藤圭子 伝説の名曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
藤圭子 伝説の名曲
藤圭子ベスト・アルバム
リリース
録音 JVCマスタリングセンター
ジャンル 演歌
時間
レーベル BMGファンハウス
プロデュース 堂山昌司
岡本晃
藤圭子 年表
POPS COLLECTION
(1999年)
藤圭子 伝説の名曲
(1999年)
聞いて下さい私の人生〜藤圭子コレクション
2000年
テンプレートを表示

藤圭子 伝説の名曲』(ふじけいこ でんせつのめいきょく)は、藤圭子ベスト・アルバムである。1999年10月21日発売。発売元はBMGファンハウス規格品番はBVCK-37046。

解説[編集]

石坂まさを作詞家)の作詞・作曲生活30周年記念として、1999年に発売された企画ベスト・アルバム[1]。尚、藤圭子も1969年9月にシングルレコード新宿の女」(JRT-1037)でレコード・デビューをしたため30周年を迎えたが、この時期に表立った音楽活動はしていない。

全曲リマスタリング音源かつ廉価価格で発売された。収録曲は、1969年から1977年の間に発売された石坂まさを作詞のシングルレコードから選ばれたA面曲と、4曲のB面曲の全16曲である。歌詞ブックレット型ではなく、1枚の大きめの紙が折り畳まったもの。その片面に全歌詞、もう片面に石坂の略歴および小西良太郎音楽評論家)によるライナーノーツが掲載されている。

本ベスト・アルバム発売当時の時代背景としては、娘である宇多田ヒカルのデビュー・アルバム『First Love』(1999年3月10日発売:TOCT-24067)が、オリコンチャートで700万枚を超える売り上げを記録していた。また約1年後の2000年12月20日には、6枚組CD-BOXセット聞いて下さい私の人生〜藤圭子コレクション』(BVCK-37085/90)が発売されている。

収録曲[編集]

  1. 新宿の女(3:39)
    • 作詞: 石坂まさを・みずの稔、作曲: 石坂まさを、編曲: 小谷充
    • 新宿の西向天神社には歌碑が建立されている。
  2. 女のブルース(3:54)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲: 猪俣公章、編曲: 成田征英
  3. 圭子の夢は夜ひらく(4:09)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲: 曾根幸明、編曲: 原田良一
    • 新宿の花園神社には歌碑が建立されている。
  4. 命預けます (3:25)
    • 作詞・作曲: 石坂まさを、編曲: 曾根幸明
  5. 女は恋に生きていく(3:08)
    • 作詞・作曲: 石坂まさを、編曲: 池多孝春
  6. さいはての女(3:56)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲: 彩木雅夫、編曲: 池多孝春
  7. 恋仁義(3:45)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲・編曲: 曾根幸明
  8. みちのく小唄(3:21)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲: 野々卓也、編曲: 池多孝春
    • 歌詞に東北地方の町々が登場する。
  9. 知らない町で(3:23)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲・編曲: 曾根幸明 
  10. 遍歴(3:47)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲: 曾根幸明、編曲: 池多孝春
  11. 命火(4:33)
    • 作詞・作曲: 石坂まさを、編曲: 小杉仁三
  12. 哀愁酒場(3:37)
  13. 生命ぎりぎり(3:36)
    • 作詞・作曲: 石坂まさを、編曲: 池多孝春
    • デビューシングル「新宿の女」(JRT-1037)の片面
  14. ネオン街の女(3:38)
    • 作詞・作曲: 石坂まさを、編曲: 池多孝春
    • 4枚目のシングル「命預けます」(JRT-1097)の片面
  15. 圭子の網走番外地(3:25)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲: 不詳、編曲: 池多孝春
    • 10枚目のシングル「知らない町で」(JRT-1197)の片面
  16. 東京流れもの(3:19)
    • 作詞: 石坂まさを、作曲: 不詳、編曲: 原田良一
    • 3枚目のシングル「圭子の夢は夜ひらく」(JRT-1077)の片面

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ディスクジャケットにもその旨が記載されている。