夢は夜ひらく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
夢は夜ひらく
園まりシングル
B面 一人で踊るブルース
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル ポリドール(SDR-1210)
作詞・作曲 中村泰士、富田清吾(作詞)
中村泰士(採譜・補曲)
園まり シングル 年表
やさしい雨
1966年
夢は夜ひらく
(1966年)
帰りたくないの
1967年
テンプレートを表示
夢は夜ひらく
緑川アコシングル
B面 悲しい夜のブルース
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル クラウンレコード(CW-569)
作詞・作曲 水島哲(作詞)
叶弦大(採譜・補曲)
緑川アコ シングル 年表
夢は夜ひらく
1966年
女の恋は夜の花
(1966年)
テンプレートを表示
夢は夜ひらく
藤田功愛まち子シングル
B面 ひとりになりたい(愛まち子)
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル テイチク(SN-432)
作詞・作曲 大高ひさを(作詞)
愛まち子 年表
夢は夜ひらく
1966年
咲かせて頂戴愛の花
(1966年)
テンプレートを表示
夢は夜ひらく
梅宮辰夫シングル
B面 憎いあん畜生
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル 日本コロムビア(SAS-781)
テンプレートを表示
夢は夜ひらく
バーブ佐竹シングル
B面 女ざかりのブルース
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル キングレコード(BS-528)
作詞・作曲 藤間哲郎(作詞)
曾根幸明(作曲)
テンプレートを表示

夢は夜ひらく』(ゆめはよるひらく)は、曽根幸明が作曲した日本歌謡曲

園まりが歌ったものと藤圭子が歌ったものが特に有名である。藤圭子版のタイトルは『圭子の夢は夜ひらく』(JASRAC届出の題名)である。

概要[編集]

原曲は、練馬少年鑑別所で歌われていた曲を曽根幸明が採譜・補作したものである。歌詞の異なる様々なバージョンがあり、JASRACには20を超える作詞者による異なるバージョンが登録されている(2006年2月時点)。

レコードでは1966年に園まり(ポリドール)の歌で発売し大ヒットとなった[1]。それに追随する形で他社からカバー盤が出され[1]緑川アコクラウンレコード)、藤田功(曾根幸明)と愛まち子テイチク)、梅宮辰夫コロムビア)、バーブ佐竹キングレコード)の競作となった。緑川アコ版は園まりのオリジナル版相手に健闘した[1]1967年には、この曲をモチーフとした園まり主演の映画が公開されている(後述)。

その後多くの歌手にカバーされ、中でも1970年発売の『圭子の夢は夜ひらく』(石坂まさを作詞)は藤圭子の代表曲となった。1999年には石坂の作詞家生活30周年を記念し、藤圭子版の歌碑が花園神社東京都新宿区)に建てられた。

アメリカ合衆国のデュエット曲『サマー・ワイン英語版』(リー・ヘイズルウッド作)との類似が指摘されることもある。発売順としては、1966年2月にヘイズルウッドとSuzi Jane Hokom歌唱のオリジナル版『サマー・ワイン』が米国で発売され、同年9月5日に園のオリジナル版『夢は夜ひらく』(SDR-1210)が日本発売、同年11月にヘイズルウッドとナンシー・シナトラのカバー版『サマー・ワイン』が米国発売されている。オリジナル版『サマー・ワイン』の音源は日本で注目されることはなく、またカバー版『サマー・ワイン』の日本発売(JET-1781)は翌1967年の8月であることから偶然の類似であるとする意見と、その当時日本の作曲家の中には輸入盤をまとめ買いして航空便で送ってもらい資料にしていた人がいたことから、オリジナル版『サマー・ワイン』の曲を認知できたのではないかという説がある。

収録曲[編集]

園まり盤[編集]

  1. 夢は夜ひらく
    • 合作詞:中村泰士・富田清吾、中村泰士、採譜・補曲:中村泰士
  2. 一人で踊るブルース

緑川アコ盤[編集]

  1. 夢は夜ひらく
  2. 悲しい夜のブルース
    • 作曲:叶弦大

藤田功・愛まち子盤[編集]

  1. 夢は夜ひらく
  2. ひとりになりたい(愛まち子)

梅宮辰夫盤[編集]

  1. 夢は夜ひらく
  2. 憎いあん畜生

バーブ佐竹盤[編集]

  1. 夢は夜ひらく
  2. 女ざかりのブルース
    • 作曲・編曲:佐藤勝彦

この曲を録音・発売した歌手[編集]

競作[編集]

カバー[編集]

園まりバージョンのカバー[編集]

緑川アコバージョンのカバー[編集]

バーブ佐竹バージョンのカバー[編集]

三上寛バージョンのカバー[編集]

  • 山谷初男(曲名は『山谷の夢は夜ひらく』)

藤圭子バージョンのカバー[編集]

映画[編集]

夢は夜ひらく
Dreams Come True at Night
監督 野口晴康
脚本 才賀明中野顕彰
製作 横山弥太郎(企画)
出演者 園まり
音楽 宮川泰
撮影 上田宗男
編集 丹治睦夫
製作会社 日活
公開 日本の旗1967年1月14日
上映時間 81分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1967年1月14日、日活により映画化。81分。監督は野口晴康。当時のザ・ドリフターズのメンバーがゲスト出演している。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

同時上映[編集]

不死身なあいつ

脚注[編集]

  1. ^ a b c 週刊TVガイド』1966年11月4日号、27頁。