バブルサッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バブルサッカーは、ノルウェーで生まれたBUMPERと呼ばれるバブルボールを身に付けてお互いに押し合いながらサッカーをするスポーツである。

歴史・概要[編集]

バブルサッカー/バブルボール
バブルサッカー協会関西支部モデル(大人用/青・ピンク)重量およそ8キログラム

2009年ごろ、ノルウェーのバラエティ番組「Golden Goal」とFUNBALLZの企画でバブルサッカーが取り上げられたことにより、YouTube等の動画投稿サイトで話題となりヨーロッパを中心に大会も開催されるなど広まっている[1][2]

2014年に入り、日本でも紹介され、東京や大阪などでイベントや大会を開いている[2]。またコピーライターの澤田昨日らのグループがクラウドファンディングを使い、日本バブルサッカー協会を設立をしている。その後日本各地に支部を設立している。

世界的にはIBFA(International Bubble Football Association)が設立され、2016年11月にはワールドカップがタイで開催される予定である(2020年現在までに開催実績はない)。日本国内予選はIBFA JAPANによって2016年度中に実施され、代表選手が決定される。参加した人には誰でも日本代表になる可能性がある。

2016年よりバブルサッカー協会関西支部にて主に小学生を対象とした子ども用バブルボールが取り扱い開始されている。

2017年頃からは企業運動会の種目としてバブルロワイヤル、バブルリレー、バブル倒しなどが玉入れや綱引きと一緒に行われる企画が増えている。

2019年よりバブルサッカー協会関西支部より2-3歳から未就学児を対象とした幼児用バブルボールが導入されている。

ルール[編集]

世界的に統一されたルールはなく、それぞれの国で自由に試合が行われている。

  • 日本では4人対4人もしくは5人対5人で行われることが多い。
  • 試合時間は7分や10分ということが多いようである。
  • 試合は各プレイヤーが直径1.5メートル、重さ13キログラムのBUMPER(バブルボール)というバブルボールに身を包み試合を行う。
  • 2018年現在バブルサッカー協会関西支部が重さ8キログラムのBUMPER(バブルボール)を開発、運営している。
  • バブルボールを身に付けた者をバブリストと呼ぶ。
  • 試合開始はセンターサークルに置かれたボールに両サイドから走ってぶつかり合うところからスタートする。
  • これをバブルアタックと呼んでいる。
  • そのあとはフットサルとほぼ同じルールで試合がなされる。
  • バブルサッカーではボールを持っていないプレイヤーに体当たりすることも可能で反則はバブルボールにボールが入ること(バブルイン)以外ほとんどない。
  • フットサルコートによってはサイドラインを越えてもそのまま試合が継続されることもあり柔軟になされていることが多い。

脚注[編集]

関連項目[編集]