君こそわが命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
君こそわが命
水原弘シングル
B面 沈黙のブルース
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル 東芝音楽工業
作詞・作曲 川内康範(作詞)
猪俣公章(作曲)
ゴールドディスク
水原弘 シングル 年表
ど根性一代
(1965年)
君こそわが命
(1967年)
愛の渚
(1967年)
テンプレートを表示

君こそわが命」(きみこそわがいのち)は、1967年2月にリリースされた水原弘のシングルである。水原弘の代表曲のひとつである。

解説[編集]

作詞は川内康範、作曲は猪俣公章による。

水原弘はデビュー曲「黒い花びら」で第1回日本レコード大賞を受賞した経歴を持つものの、その後表舞台から遠ざかり借金や病気なども抱えてしまうなど不遇な時代に入り低迷していた。しかし、本楽曲がヒットしたことによって当時『奇跡のカムバック』とまで言われた。

但しこのカムバックも長続きはせず、相変わらず水原の酒浸りに頼った生活に更生する事は無かった。それから11年後の1978年7月に、水原は42歳の若さで逝去となる。

水原は本楽曲で1967年の「第18回NHK紅白歌合戦」に5年ぶり4回目の出場を果たした(以降、1973年・第24回まで7年連続出場)。その後、1969年の「第20回NHK紅白歌合戦」と、生涯最後の紅白出場となった1973年の「第24回NHK紅白歌合戦」でも歌唱され、紅白では計3回歌唱された。

発売当初は佳川ヨコと競作であったが、水原盤の売り上げのが圧倒的であり、現在でもこの曲は水原弘の曲という認識が一般的である。

収録曲[編集]

  1. 君こそわが命
  2. 沈黙のブルース
    • 作詞:川内康範/作曲・編曲:猪俣公章

カバー[編集]

  • 美空ひばり - アルバム『歌謡曲50年(第13集)』収録(日本コロムビア)
  • 石原裕次郎 - アルバム『愛唱歌・ベスト40』収録(テイチクレコード)
  • 杉良太郎 - シングル『杉良太郎の君こそわが命』収録(2006年、テイチクレコード)
  • 北山たけし - アルバム『夢』収録(2006年、テイチクレコード)
  • 氷川きよし - アルバム『演歌名曲コレクション19~満天の瞳(ほし)~』収録(2013年、日本コロムビア)
  • 高杉俊介 - 本楽曲のカバーで第17回横浜音楽祭新人賞を受賞

関連項目[編集]