ロアッソくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロアッソくん Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 ROASSOKUN
基本情報
国籍 不明
生年月日 12月3日
出身地 ヒノクニ
身長 不明
体重 不明
選手情報
在籍チーム ロアッソ熊本
ポジション マスコット
背番号 123
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロアッソくんは、Jリーグクラブ、ロアッソ熊本マスコットキャラクターである。

概要[編集]

2008年1月23日に開かれたロアッソ熊本のJリーグ参入初年度の新体制発表記者会見にて披露された。背番号の "123" は、ロアッソのJリーグ加盟が正式承認された(2007年)12月3日に由来したものである。キャラクターデザインは地元熊本在住のイラストレーター村井健太郎

プロフィール[編集]

熊本の伝統や自然を象徴する「」をモチーフに擬人化したマスコット。年齢は小学校高学年くらいで、将来の夢はワールドカップ出場。

性格はイタズラ好きでとてもやんちゃ者。試合開始前等によくスタジアム内の売店に出没し、イタズラしたりしている。特技は一輪車乗りで、ローラースケートも乗りこなせる。近頃はセグウェイにも乗っている。サガン鳥栖のマスコット、ウィントスととても仲が良いほか、ホームの熊本県民総合運動公園陸上競技場では、くまモン鞠智城のマスコットキャラクター“ころう君”とハーフタイムを中心に様々なパフォーマンスを繰り広げる。時に九州の他のJクラブマスコットキャラクターを巻き込んで騒ぎを巻き起こすこともある。

2010年5月、小林弘記(DJ Kova)とBAZOOKA BROTHERS(バズーカブラザーズ)という名でタッグ結成。2014年12月3日、自らの誕生日にTwitterアカウントを開設した。

2015年よりクラブのスポンサー付ユニホームとは別の、ロアッソくん専用のスポンサー付ユニホームを着用している。

2017年1月20日、チームの人事異動で「グッズ倉庫お片付け係」への異動を命じられるが(後任のマスコットは小林弘記が務める)[1]、1月25日になって池谷友良社長から「マスコットに復帰したければ、開幕戦(2月26日)までに自らの被り物グッズ(なりきりロアッソくん)を123個販売する」というノルマを課せられる[2]。結果的に開幕戦までに321個を販売したことで[3]、3月1日付でマスコットへの条件付き復帰が認められた[4]

ユニフォームスポンサー(2017年)[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
杉養蜂園 杉養蜂園 2015年 -
背中上部 原田木材 原田木材 2015年 -
背中下部 設定なし -
ロアッソ熊本をJ1へ 県民運動推進本部 ロアッソ熊本をJ1へ 県民運動推進本部 2014年 -
パンツ リバテープ製薬 あっ!リバテープ 2016年 -

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]