パラカヌー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パラカヌーは、身体障害者によるカヌー競技。カヤック種目は国際カヌー連盟(International Canoe Federation、ICF) [1]アウトリガーカヌーを使用するヴァ―種目は国際アウトリガー連盟(International Va'a Federation 、IVF)[2]がそれぞれ管轄している。2016年リオデジャネイロ・パラリンピックから、パラリンピック競技に正式採用された[3] [4]

用具[編集]

パラカヌーで用いるカヌーには、カヤックとヴァー(アウトリガーカヌー)の二種類がある。カヤックでは、水をとらえるブレードが両端についているパドルを使用し、選手は艇の左右を交互にこいで進む。ヴァーはアウトリガーと呼ばれる浮力体が片側についた艇である。ヴァ―種目で使用するパドルには、片側にプレード、もう片側にはT型のハンドルがついている[5] [6]

クラス分け[編集]

障害の程度が重い順に、カヤック種目はKL1からKL3、ヴァ―種目はVl1からVL3のクラスに分けられる[7]

  • KL1、VL1 胴体が動かせず、腕及び(または)肩だけを使ってカヌーを漕ぐことができる選手のためのクラス。胸髄損傷また上位腰髄損傷などの選手が該当。
  • KL2、VL2 胴体と腕を使うことができるが、下肢の機能が著しく弱い選手のためのクラス。継続して足を踏ん張る、または腰かけてカヌーを操作できない選手。腰髄損傷の選手などが該当。
  • KL3、VL3 腰、胴体、腕を使うことができ、足を踏ん張る、または座位で上半身と腰を使ってカヌーを操作できる選手のためのクラス。下肢切断などの選手が該当。

競技ルール[編集]

オリンピックのカヌー競技では、直線コースのタイムを競う「スプリント種目」と流れの速いコースに設置されたゲートを通過してタイムを競う「スラローム種目」が実施されているが、国際カヌー連盟によるパラカヌーの国際大会及びパラリンピックでは、この2種目のうち、スプリント種目のみが実施されている[8]。スプリント種目では、カヤック艇またはヴァー艇による200mの直線コースのタイムが競われる[1]

歴史[編集]

起源[編集]

カヌー競技の世界選手権大会が1930年から開催されているのに比べ、パラカヌーの歴史は浅く、2010年にパラカヌー世界選手権大会が初めて開催された[3]。2010年に広州(中国)で開催された国際パラリンピック委員会において、パラリンピック種目にパラカヌーを追加することを決定[1] [9]、この決定を受けて、2016年リオデジャネイロ・パラリンピックでシングルカヤック競技が初めて実施された[3] [4] [9]

日本への導入[編集]

1991年に日本で初めての障害者カヌー体験会(パラマウントチャレンジカヌー)が奈良県五條市の吉野川で実施された[10]。1995年に障害者カヌー協会が設立され、同年、大分県犬飼町の大野川で、本格的な競技大会として、日本パラカヌー競技大会が初めて開催された(スラローム種目)[8]。2012年には、大阪府泉南郡岬町の大阪府立青少年海洋センターでスプリント種目の大会が初めて行われた[8]

2010年には、ポーランドで開催されたパラカヌー世界選手権大会に小川真を選手として派遣し、国際大会への初参加を果たした[10]。全国で選手発掘を進め、2016年リオデジャネイロ・パラリンピックでは、日本代表の瀬立モニカが8位に入賞した[11]

主要な国際大会[編集]

ダートマス(カナダ)で開催された2009年カヌースプリント世界選手権において、公開競技としてパラカヌー4レースが実施された[12]。2010年に第1回を開催したパラカヌー世界選手権は、その後、継続して毎年開催されている[12]

このほかに、ICFパラカヌーワールドカップ、アジアパラカヌー大会などがある[13]

主要な国内大会[編集]

日本障害者カヌー協会の主催により、日本パラカヌー選手権大会が毎年実施されている[14]

参考文献[編集]

坂光徹彦・牛尾会「パラカヌー(特集 パラリンピック最前線)」『日本義肢装具学会誌』Vol.32、No.4、2016年、260-264頁。

脚注[編集]

  1. ^ a b c What is Paracanoe?”. International Canoe Federation. 2021年3月8日閲覧。
  2. ^ About the IVF”. International Va’a Federation. 2021年3月7日閲覧。
  3. ^ a b c Kaori Hamanaka. “水上のF1とは!? 圧倒的なスピード感が魅力のパラカヌー(パラサポWEB)”. 日本財団パラリンピックサポートセンター. 2021年3月8日閲覧。
  4. ^ a b Canoe | IPC”. Paralympic.org. 2021年3月8日閲覧。
  5. ^ カヌー競技ガイド・イラスト解説 東京パラリンピック”. 日本放送協会. 2021年3月8日閲覧。
  6. ^ かんたん!カヌーガイド”. 日本障がい者スポーツ協会 (2017年11月). 2021年3月8日閲覧。
  7. ^ 競技パラカヌークラス分け・書類一式”. 日本障害者カヌー協会. 2021年3月7日閲覧。
  8. ^ a b c 吉田義朗 (2016). “『パラカヌー』というスポーツを知っていますか。”. ノーマライゼーション 障害者の福祉 36 (421). https://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n421/n421018.html#:~:text=%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%81%AE,%E6%AD%A3%E5%BC%8F%E7%A8%AE%E7%9B%AE%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82. 
  9. ^ a b “BBC Sport - Disability Sports - Canoeing and triathlon added to 2016 Paralympic Games”. BBC News. (2010年12月11日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/other_sports/disability_sport/9269632.stm 2021年3月8日閲覧。 
  10. ^ a b 歴史”. 日本障害者カヌー協会. 2021年3月8日閲覧。
  11. ^ “瀬立が8位、東京へ誓い カヌー リオ・パラリンピック”. 朝日新聞. (2016-09-16). 
  12. ^ a b Paracanoe World Championships EVENT HISTORY”. International Canoe Federation. 2021年3月8日閲覧。
  13. ^ 大会・イベント カヌー(パラサポWEB)”. 日本財団パラリンピックサポートセンター. 2021年3月8日閲覧。
  14. ^ 競技”. 日本障害者カヌー協会. 2021年3月8日閲覧。

外部リンク[編集]