藤原秀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 秀行(ふじわら ひでゆき、1923年1月1日 - 1986年5月21日)は、日本の作曲家[1][2][3]。代表曲に『アカシアの雨がやむとき』(歌唱 西田佐知子)など[2]。本名は政利(まさとし)[2][3]

愛媛県出身。

1958年日本マーキュリー1960年日本グラモフォン(後の日本ポリドール)の専属作曲家となる[1]

1986年5月21日、東京で死去した[2]

出典[編集]

  1. ^ a b 細川周平監修『日本の作曲家: 近現代音楽人名事典』日外アソシエーツ、2008年、583-584頁。ISBN 978-4-8169-2119-3
  2. ^ a b c d 『音楽年鑑』第62巻、音楽之友社、1987年、101頁。
  3. ^ a b 藤原, 秀行, 1923-1986”. 国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス. 2019年1月28日閲覧。