北国の春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北国の春
千昌夫シングル
B面 東京のどこかで
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル 演歌
時間
レーベル 徳間音楽工業
作詞・作曲 作詞: いではく(M-1・2)
作曲: 遠藤実(M-1・2)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間6位(オリコン
  • 1977年度年間139位(オリコン)
  • 1978年度年間55位(オリコン)
  • 1979年度年間5位(オリコン)
  • 12位(ザ・ベストテン
  • 1979年度年間32位(ザ・ベストテン)
千昌夫 シングル 年表
流れ雲
1976年
北国の春
1977年
さよなら三角また来て四角
(1977年)
テンプレートを表示

北国の春」(きたぐにのはる)は、1977年4月5日に発売された千昌夫シングルレコードである。発売元はミノルフォンレコード・徳間音楽工業(現:徳間ジャパンコミュニケーションズ)。品番はKA-1050。

解説[編集]

オリコンシングルチャートでは、100位以内初登場から通算92週目でミリオンセラー達成(連続92週ではない)。この数字は、後年に至るまでミリオンセラー達成までの100位圏内チャートイン週数が歴代1位であった。その後、2003年に中島みゆきが「地上の星/ヘッドライト・テールライト」で新記録を樹立し(139週)、以後は歴代2位となっている。同チャートでは1979年2月5日付と4月2日付で最高位の6位を獲得[1]。同チャートの100位以内チャートイン数は通算134週、連続111週(1978年1月16日付〜1980年2月18日付)[1]となっている。

タイトル曲「北国の春」は、都会で暮らす男性が実家から届いた小包[2]を受け取り、早春期の故郷や家族、かつての恋心などを想う内容の歌詞である。当時テレビの歌番組に出演する際は師匠の遠藤実の反対を押し切り、演出として古びた外套に帽子、丸縁眼鏡に使い込んだカバンという姿で歌唱していた。これはファンに親近感を持ってもらうためという狙いがあった。タイトルにもある「北国」がどこを指しているか、具体的な地名は歌詞中に登場しないが、作詞者のいではくが後に自身の故郷(長野県南牧村)がある信州の情景を描いたと語っている[3]。当初「北国の春」はB面曲として予定されていたが、急遽A面曲としての発売となった[4]

「北国の春」の累計売上は300万枚[5]

同曲のヒットで千昌夫は、1977年大晦日放送の『第28回NHK紅白歌合戦』に第22回1971年)以来6年振りの出場を果たした。以降、同楽曲の超ロングセラーにより第29回1978年)、第30回1979年)と3年連続で披露するに至っている。また『紅白歌合戦』において、3年連続で同一曲を歌唱するのは「北国の春」が史上初めてであった。

その後も第33回1982年)と、昭和時代が終わりを迎えた1989年の『第40回NHK紅白歌合戦』(初めて2部構成となった紅白)前半部分「昭和の紅白」でも歌われた。20世紀内における紅白では、ひとりの歌手にもっとも多く歌われた楽曲のひとつになっている(もう一曲は、渡辺はま子「桑港のチャイナ街(サンフランシスコのチャイナタウン)」で、特別出演を含めて同じく5回[6])。21世紀になってからは、2011年第62回でも歌われた。

TBSテレビの『ザ・ベストテン』は10位以内のランクインはならなかった(最高位12位)が、1979年1月18日放送分において「今週のスポットライト」内で唯一の出演を果たしている。

中国語タイ語の歌詞を付けたカバーバージョンが多数存在する[7]。これに対していではくは、若い頃、冒険家・登山家になるのが夢だった自分の夢と照らし合わせ、「同曲が自分の夢を、代役として務めているような気がする」と語っている[8]鈴木明の調べによると、中国を含めアジア圏で15億人に歌唱されているという[9]

収録曲[編集]

  1. 北国の春 (4:00)
  2. 東京のどこかで (3:40)

関連作品[編集]

日本の主なカバー[編集]

日本国外の主なカバー[編集]

ほかに、チベット語タイ語ベトナム語ミャオ語モンゴル語など。

  • 夕チアンナ・ラケル (ポルトガル語) - 「Primavera no norte do país」(訳:北国の春)(SoundCloud only)

脚注[編集]

  1. ^ a b オリコン・ウィークリー(編)『小池聡行のオリコンデータ私書箱』オリジナルコンフィデンス、1991年、67頁。ISBN 4871310272
  2. ^ 後年、クイズ日本人の質問にて作詞のいでは小包の中身は山菜をイメージしたと明かしている。
  3. ^ 2008年12月10日付、日本経済新聞文化面記事より。
  4. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手―運命のドラマ120〈下〉』現代教養文庫、1997年、36頁。ISBN 4390116029
  5. ^ 長田暁二『歌謡曲おもしろこぼれ話』社会思想社、2002年、241頁。ISBN 4390116495
  6. ^ NHKウイークリーステラ臨時増刊『紅白50回〜栄光と感動の全記録〜』(NHKサービスセンター刊、2000年1月16日発行)参照。
  7. ^ 遠藤実さん死去…「北国の春」「高校三年生」など5000曲生む[リンク切れ]
  8. ^ 『この歌この歌手―運命のドラマ120〈下〉』34-35頁。
  9. ^ 『ヒット曲、ヒット歌手をつくる。』講談社、1984年、108頁。ISBN 4-06-200832-7

関連項目[編集]