チュックボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チュックボール (tchoukball) とはコートのエンドライン上に置かれたネットにボールをシュートするハンドボール形式のスポーツである。攻撃側がシュートしてネットから跳ね返ったボールを守備側がノーバウンドでキャッチできなければ攻撃側の得点となる。キャッチできればそのチームにシュート権が移る。ドリブルをせず、三回以内での味方同士のパスのみでボールを運びシュートする。相手チームのシュートやパスを妨害してはならないのが特徴。1970年スイスヘルマン・ブラントが考案した。 チュックボールの日本選手権大会は毎年三月第一日曜日に群馬県前橋市で開催されている。

ルール[編集]

味方同士のパスは三回までできる。(スローインは含めない) ボールを持ったら三歩まで移動できる。 ボールを持ったら三秒まで保持できる。 同じネットには続けて三回までしかシュートできない。(ツーネットの場合) センターラインを越えればスローイン側のネットへもシュートができる。 パスミスなどでボールが床に落ちたら、落ちたところから相手チームからのスタートになる。 ネットの前にある半径3メートルの立入禁止区域にはボールを持って入ることはできない。

「シュートの失敗は相手の得点になる。」  ◆ネットに当たりもしなかったとき。  ◆ネットにあたって立入禁止区域にボールが落ちた。  ◆ネットにあたってコート外にボールが落ちた時。  ◆シュートした当人に当たった時。(自爆)


公式ルールではプレイヤーは9人で行うが、日本国内で多くの大会はバスケットボールコートを流用し7人制で行っている。福島県ではワンネット(ハーフコートともいう)の四人制の大会も開催されている。 ボールは公式の物も存在するが、日本国内ではケガ予防の観点から「ハンドボール」を使用している。 一般男子はハンドボール3号球、女子は二号球が使われる。ただし、レクリエーションとして行われるゲームではこれにとらわれない。


 

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『ニュースポーツ百科』清水良・紺野晃編、大修館書店、1995年 pp.134-140. ISBN 978-4469263183
  • 『改訂ニュースポーツ事典』北川勇人・(財)日本レクリエーション協会共編著、遊戯社、2000年 pp.418-431. ISBN 978-4896596243
  • 『ニュースポーツ用語事典』野々宮徹著、遊戯社、2000年 p.111. ISBN 978-4896596250