長谷川アーリアジャスール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長谷川 アーリアジャスール Football pictogram.svg
名前
愛称 アーリア[1][2]、ジャス[3]
カタカナ ハセガワ アーリア ジャスール
ラテン文字 HASEGAWA Ariajasuru
ペルシア語 آریا جسورو هاسگاوا
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1988-10-29) 1988年10月29日(29歳)
出身地 埼玉県鶴ヶ島市
身長 186cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 大宮アルディージャ
ポジション MF
背番号 28
利き足 右足[1][2]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2011 日本の旗 横浜F・マリノス 73 (4)
2012-2013 日本の旗 FC東京 60 (8)
2014-2015 日本の旗 セレッソ大阪 49 (4)
2015-2016 スペインの旗 レアル・サラゴサ 8 (0)
2016 日本の旗 湘南ベルマーレ 24 (1)
2017- 日本の旗 大宮アルディージャ
代表歴
2005-2006  日本U-18/19
2012 日本の旗 日本 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

長谷川 アーリアジャスール(はせがわ アーリア ジャスール、1988年10月29日 - )は、埼玉県入間郡鶴ヶ島町(現鶴ヶ島市)出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(MF)。ペルシア語ではآریا جسورو大宮アルディージャ所属。

来歴[編集]

父がイラン人で母が日本[4][5]。日本で育ち日本国籍を選択した。小学4年生のときにサッカーを始める[6][2]

中学時には坂戸ディプロマッツへ在籍。1学年上には小池純輝がいた。同3年時に、横浜F・マリノス専門スカウトが練習試合を直接訪れ、当時横浜FMユース監督を務めていた安達亮も獲得を望んだ事から横浜FMユース入団に至った[7]。ユース時代はボランチの位置でゲームメーカーとしてプレー[1]。ユース同期には斉藤陽介田代真一大久保翔木村勝太武田英二郎森谷賢太郎などがいた。当時の憧れはブラジルカカ[注 1]

2007年、斉藤、田代と共に横浜FMトップチームへ昇格[9]早野宏史監督によって3月3日の開幕戦先発メンバーに抜擢されると[注 2]山瀬功治の決勝点をアシストする活躍を見せた[4]。続くJ1第2節もフル出場。しかし、同月13日の練習中に右第五中足骨を骨折し[10]戦線を離脱。FIFA U-20ワールドカップ2007の出場を逃した。その後も負傷に苦しみ[6]以後、同年の出場機会は得られなかった。2008年6月、プロA契約を締結[11]。同年J1第33節東京V戦では、後方から飛び出して相手のクリアボールをカットし、そのまま相手ゴールへ猛進。冷静にゴールマウスへ流し込み、プロ初得点を挙げた[12][13]2009年からは、本職のボランチに加えトップ下など攻撃的なポジションでもプレー。相手の守備ブロックの間に入り込み[14]、シンプルなパスでチャンスを作った[15]2010年にはFWも務めた[16]2011年末、横浜FMから慰留される中、新潟FC東京からオファーを受け争奪となった[17][5]

2012年よりFC東京へ完全移籍[18][19]シーズン前のスーパーカップやJ1第2節名古屋戦で早々と得点を挙げたことに加え[注 3]、持ち前のパスとドリブルを織り交ぜた推進力がチームとかみ合ったことで[13]才能を開花させ[22]ランコ・ポポヴィッチ監督の下でスターティングメンバーに定着。ボランチ、サイドハーフ、トップ下と複数のポジションを柔軟に務め[20]、相手からのプレスを受ける中でも安定した連係プレーで守備網を破った[23]。自身にとって初参戦となったAFCチャンピオンズリーグでの活躍からイラン代表の候補にもリストアップされたが[24][注 4]、5月、キリンチャレンジカップアゼルバイジャン戦に臨む日本代表に初招集された[26]2013年はFC東京での副主将に就任[27]。同年9月、東慶悟の欠場に併せて左サイドハーフからトップ下へ移ると[28]、躍動感溢れるプレーで同月のリーグ戦連勝を支え、クラブ初となるJリーグ月間MVP[注 5]を受賞した[29]。シーズン終了後にはFC東京との契約延長を基本合意[30][31][22]

2014年、長谷川が父と慕うポポヴィッチ[32]セレッソ大阪の指揮を執るに当たり、自身の戦術を体現する選手[33]として長谷川獲得を熱望[31][22]。長谷川も自身の出場機会を重視したことで[34]移籍を決断し[22]、1月に同クラブへの完全移籍が発表された[35][36]。攻撃陣との好連携を築き[37]、J1第4節鹿島戦では強烈なミドルシュートを突き刺して[38]移籍後初得点を記録した。その後はチームの不調もあって中盤でバランスを取る役割を強いられ、苦心のプレーが続いた[39]

