藤原浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 浩(ふじわら ひろし、1960年6月23日)は、日本の演歌歌手。本名は同じ。出身は岡山県赤磐市(旧赤磐郡吉井町)。身長は178cm。血液型はB型。星座はかに座。

人物・経歴[編集]

・幼少期から特に恥ずかしがり屋で、人前で歌を唄うことなどできなかった。

・20歳の時、家計を助けるために長距離トラックのドライバーになる。

・23歳の時、作曲家の遠藤実主催の「日本演歌道場認定会」に初めて出場し7段を授与され、遠藤実からスカウトを受けるが、糖尿病の合併症から網膜剥離になり失明した母と高齢の祖母、幼い妹が居る一家の大黒柱としては決心がつかず、やむにやまれず断念。しかし、時が経ち母が入院、妹が嫁いで行き家で一人の生活が続くと歌手への思いが大きくなり、夢を捨てきれなくなる。そのころ、妹夫婦から「お母ちゃんの事は私たちが看るから」との言葉を受け、次第に“一度きりの人生…”と言う思いが強くなる。

・歌手への夢を叶えるべく、遠藤実が岡山近郊に来るたびに楽屋へ押しかけ、土下座をして弟子入りを志願するが、「今さら来ても遅い!最初に声をかけた若いころなら良かったが…」と断られる。しかし一年間門を叩き続け、当時遠藤実の秘書でもあった作詞家いではくの助けもあり、条件付きで弟子入りを許可される。

・弟子入り後の一年間は、栃木県那須山中の岩清水工場で一人で修行、その後上京し、遠藤実の付き人兼運転手として修業を重ねた。男性歌手としては三人目(一節太郎千昌夫に続いて)で、最後の内弟子となる。

・修業時代、歌はもちろん、人としての心を厳しく指導される。時には「明日からもう来なくて良い!!」と叱られる事もあったが、そんな時は遠藤の妻である節子夫人がやさしく慰めてくれた。しかし平成5年5月21日に節子夫人が他界。遠藤も深く悲しみ、藤原も「自分のデビューはもう無いかも知れない…」と思う日々が続く。

・3年間の内弟子を経て、ソニーレコードからデビューの夢を実現した。奇しくもデビュー日(平成6年5月21日)は、亡くなった節子夫人の一周忌の命日だった。藤原は、「ママさんが導いてくれたんだ…」との思いから、お墓参りが習慣になった。

・平成14年1月、キングレコードに移籍。

・平成16年4月、10年間所属した三船音楽事務所から独立し、フジミ・プロを設立する。同年9月、病床から見守っていた母が他界。

・平成19年1月1日発売の「ふたりの始発駅」が“団塊の世代に送る応援歌”として話題を呼ぶ。

・平成20年5月21日、デビュー15周年記念曲「倖せありがとう」を発売。発売の前日には、節子夫人の眠る東京都西東京市総持寺にて、作曲の遠藤実・作詩の水木れいじと共にヒット祈願と新曲披露を行う。同年10月6日、「藤原浩デビュー15周年記念リサイタル~ありがとうの気持ちを込めて~」を開催。恩師である遠藤実が駆けつけ「泣きたいことがあったら、いつでも俺のところに来い!」と激励される。しかし、そのちょうど2か月後の12月6日に遠藤実が他界。恩師と生前最後に会えたのが、このステージの上となってしまった。平成21年6月10日、未発表曲「もう忘れました」を収録した遠藤実作品集アルバム「真情~遠藤実トリビュート」を発売し話題を呼ぶ。

西東京市総持寺にあった恩師と夫人の墓参りをし、日々の報告をするのが日課となっていた。二人の墓が遠藤の故郷である新潟に移転してからも、お寺にお参りし掃除をするのが日課となって続いている。

総持寺境内にて開催される盆踊りのお祭りでは、「藤原浩歌の夕べ」と題するコーナーがあり、毎年歌謡ショーを開催している。

受賞歴[編集]

・春日八郎奨励賞

・第13回メガロポリス歌謡祭 新人賞

・第27回新宿音楽祭 銀賞

松尾芸能大賞 歌謡芸能 新人賞

・NAK日本アマチュア歌謡連盟 日本流行歌 新人賞

NHK新人歌謡コンテスト 優秀賞

日本歌手協会 奨励賞

コンサート・イベント[編集]

・平成11年5月21日 デビュー5周年記念コンサート(吉祥寺・前進座)

・平成13年7月6日 Hiroshi Fujiwara First Live(新宿・シアターアプル

・平成14年9月3日 藤原浩コンサート~命のひと(新宿・シアターアプル

・平成15年11月14日 デビュー10周年記念コンサート~感謝を込めて(新宿・朝日生命ホール)

・平成16年10月29日 「優子」発売記念コンサート~新たな夢に向かって(有楽町・朝日ホール

・平成18年6月19日 藤原浩ライブ2006(杉並公会堂

・平成19年4月10日 「ふたりの始発駅」ヒット御礼懇親会(上野・フーズフーズ)

・平成19年6月23日 「ふたりの始発駅」カラオケ決勝大会&藤原浩バースディ・ミニライブ(大阪・朝日生命ホール)

・平成20年10月6日 藤原浩デビュー15周年記念リサイタル~ありがとうの気持ちを込めて~(杉並公会堂

・平成21年6月23日~7月4日 藤原浩 mini LIVE 2009(大阪・アムホール/名古屋・club SARU/福岡 ROOMS/東京・アムラックスホール)

・平成22年5月15日~29日 「リラの花咲く港町/雨音のバラード」カラオケ大会&藤原浩ライブ(札幌・サンピアザ劇場/大阪・アムホール/東京・アムラックスホール)

・平成25年5月12日 デビュー20周年記念ディナーショー(岡山・グランヴィア岡山)

・平成25年9月30日 藤原浩デビュー20周年記念リサイタル~20年を紡ぐ歌ものがたり~(杉並公会堂

・平成30年11月26日 藤原浩デビュー25周年記念リサイタル~感謝の心を込めて~(杉並公会堂

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

藤原浩オフィシャルホームページ

藤原浩ブログ「hiroshi日記」

キングレコードアーティストページ(藤原浩)