をしており、下底は25mで上底に向けて140mのラインが引かれている。観客席はフィールドのラインから10m離れている。
  • 打撃
    • あらかじめ決められた順番に打席に入り、打者は自分でボールを投げ上げて片手か両手で打つ。
  • 走塁・得点
    • 打球がフィールド内に入ったら、打者は60m離れた走者用ポールに向かって走り、ポールを回ってホームに帰れば1点。ポールのところで止まってもよい。ボールを当てられないようにジグザグに走っても良い。ポールのそばに立っているときはアウトにならない。ホームランは1点(走者が1人いる場合は2点)。交代点(守備側が交代権を得る)、捕球点(守備側がじかにフライを捕る)などもある。
  • 守備
    • 12人はどこで守ってもよい。ただし、打撃や走塁を妨げてはならない。
  • アウト
    • ホームランゾーン以外でフライを捕球する(走塁ゾーンおよびホームランゾーンの外側で捕ってもアウト)。
    • 走者にボールを当てる(走者の近くの人にボールを回してもよいが、ボールを持って走ってはならない)。
    • 打球が走塁ゾーン及びホームランゾーンの外に落ちる。
    • ゴロが中間ポールの内側で、走塁ゾーンの外に出る。
    • 走者が走塁ゾーンの外に出る、他。
  • 攻守交替
    • 攻撃側が一人アウトになったとき。
    • 前の守備側が交代に手間取っている間に、新しい守備側がフィールド内の相手の選手にボールをぶつける。
  • その他
    • 投手はおらず、グローブはない。
    • 走者用ポールは打席から60m離れているが、打者が女性と14歳以下の子どもの場合、10m、20m短い50m、40mでもよい。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]