藤原ヒロシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤原ヒロシ
出生名 藤原浩
生誕 (1964-02-07) 1964年2月7日(55歳)
日本の旗 日本三重県
学歴 文化服装学院
職業 ファッションデザイナー
音楽プロデューサー
ミュージシャン
DJ
活動期間 1986年 -
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ

藤原 ヒロシ(ふじわら ひろし、1964年2月7日 - )ファッション・デザイナーミュージシャンfragment design主宰。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部客員教授セツ・モードセミナー中退。 父は、競輪選手の藤原武。

略歴[編集]

1964年三重県伊勢市出身。高校時代から新宿のディスコツバキハウス」へ通い、1982年大貫憲章主催のクラブ・イベント「ロンドン・ナイト」でのファッション・コンテストにて優勝。 ロンドン行きのチケットを手にし1ヶ月滞在。ロンドンではセックス・ピストルズプロデューサーでありヴィヴィアン・ウエストウッドのパートナーであったマルコム・マクラーレンら当時のシーンの中心人物と交流する。 マルコムの勧めにより、当時新ジャンルであったヒップホップカルチャーを体験すべく、翌1983年ニューヨークに渡航。 帰国後、東京でディスクジョッキーの活動を開始する。黎明期であった東京のクラブシーンにおいて日本人で初めて「スクラッチ」を披露するなど、NYで得た最先端のスキルとセンスを導入させる。 1985年高木完とのヒップホップユニット、タイニー・パンクスを結成。1986年には日本初のクラブミュージックレーベルであるメジャー・フォースに参画。DJ HEYTAの師事を受けハウスミュージックのディスクジョッキーとしての活動を行う。 90年代からは音楽プロデューサー、作曲家、アレンジャーとして活動の場を広げ、小泉今日子藤井フミヤUAらのプロデュースを手掛ける。 2006年、ディスクジョッキーを廃業。ギター演奏による音楽活動を始める。 2011年にYO-KINGとのユニットAOEQを結成し、同時にソロのシンガー・ソングライターとして現在まで活動中である。

ファッション・カルチャープロデュース業においては、1990年代、それまで培ったパンク、スケートボード、ヒップホップのストリートカルチャーをハイファッション・芸術と融合させたスタイルが人気を博し、NIGO高橋盾らと共に裏原宿系ブームのカリスマとして、ストリート雑誌のグラビアページ常連となる。藤原が鑑賞した映画、音楽、食文化、格闘技の試合までもが注目される程多くのフォロワーを擁し、現在に至るまでストリートカルチャーの牽引者として、また世界中のファッション関係者からも「キング・オブ・ストリート」と称される。 リーバイスナイキニューバランスレッドウィングロレックスなど藤原が雑誌で紹介したモデルは次々とヒット。 さらにデザイン集団「Fragment Design」の主催としてナイキリーバイスステューシーバートン、ヘッドポーター、グットイナフなど多様なファッションブランドとコラボレーション商品でヒットを飛ばし、発売日は常に長蛇の列を作る。 2008年村上隆との共同アートコレクション展「Hi&Lo」を開催。 2011年スターバックスコーヒー表参道B-SIDE店全面リニューアルオープンを手掛ける(2019年3月26日閉店)。 2016年には、長年親交のあったルイ・ヴィトンのメンズアーティスティック・ディレクターであるキム・ジョーンズからのラブコールを受け、7月、伊勢丹新宿店メンズ館ルイ・ヴィトンポップアップストアにてFlagment Designとのコラボレーション商品を発売。翌2017年には渋谷区にて期間限定オープン。 2018年6月にはモンクレール とのコラボ商品を発売。 8月には、ソニービル跡地の銀座ソニーパーク地下にてコンビニエンスストアをテーマにしたコンセプトショップ「ザ・コンビニ」を出店。 同月、スターバックス☓Flagment Design☓ファイヤーキングのトリプルコラボレーションとしてマグカップを発売。 また、藤原とポケモンによる共同プロジェクト「THUNDERBOLT PROJECT」を発足。11月に銀座ソニーパークにてポップアップストアを限定オープン。同月にはタグ・ホイヤーとのコラボ商品を発売。

ディスコグラフィ[編集]

タイニー・パンクス#ディスコグラフィーも参照

アルバム[編集]

  • SUBLIMINAL CALM (SUBLIMINAL CALM、1992年)
  • L.M.X (LUV MASTER X、1993年)
  • HIROSHI II HIROSHI VOL.1 (HIROSHI II HIROSHI、1993年)
  • NOTHING MUCH BETTER TO DO (1994年)
  • HIROSHI FUJIWARA IN DUB CONFERENCE (1995年)
  • ユーリサウンドトラック (1996年)
  • BEST (1997年)
  • REMIXES (2001年)
  • MARCHIN' ROUND THE WORLD (ELI+HIROSHI、1999年)
  • DUB RELOAD (ELI+HIROSHI、2000年)
  • MUSIC FOR UNDERCOVER+FLOWERS (2001年)
  • MELLOW WORKS OF HIROSHI FUJIWARA (2003年)
  • SAMETAPE? (2003年)
  • CLASSIC DUB CLASSICS (2005年)
  • LIVE@FIL (藤原ヒロシ+INO hidefumi、2008年)
  • LIVE@HOME (藤原ヒロシと曽我部恵一、2009年)
  • manners (2013年)

シングル[編集]

  • GETTING OVER YOU (1994年)
  • TURN MY BACK (1994年)
  • NATURAL BORN DUB (1995年)
  • I DANCE ALONE (1996年)
  • (SUN IS MELLOW LIKE A)TANGELINE (ELI+HIROSHI、1999年)
  • ARMS OF THE BLACK SKY (ELI+HIROSHI、2000年)
  • TROUBLE WOMAN IN LOVE (ELI+HIROSHI、2001年)
  • LOST CHILD (藤原ヒロシ+大沢伸一feat.クリスタル・ケイ 2001年)
  • LA DOLCE VITA (2001年)
  • SWANLAKE (2005年)
  • Cappuccino feat.Eric Crapton (2006年)
  • この先に (2012年)
  • かすかなしるし (2013年)
  • f.o. (2013年)
  • sophia (2013年)
  • horizon (2013年)

監修[編集]

  • HIROSHI’S KICK BACK(PRIVATE MIX)VOL.1 (2004年)
  • HIROSHI’S KICK BACK(PRIVATE MIX)VOL.2 (2005年)
  • Crue-L Mellow (2007年)

参加作品[編集]

  • コラボレーションアルバム「30th anniversary THE BLUE HEARTS re-mix『re-spect』」(2016年1月27日) - 「青空[1]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

音楽担当[編集]

プロデュース[編集]

著書[編集]

参考文献[編集]

  • 川勝正幸「丘の上のパンク 時代をエディットする男・藤原ヒロシ半生記」(2009年、小学館

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ゆでたまご、THE BLUE HEARTSのコラボアルバムでメンバー描き下ろし” (2015年12月10日). 2015年12月10日閲覧。
  2. ^ 当初は出演予定は一切なかったが、生放送中に山口一郎サカナクション)に呼び出され急遽スタジオに登場し、番組終盤では山口と『グッドバイ』のアコギ弾き語りセッションも披露した。
  3. ^ 1996年の「ユーリ」サウンドトラックに参加。
  4. ^ 同上。

外部リンク[編集]