第77回天皇杯全日本サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第77回天皇杯全日本サッカー選手権大会
開催国 日本の旗 日本
参加チーム数 81
優勝 鹿島アントラーズ
準優勝 横浜フリューゲルス
試合総数 80
テンプレートを表示

第77回天皇杯全日本サッカー選手権大会(だい77かいてんのうはいぜんにほんサッカーせんしゅけんたいかい)は、1997年11月30日から1998年1月1日まで開かれた天皇杯全日本サッカー選手権大会である。

概要[編集]

  • Jリーグ所属の全17チーム、ジャパンフットボールリーグ((旧)JFL)所属クラブのうち予選が免除された11チームに加え、関東(4校)・関西(2校)の大学チーム代表と、各都道府県から予選を勝ち上がった47チーム、あわせて81チームが本大会に出場した。
  • 高校チームの本大会出場は、初めて認められた前回大会の3チームから今回は9チームへ増加。その他にクラブチームのユース(高校生年代)チームとして初めて愛媛FCユースが本大会に進んだ。17歳以下日本代表候補のGK不老伸行がいた愛媛FCユースは1回戦でアローズ北陸を破り、2種(高校生年代)登録チームが1種(社会人・大学)登録チームに初めて勝利した。
  • 今回大会はサガン鳥栖にとって天皇杯初出場であったが、サガンが1997年1月末で解散した鳥栖フューチャーズの受け皿として設立されたクラブであるため、過去5回出場した鳥栖Fの実績を加え、6回目の出場として扱われる事になり、以後の大会でもこれが引き継がれる事になった[1]
  • JFL所属の福島FCは経営難によりクラブの存続が不可能となったため同年限りでの解散を決め、12月14日に日本平スタジアムで行われた3回戦の清水エスパルス戦が最後の公式戦となった。
  • JFL所属の東京ガス(現:FC東京)は、3回戦で名古屋グランパスエイト(現:名古屋グランパス)、4回戦で横浜マリノス(現:横浜F・マリノス)、そして準々決勝でベルマーレ平塚(現:湘南ベルマーレ)とJリーグ所属の3チームを撃破し、ベスト4に進出した。
  • 決勝は、東京ガスを準決勝で破った鹿島アントラーズと、Jリーグ年間王者のジュビロ磐田を準決勝で下した横浜フリューゲルスの対戦となった。鹿島MFの増田忠俊は前半4分に先制点を挙げ、2点目のマジーニョのゴールもアシストした。終了間際には柳沢敦がゴールを決めてナビスコカップに次ぐシーズンの二冠目として、初の天皇杯優勝を果たした。

出場チーム[編集]

Jリーグ[編集]

ジャパンフットボールリーグ[編集]

関東大学[編集]

関西学生[編集]

都道府県代表[編集]

試合[編集]

1回戦[編集]

  • ブランメル仙台 7-0 山雅サッカークラブ
  • 石見FC 0-7 順天堂大学
  • 三菱重工長崎 2-1 初芝橋本高校
  • 水戸ホーリーホック 3-0 北海道電力
  • 韮崎アストロス 0-2 NTT関東
  • 三菱自工水島 0(PK6-7)0 山形FC
  • 草津東高校 0-3 サガン鳥栖
  • 奈良産業大学 3-1 新日鐵大分
  • 佐賀商業高校 1-5 大分FC
  • マインドハウスTC 0-3 桃山学院大学
  • 関西大学 0-9 東京ガス
  • 愛媛FCユース 2(延長)1 アローズ北陸
  • ブレイズ熊本 0-2 本田技研
  • 関西学院大学 2-6 アルビレックス新潟
  • ジャトコ 1-0 沖縄国際大学
  • 香川紫雲クラブ 1-0 早稲田大学
  • 西濃運輸 5-0 高知大学
  • 真岡高校 1-5 国士舘大学
  • SC鳥取 0-7 川崎フロンターレ
  • ルミノッソ狭山 4-1 新日鐵釜石
  • 神奈川大学 1-3 ヴァンフォーレ甲府
  • 福岡大学 5-1 秋田市役所
  • 青山学院大学 1-0 デンソー
  • FCプリメーロ 0-1 阪南大学
  • 前橋商業高校 0-6 福島FC
  • 名古屋銀行 3-4 福井教員
  • 教育研究社 0-5 モンテディオ山形
  • 鵬翔高校 3-2 多々良学園高校
  • 鹿児島実業高校 1-2 コンサドーレ札幌
  • 広島大学 2-3 アステール青森
  • 大塚FC 8-1 テイヘンズFC
  • 市立船橋高校 0-2 駒澤大学

