GOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
GOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌
藤圭子ベスト・アルバム
リリース
録音 Sony Music Studios Tokyo
(マスタリング)
ジャンル 演歌
時間
レーベル ソニー・ミュージックダイレクト
プロデュース 尾形靖博(企画・宣伝)
菱川裕之(制作進行)
藤圭子 年表
艶・怨・演歌
(2010年)
GOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌
(2010年)
テンプレートを表示

GOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌』(ゴールデン☆ベスト ふじけいこ ヒット・アンド・カバーコレクション えんかとえんか)は、藤圭子ベスト・アルバムである。2010年12月8日発売。発売元はソニー・ミュージックダイレクト規格品番はMHCL-1825/6。

解説[編集]

1969年9月にシングルレコード新宿の女(JRT-1037)」でレコード・デビュー、翌年2枚のスタジオ・アルバム新宿の女/“演歌の星”藤圭子のすべて(JRS-7067)』『女のブルース(JRS-7087)』と企画盤『演歌の競演/清と圭子(JRS-7100)』(内山田洋とクール・ファイブ&藤圭子)の計3枚でアルバムオリコンチャート42週連続1位という、未踏の記録を達成してから40周年を迎えたことを記念したアルバム[1]。各レコード会社から発売されているベスト・アルバムシリーズ“ゴールデン☆ベスト”の中の1作となる。以前には同シリーズより、『GOLDEN☆BEST 藤圭子』(2005年10月26日発売:BVCK-38110)がBMG JAPANから発売されていた。本アルバムはCD-DA2枚組で、BMG JAPANとソニー・ミュージックエンタテインメントが統合したことにより、前作とは異なるソニー・ミュージックダイレクトからの発売となった。

ディスク1は「艶歌」と題し、藤圭子及び藤圭似子名義で発表したシングルレコードA面曲からの選曲。デビュー以降続けて発売した3枚のシングル盤「新宿の女」「女のブルース」「圭子の夢は夜ひらく」からはB面曲も収録された。ブックレットの歌詞掲載ページにはこの3枚と「命預けます」の4枚分のみ、モノクロームディスクジャケット写真付で、解説付でもある。ディスク2は「縁歌」と題し、スタジオ・アルバムに収録された昭和時代のカバーソングを収録。

歌詞ブックレットには、藤圭子のデビュー当時RCAレコードの担当ディレクターだった榎本襄の回顧録を7ページに渡って掲載。ほか、巻末の制作スタッフ一覧のページには、本アルバムのディスクジャケットに起用された写真に関しての記述もある。CDトレイ下には、収録されたシングルジャケットのカラー写真を並べて掲載。

収録曲[編集]

Disc 1 艶歌[編集]

  1. 新宿の女(3:38)
  2. 生命ぎりぎり(3:35)
    • 作詞・作曲: 石坂まさを、編曲: 池多孝春
  3. 女のブルース(3:52)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲: 猪俣公章、編曲: 成田征英
  4. あなた任せのブルース(3:04)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲: 森川登、編曲: 池多孝春
  5. 圭子の夢は夜ひらく(4:08)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲: 曾根幸明、編曲: 原田良一
  6. 東京流れもの(3:19)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲: 不詳、編曲: 原田良一
  7. 命預けます(3:24)
    • 作詞・作曲: 石坂まさを、編曲: 曾根幸明
  8. 女は恋に生きてゆく(3:06)
    • 作詞・作曲: 石坂まさを、編曲: 池多孝春
  9. さいはての女(3:55)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲: 彩木雅夫、編曲: 池多孝春
  10. 恋仁義(3:43)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲・編曲: 曾根幸明
  11. みちのく小唄(3:20)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲: 野々卓也、編曲: 池多孝春
  12. 京都から博多まで(3:23)
    • 作詞: 阿久悠、作曲: 猪俣公章、編曲: 池多孝春
  13. 別れの旅(4:13)
    • 作詞: 阿久悠、作曲: 猪股公章、編曲: 池多孝春
  14. 明日から私は(3:34)
  15. 私は京都へ帰ります(3:49)
    • 作詞: 山口洋子、作曲: 猪俣公章、編曲: 池多孝春
  16. 命火(4:32)
    • 作詞・作曲: 石坂まさを、編曲: 小杉仁三
  17. はしご酒(3:45)
    • 作詞: はぞのなな、作曲: 赤坂通、編曲: 小山恭弘
  18. 聞いて下さい私の人生(3:36)
    • 作詞・作曲: 六本木哲、補作曲: 岡千秋、編曲: 池多孝春
  19. 面影平野(3:58)
  20. 可愛い女(4:01)
  21. 螢火(3:30)
    • 作詞: 阿木燿子、作曲: 三島大輔、編曲: 若草恵

Disc 2 縁歌[編集]

  1. アカシヤの雨がやむ時(3:43)
  2. 今日でお別れ(4:02)
  3. カスバの女(3:46)
  4. 知りすぎたのね(3:11)
  5. 雨がやんだら(3:19)
  6. 霧の摩周湖(2:46)
  7. 女の意地(3:44)
    • 作詞・作曲: 鈴木道明、編曲: 竹村次郎
    • 原曲: 西田佐知子、1970年にリバイバル・ヒットした1965年の楽曲
  8. 逢わずに愛して(3:53)
  9. 港町ブルース(4:04)
    • 作詞: 深津武志、補作詞: なかにし礼、作曲: 猪俣公章、編曲: 竹村次郎
    • 原曲: 森進一、国内の港町が多数登場するご当地ソング
  10. 別れの朝(4:45)
  11. うそ(3:15)
  12. 北国行きで(3:53)
  13. 北国の春(4:08)
  14. ひとり寝の子守唄(3:03)
  15. 旅の終りに(3:22)
  16. おもいで酒(3:37)
  17. みちのくひとり旅(3:51)
  18. 舟唄(4:13)
    • 作詞: 阿久悠、作曲: 浜圭介、編曲: 竜崎孝路
    • 原曲: 八代亜紀、第30回NHK紅白歌合戦で大トリを飾った楽曲
  19. さすらい(3:23)
    • 作詞: 十二村哲、作曲: 北原じゅん、編曲: 竹村次郎
    • 原曲: 克美しげる、藤圭子のシングル盤に同名異曲の「さすらい」がある
  20. 怨み節(3:30)
  21. 網走番外地(3:25)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 藤圭子のベスト盤発売へ - 2011年4月12日閲覧

関連項目[編集]