三角ベース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三角ベース(さんかくベース)は、子供遊びの一種。ロングベースボールなどとともに簡易野球の一種に分類される[1]。二塁がなく、本塁・一塁・三塁の三角形を設定するのが特徴である[2]。三角ベースボールともいう[1]

ワンバウンド野球はその一種。狭い空き地などで少人数で遊ぶために工夫されている。

少人数なので、キャッチャーピッチャーその他野手を置かないケースや、敵味方の区別なく、参加者全員が順番でバッターになるケース他、様々な特殊ルールがある。

主な特殊ルール[編集]

透明ランナー[編集]

走者が出た場合、実際に人間を走者として塁に置かず、いると仮定した状態でゲームを行う。走者の進塁は次打者の走塁に押される形となる。

投げ当て[編集]

守備側が塁間で走者、または打者走者(バッターランナー=バッターとして打った後、一塁に向かって走る者。)へ向かってボールを投げ、走者や打者走者の体に命中した場合アウトになるというルール。地方よって、「ぶつけあり」、「投げアウト」などと呼ばれる。

原則的に、体に当たっても危険性の低い柔らかいボール(ソフトテニス(軟式テニス)用の球や、玩具用のゴムボールなど)を使用した場合に適用される。軟式球使用時は危険なため、適用しなかったり、腰から下にぶつける、下手投げでぶつける、などのローカルルールやバリエーションもある。

野球用語としての三角ベース[編集]

通常の(二塁ベースのある)野球において、一塁走者がいる時に外野フライが上がり、走者が二塁を回った後で捕球された場合、走者は二塁を踏んでから一塁に戻らなければならないが、この時誤って二塁を踏まずに一塁に戻ってしまった場合、その走者はアピールがあればアウトとなる(野球規則7.02,7,10b)。

二塁が存在しないように振舞ってしまうミスであることから、このミスのことを俗に三角ベースと呼ぶことがある(正式な用語ではない)。

プロ野球では長嶋茂雄が3度記録、相手方のそれを3度発見している。

脚注[編集]

  1. ^ a b 中島海編 『遊戯大事典』 p.275 1957年
  2. ^ http://kotobank.jp/word/%E4%B8%89%E8%A7%92%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]