2回戦[編集]

  • ブランメル仙台 0-1 順天堂大学
  • ヴェルディ川崎 2-0 三菱重工長崎
  • 水戸ホーリーホック 1-2 アビスパ福岡
  • NTT関東 1-0 山形FC
  • サガン鳥栖 4-0 奈良産業大学
  • 大分FC 1(PK3-5)1 桃山学院大学
  • 東京ガス 2(延長)1 愛媛FCユース
  • 本田技研 3-1 アルビレックス新潟
  • ジャトコ 6-0 香川紫雲クラブ
  • 西濃運輸 1-2 国士舘大学
  • 川崎フロンターレ 3-0 ルミノッソ狭山
  • ヴァンフォーレ甲府 2-1 福岡大学
  • 青山学院大学 0-1 阪南大学
  • 福島FC 1-0 福井教員
  • モンテディオ山形 8-0 鵬翔高校
  • コンサドーレ札幌 4-1 アステール青森
  • 大塚FC 1-3 駒澤大学

3回戦[編集]

  • 鹿島アントラーズ 4-1 順天堂大学
  • ヴェルディ川崎 0-2 アビスパ福岡
  • 浦和レッドダイヤモンズ 2-1 NTT関東
  • ガンバ大阪 3(延長)2 サガン鳥栖
  • 横浜マリノス 5-0 桃山学院大学
  • 名古屋グランパスエイト 1-3 東京ガス
  • 京都パープルサンガ 3(延長)2 本田技研
  • ベルマーレ平塚 7-0 ジャトコ
  • 柏レイソル 4-1 国士舘大学
  • ヴィッセル神戸 2-0 川崎フロンターレ
  • セレッソ大阪 5-1 ヴァンフォーレ甲府
  • ジュビロ磐田 3-0 阪南大学
  • 清水エスパルス 3-0 福島FC
  • サンフレッチェ広島 3-1 モンテディオ山形
  • ジェフユナイテッド市原 1-0 コンサドーレ札幌
  • 横浜フリューゲルス 4-3 駒澤大学

4回戦[編集]

  • 鹿島アントラーズ 6-0 アビスパ福岡
  • 浦和レッドダイヤモンズ 1(延長)2 ガンバ大阪
  • 横浜マリノス 1-2 東京ガス
  • 京都パープルサンガ 1-5 ベルマーレ平塚
  • 柏レイソル 2-1 ヴィッセル神戸
  • セレッソ大阪 2-3 ジュビロ磐田
  • 清水エスパルス 3-1 サンフレッチェ広島
  • ジェフユナイテッド市原 1-2 横浜フリューゲルス

準々決勝[編集]

  • 鹿島アントラーズ 3-0 ガンバ大阪
  • 東京ガス 3(延長)2 ベルマーレ平塚
  • 柏レイソル 1-2 ジュビロ磐田
  • 清水エスパルス 1-6 横浜フリューゲルス

準決勝[編集]

  • 鹿島アントラーズ 3-1 東京ガス
  • ジュビロ磐田 2-3 横浜フリューゲルス

決勝[編集]

1998年1月1日
鹿島アントラーズ 3 - 0 横浜フリューゲルス
増田忠俊 4分にゴール 4分
マジーニョ 25分にゴール 25分
柳沢敦 87分にゴール 87分
国立霞ヶ丘陸上競技場
観客数: 48,016人
主審: 岡田正義

脚注[編集]

  1. ^ 旧JFLなどの公式記録では鳥栖Fとサガンを別の組織として扱っているが、天皇杯の出場回数はその例外である。なお、天皇杯パンフレットでのサガン鳥栖メンバーリストにおいて鳥栖Fからサガンに参加した選手における「前登録チーム」欄は「鳥栖フューチャーズ」となっており、天皇杯において鳥栖Fとサガンが同一組織とみなされているわけではない。
  2. ^ トヨタ自動車工業サッカー部(15回出場)の出場回数を含む
  3. ^ 鳥栖フューチャーズ(5回出場)の回数を含む。

関連項目[編集]