マレットゴルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マレットゴルフ(英語:Mallet Golf)は、スティックとボールを使って、少ない打数でゴールホールにカップインさせることを競うスポーツである。日本で生まれた競技であり、木槌(マレットの語源)を使ったゴルフという意味から名づけられた。

概要[編集]

1977年昭和52年)、福井県で誕生したスポーツ。体力を然程必要とせずプレイでき、またゴルフに比べ非常に安価にプレイ(1プレイ数百円程度)できることも手伝い、老若男女の生涯スポーツとして普及を目指している。当初は、ゲートボールのスティックやボールでプレイされていたが、現在は専用のスティックとボールが使用されることが多い。現在、もっとも盛んにプレイされているのは長野県で、老若男女問わず大勢のプレイヤーがいる。長野県内では、河川敷や里山など、適した土地が次々とマレットゴルフ場に整備されている。

ルール[編集]

  • 基本は、ゴルフのルールに準ずる。
  • 何人でプレイしてもいいが、通常ゴルフ同様4人一組でプレイする。一人でプレイしてもよい。
  • 1つのホールは、通常数十メートル。イン・アウトの18ホール回って1プレイとすることが多い。PARは、通常3〜5打。
  • 全ホールの合計打数で競うストロークプレーと、各ホール毎の勝敗で全ホール勝利数で競うマッチプレーの2種類ある。
  • ゲートが途中にある場合は、通過させなければいけない。
  • 通常、日本マレットゴルフ協会の協会ルールに従うことが多いが、ローカルルールを重視するスポーツでもある。

歴史[編集]

マレットゴルフ発祥の地記念碑(福井運動公園)
  • 1976年昭和51年) 高校教諭から福井運動公園指導課長になった高山昇らが「誰でも楽しめ、健康づくりに役立つスポーツ」として考案。
  • 1977年(昭和52年) 同課のスポーツ教室でマレットゴルフを実施。
  • 現在、各都道府県に約30の県別協会が存在する[1]

用具[編集]

  • スティック:T字型のスティック。
  • ボール:直径75mm。
  • ホール(ゴール):深さ200mm以内、直径185mm以上。

脚注[編集]

  1. ^ 一般財団法人日本マレットゴルフ協会加盟団体一覧 - pdf

関連項目[編集]

外部リンク[編集]