2015年7月、ポポヴィッチが指揮するスペイン2部レアル・サラゴサへ完全移籍[40][41]。同年8月の開幕節ミランデス戦で早速フル出場。同年12月のポポヴィッチ解任や外国籍枠を確保したいクラブ首脳陣の思惑により[42]、2016年1月に契約をサラゴサとの契約を解除[43]

2016年3月、湘南ベルマーレに加入[44]。即座に適応し、攻撃のアクセントや[45]体を張る献身的プレーで貢献[46]

2017年、地元クラブの[47]大宮アルディージャへ完全移籍[48][49]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2007 横浜FM 29 J1 2 0 0 0 0 0 2 0
2008 8 1 4 0 3 0 15 1
2009 21 0 7 1 3 0 31 1
2010 8 19 2 2 0 1 0 22 2
2011 23 1 3 0 2 0 28 1
2012 FC東京 28 3 4 0 1 0 33 3
2013 32 5 5 0 5 0 42 5
2014 C大阪 5 30 1 2 2 3 0 35 3
2015 J2 19 3 - - 19 3
スペイン リーグ戦 国王杯 オープン杯 期間通算
2015-16 サラゴサ 7 セグンダ 8 0 2 0 - 10 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2016 湘南 15 J1 24 1 2 1 3 0 29 2
2017 大宮 28
通算 日本 J1 187 14 29 4 21 0 237 18
日本 J2 19 3 - - 19 3
スペイン セグンダ 8 0 2 0 - 10 0
総通算 214 17 31 4 21 0 256 21

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2012 FC東京 8 7 2
2014 C大阪 5 7 1
通算 AFC 14 3

タイトル[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 0試合0得点 (2012年)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2012 0 0
通算 0 0

