小林弘記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 弘記 Football pictogram.svg
名前
愛称 コバ[1]
カタカナ コバヤシ ヒロキ
ラテン文字 KOBAYASHI Hiroki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-05-24) 1977年5月24日(41歳)
出身地 静岡県静岡市[2]
身長 185cm[3]
体重 85kg[3]
選手情報
ポジション GK[3]
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2000 ジュビロ磐田 0 (0)
2000 ヴェルディ川崎 (loan) 0 (0)
2000-2001 コンサドーレ札幌 3 (0)
2002 FC東京 0 (0)
2003-2006 湘南ベルマーレ 79 (0)
2007-2009 ロアッソ熊本[4] 62 (0)
代表歴
1995-1997  日本 U-18/19/20
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小林 弘記(こばやし ひろき、1977年5月24日 - )は、静岡県静岡市出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはゴールキーパー(GK)。妻は元タレント木下優

来歴[編集]

1993年清水商業高校に進学。先輩のGK川口能活に叱咤されながらも[5]力を伸ばし、1995年には同期の大石玲谷池洋平西川周吾早川知伸藤元大輔松原忠明らと共に高円宮杯3連覇に貢献した[6]

恵まれた体格と跳躍力から複数クラブのオファーを受けたが、コーチ陣の充実を理由に[1]1996年よりジュビロ磐田に加入。磐田では大神友明が正GKとして定着しており、大神が負傷離脱した1999年以後も出場機会を得られなかったことから、2000年シーズン途中にヴェルディ川崎への期限付き移籍を経て[2]コンサドーレ札幌へと完全移籍[7]。同年11月5日のJ2第41節サガン鳥栖対札幌においてJリーグ初出場を果たすも[3]、正GK佐藤洋平の壁は厚く、2001年限りで退団。

2002年2月末にFC東京へ移籍[8]。同年の選手編成は1月に発表されていたが[9]、2月になって小澤英明が負傷し[10]、小林の獲得はその穴埋めを図るためのものだった。土肥洋一のバックアッパーとしてベンチ入りを続けていたが[11]、シーズン終盤に小澤が復調したことでベンチからも外れ[12]、1年限りで退団した。

2003年湘南ベルマーレへ移籍[13]。若手選手を支えるリーダーシップを発揮し[5]、気迫のこもった好セーブで正GKの座を掴んだ[14]

2007年よりロッソ熊本(2008年よりロアッソ熊本)へ移籍。同年のJFLでは全試合フル出場で奮闘し、2008年からのチームのJリーグ参入(J2昇格)に貢献した[15]2009年限りで現役を引退[16]

2010年よりロアッソ熊本のアカデミースタッフ兼アンバサダーに就任し[17][18]地域に根ざした様々な活動を行なっている。2013年現在の所属部署は営業部。一方、DJ Kova(コヴァ)としてスタジアムDJも務めている[18]。また、チームマスコットであるロアッソくんとは、BAZOOKA BROTHERS(バズーカブラザーズ)という名でタッグを結成中である。

2011年5月22日、八代市鏡町「ふる郷(さと) 愛鏡祭」にて開催された投げ大会にて、一般男性にエントリー。12メートル43を記録し大会新記録[19] で優勝した[20]

現役引退後激太りしてしまい、2015年には体重が130kgにまで達してしまったことから、県総合保健センター等の協力を受けてダイエットを開始[21]。半年間のダイエットで30kgの減量に成功した[22]。しかしその後リバウンドしており、2017年現在は123kg程度となっている[23]

2017年末でロアッソ熊本を退職、それに伴いスタジアムDJからも降板する。退職後はサッカー界から離れる方針[24]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1996 磐田 - J 0 0 0 0 0 0 0 0
1997 21 0 0 0 0 0 0 0 0
1998 16 0 0 0 0 0 0 0 0
1999 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2000 0 0 0 0 - 0 0
V川崎 19 0 0 0 0 - 0 0
札幌 30 J2 3 0 0 0 0 0 3 0
2001 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2002 FC東京 35 0 0 0 0 0 0 0 0
2003 湘南 16 J2 21 0 - 0 0 21 0
2004 9 0 - 0 0 9 0
2005 39 0 - 1 0 40 0
2006 10 0 - 0 0 10 0
2007 熊本 21 JFL 34 0 - 0 0 34 0
2008 J2 18 0 - 0 0 18 0
2009 10 0 - 1 0 11 0
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J2 110 0 0 0 2 0 112 0
日本 JFL 34 0 - 0 0 34 0
総通算 144 0 0 0 2 0 146 0

代表歴[編集]

指導者経歴[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『Jublilo year book 1996』 静岡新聞社1996年、27頁。全国書誌番号:00107293
  2. ^ a b c d e f g 小林弘記選手 ヴェルディ川崎へ移籍”. 2001年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月25日閲覧。 ジュビロ磐田 (2000年4月18日)
  3. ^ a b c d 登録選手一覧表”. 2014年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月9日閲覧。 Jリーグ 2009.12.06
  4. ^ a b 2008年よりロッソ熊本からロアッソ熊本へ改称。
  5. ^ a b Player's Voice”. 2004年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月25日閲覧。 湘南ベルマーレ (2003年6月14日)
  6. ^ 1995年結果詳細&メンバー表 日刊スポーツ
  7. ^ a b c 小林弘記選手 コンサドーレ札幌へ移籍のお知らせ”. 2001年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月25日閲覧。 ジュビロ磐田 (2000年6月22日)
  8. ^ 小林弘記選手移籍加入のお知らせ”. 2004年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月25日閲覧。 FC東京 (2002年2月27日)
  9. ^ 2002年新体制について”. 2004年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月25日閲覧。 FC東京 (2002年1月17日)
  10. ^ 小沢英明選手の手術について”. 2004年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月25日閲覧。 FC東京 (2002年2月12日)
  11. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2002年8月17日)
  12. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2002年11月30日)
  13. ^ 小林弘記選手 湘南ベルマーレへ移籍決定のお知らせ”. 2004年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月25日閲覧。 FC東京 (2002年12月24日)
  14. ^ J2第4クール突入特別企画 湘南ベルマーレ (archive) J's GOAL (2005年)
  15. ^ 熊本の守護神復活 日刊スポーツ (2008年4月3日)
  16. ^ 小林弘記選手 現役引退のお知らせ ロアッソ熊本 (2009年11月25日)
  17. ^ 小林 弘記、アカデミースタッフ 兼 アンバサダー就任のお知らせ ロアッソ熊本 (2010年1月29日)
  18. ^ a b 【百年旅行 Jリーグのある風景 6月4日(土)10:30放送】#69 (archive) J's GOAL (2011年6月1日)
  19. ^ 「え~いっ」畳投げ大会新 朝日新聞 2011年6月2日閲覧
  20. ^ 畳投げが競技化した熊本…男子1位は12m超 読売新聞 2011年6月2日閲覧 小林の写真付きで紹介
  21. ^ 元J2熊本選手「DJコバ」がダイエットに挑戦 - 47NEWS・2015年9月30日
  22. ^ DJコバのダイエット作戦! - ロアッソ熊本・2016年4月13日
  23. ^ https://twitter.com/tano3goalkeeper/status/823703569903730688
  24. ^ kovayashi58皆様へご報告とご挨拶!

関連項目[編集]

外部リンク[編集]