10人制ラグビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 10人制ラグビー
Canterbury Penguins.jpg
2008年コブラテンズにおけるカンタベリー (NZ) 対ペンギンズ (UK)
統括団体 ワールドラグビー
通称 Tens, Ten-a-side, 10's, 10s, Xs
特徴
身体接触 フルコンタクト
選手数 10
男女混合 男女別
カテゴリ チームスポーツ、屋外スポーツ、ラグビーユニオンの変種
用品 ラグビーボール
オリンピック NA
テンプレートを表示

10人制ラグビー(10にんせいラグビー、: Rugby tens, ten-a-side, Xs)は、1チーム10人の選手で行われるラグビーユニオンである。5人のフォワードと5人のバックスで構成される。試合時間は前後半各10分で、シンビンは3分。フィールドの広さは15人制と同じ、正規のものとする。スクラムは攻撃再開のための起点とだけ考えるルールと、15人制同様に押し合う場合がある。2012年IRBは10人制のルールを発行した[1]。ゲームはマレーシアインドネシアシンガポール韓国タイなどで人気がある。

10人制ラグビーはマレーシアで考案された。コブラテンズが大きな大会である。また、香港10人制ラグビー大会も大きな大会として、人気を集めている[2][3]

日本においては、関東医歯薬大学リーグで、人数不足に悩む大学で、1999年度から10人制も併用された[4]

脚注[編集]

  1. ^ 競技規則Rugby Union:標準競技規則:10人制: 第 3 条 プレーヤーの人数 – チーム”. ワールドラグビー. 2015年10月26日閲覧。
  2. ^ 菅原崇聖選手は香港10人制ラグビー大会で日本からの代表に選ばれました”. お知らせ. キヤノンイーグルス (2014年3月25日). 2015年3月26日閲覧。
  3. ^ Hong Kong Ruby Tens”. Hong Kong Football Club. 2015年10月26日閲覧。
  4. ^ 第53回関東医歯薬大学ラグビーリーグ > 10人制競技規則”. 2015年10月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • Bath, Richard (ed.) The Complete Book of Rugby (Seven Oaks Ltd, 1997 ISBN 1-86200-013-1)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]