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 顔が似ているとの指摘もあり[8]2007年のFIFAクラブワールドカップACミランが訪日した時にはカカと間違えられたことがある。
  2. ^ 新人の開幕先発出場は同クラブでは松田直樹以来で、クラブ史上4人目である。
  3. ^ いずれもヘディングでのゴールだったが[20]、本人によると「ヘディングは得意じゃない」[21]
  4. ^ イランサッカー協会(IFF)技術委員会のキアン・カラムは、2010年の時点で有望選手として名前を挙げていた[25]
  5. ^ 同賞は、2013年3月から表彰が始まり、長谷川はJ1全体では6人目の受賞。
出典
  1. ^ a b c 選手データベース - ウェイバックマシン(2007年10月26日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン (2007年2月13日)
  2. ^ a b c 『Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集』 三栄書房2014年、128頁。
  3. ^ 選手名鑑 - ウェイバックマシン(2011年10月20日アーカイブ分) 横浜F・マリノス
  4. ^ a b “ハマのダル”長谷川鮮烈デビュー - ウェイバックマシン(2007年3月5日アーカイブ分) デイリースポーツ (2007年3月4日)
  5. ^ a b 横浜Mの長谷川を獲得 東京中日スポーツ (2011年12月31日)
  6. ^ a b 長谷川アーリアジャスール選手[FC東京] ヒーローインタビュー (2013年01月15日)
  7. ^ 長谷川、神戸・安達監督に恩返しゴールだ - ウェイバックマシン(2012年11月10日アーカイブ分) スポーツ報知 (2012年11月10日)
  8. ^ アーリア カカになる 東京中日スポーツ (2012年10月18日)
  9. ^ a b c d 2007年度、新加入選手について - ウェイバックマシン(2007年1月18日アーカイブ分) 横浜F・マリノス (2006年11月4日)
  10. ^ (長谷川アーリアジャスール) 横浜Mの長谷川、全治4ヵ月 ゲキサカ (2007年3月15日)
  11. ^ 長谷川アーリアジャスール選手、プロA契約締結 - ウェイバックマシン(2012年3月11日アーカイブ分) 横浜F・マリノス (2009年6月6日)
  12. ^ 【J1:第33節 横浜FM vs 東京V】レポート Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2008年11月29日)
  13. ^ a b 【J1:第14節 横浜FM vs F東京】プレビュー Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2012年6月15日)
  14. ^ 俊輔の「代役」長谷川奮闘 日刊スポーツ、2011.06.22
  15. ^ 【J1:第27節 横浜FM vs 仙台】プレビュー Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2011年9月24日)
  16. ^ 横浜首位清水撃破へFW長谷川が先発濃厚 日刊スポーツ (2010年8月13日)
  17. ^ 新潟とFC東京が横浜FM・長谷川争奪戦 - ウェイバックマシン(2011年12月26日アーカイブ分) スポーツ報知 (2011年12月23日)
  18. ^ 長谷川アーリアジャスール選手 FC東京へ完全移籍のお知らせ 横浜F・マリノス (2012年1月6日)
  19. ^ 長谷川アーリアジャスール選手 完全移籍加入決定のお知らせ FC東京 (2012年1月6日)
  20. ^ a b 新生FC東京 王者相手に収穫の1敗「ゲームを支配した」 スポーツニッポン 2012.03.04
  21. ^ 【J1:第2節 FC東京 vs 名古屋】試合終了後の各選手コメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ 2012.03.17
  22. ^ a b c d FC東京・長谷川C大阪移籍決定的 デイリースポーツ (2014年1月9日)
  23. ^ ミケル・エチャリ , 小宮良之 『日本サッカースカウティング127選手』 東邦出版2013年、132頁。
  24. ^ Iranians to watch abroad – Aria Hasegawa(英語)ペルシアン・フットボール (2012年4月12日)
  25. ^ Meet Kian Karam, Iran’s new head hunter(英語) ペルシアン・フットボール (2010年12月25日)
  26. ^ サッカー日本代表に本田復帰 長谷川は初選出 47NEWS (2012年5月18日)
  27. ^ 副主将にアーリア&米本 ポポ監督ビックリ人事 東京中日スポーツ (2013年2月19日)
  28. ^ アーリア 2戦連続トップ下 東京中日スポーツ (2013年9月27日)
  29. ^ a b 「コカ・コーラ Jリーグ月間MVP」9月の受賞選手決定! Jリーグ (2013年10月17日)
  30. ^ FC東京 長谷川アーリアと合意、来季残留が基本線 スポーツニッポン (2013年12月29日)
  31. ^ a b アーリア C大阪に移籍へ 東京中日スポーツ (2014年1月9日)
  32. ^ FC東京・長谷川アーリアジャスール、ポポヴィッチ監督の魅力を語る! サッカーキング (2013年12月29日)
  33. ^ 全40クラブ戦力分析レポ:C大阪 (cache) J's GOAL (2014年2月25日)
  34. ^ C大阪 長谷川アーリア獲得へ ポポヴィッチ監督も信頼 スポーツニッポン (2014年1月9日)
  35. ^ 長谷川アーリアジャスール選手 セレッソ大阪へ完全移籍のお知らせ FC東京 (2014年1月16日)
  36. ^ FC東京 長谷川アーリアジャスール選手完全移籍加入のお知らせ セレッソ大阪 (2014年1月16日)
  37. ^ 柿谷・山口ハツラツ。セレッソ大阪のキャンプは絶好調 sportsiva (2014年2月9日)
  38. ^ 【J1:第4節 鹿島 vs C大阪】レポート Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2014年3月24日)
  39. ^ 週刊サッカーダイジェスト2014Jリーグ総集編』 日本スポーツ企画出版社2014年、74頁。
  40. ^ 長谷川アーリアジャスール選手 レアル・サラゴサに完全移籍のお知らせ セレッソ大阪 (2015年7月2日)
  41. ^ Acuerdo para la incorporación de Aria Jasuru Hasegawa レアル・サラゴサ (2015年7月2日)(スペイン語)
  42. ^ 長谷川 サラゴサ退団へ…EU外選手枠を空けるため放出へ スポーツニッポン (2016年1月30日)
  43. ^ Acuerdo para la rescisión del contrato de Aria Hasegawa レアル・サラゴサ (2016年1月30日)(スペイン語)
  44. ^ 長谷川アーリアジャスール選手 加入のお知らせ 湘南ベルマーレ (2016年3月29日)
  45. ^ サッカーダイジェスト 2016Jリーグ総集編 (No.1374)』 日本スポーツ企画出版社2016年、73頁。
  46. ^ 2年ぶりJ1ゴールの長谷川アーリア「湘南に入って自分に足りないことは明確」 ゲキサカ (2016年6月25日)
  47. ^ 大宮MF長谷川アーリア 故郷から切り開く代表復帰の道 スポーツニッポン (2017年2月17日)
  48. ^ 長谷川アーリアジャスール選手 大宮アルディージャへ移籍のお知らせ 湘南ベルマーレ (2017年1月8日)
  49. ^ 長谷川アーリアジャスール 選手 大宮アルディージャ加入のお知らせ 大宮アルディージャ (2017年1月8日)
  50. ^ SAMURAI BLUE(日本代表)候補トレーニングキャンプ(4/7-9@千葉)メンバー 日本サッカー協会 (2014年4月3日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]