ドッヂビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドッヂビー (dodgebee) とは、布製のフライングディスクの一種であり、同時にそれを用いて行う競技を指す。 ドッヂビーのほかにも、ガッツやアルティメット、ディスクゴルフなどいろいろな競技がある。

名称の由来[編集]

ドッヂビーは、ドッヂボールの「ドッヂ」とフリスビーの「ビー」を合わせた造語である。競技内容はその名が示すとおり、フライングディスクを用いてドッジボールを行うというものである。

ドッ「ジ」ボールと区別する為にドッ「ヂ」ビーとしている。

主なルール[編集]

  • ドッヂビーは大きさが4種類あるが、そのうち最も大きな600のものを用いる。
  • コートの大きさは、1辺が9メートルの正方形を2つ合わせたコートを使用する。
  • ルールは基本的にドッジボールと同じであるが、2枚同時にドッヂビーを使用する場合もある。
  • ゲームの始め方はアルティメット同様、フリッピングによってコートとディスクを決定する。

外部リンク[編集]