ノルディックスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノルディックスキー (Nordic ski) とは、北欧スカンジナビア地方で誕生・発展したスキーの型である。

概要[編集]

板とブーツの構造が、ビンディングでつま先だけが繋がれるものであり、アルペンスキーと比較すると、かかとが固定されない点で異なる。

以下の3つの型に分類できる。

クロスカントリースキー
長いストックと細長くて軽いスキー板で、雪原や整地されたなだらかなコースを滑る。冬季五輪正式種目である。
スキージャンプ
太く長いスキー板で、ジャンプ台から飛躍する。冬季五輪正式種目である。
テレマークスキー
アルペンスキーのように雪山やゲレンデを滑る。テレマークという名称は、特に技術や用具について、ノルディックの別名としても用いられる。世界選手権やワールドカップがある。

クロスカントリーとジャンプをまとめて、「ノルディックスキー競技」、「ノルディック競技」などと呼ぶ。バイアスロンとは発祥が異なる。

種目[編集]

関連項目[編集]