川勝正幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川勝 正幸(かわかつ まさゆき、1956年11月21日 - 2012年1月31日)は、音楽や映画などサブカルチャーを守備範囲とする日本のライター、編集者。自称「ポップ中毒者」。かつては、「ウディ川勝」「ウッディ川勝」という名義(ウディ・アレンに由来)を使用していた。

略歴[編集]

福岡県福岡市生まれ。福岡県立修猷館高等学校卒業。中央大学法学部法律学科卒業後、1982年に広告代理店「モス・アドバタイジング」にコピーライターとして入社。ワインのPR誌の編集などを担当する。また、勤務のかたわら音楽シーンにもかかわり、加藤賢崇中嶋勇二岸野雄一らのバンド「東京タワーズ」を支援。ケラ等の「ナゴムレコード」の創立を援助。

1985年退社しフリーランスに。1987年に、加藤芳一渡辺祐佐川秀文と事務所「トーテムポール」を結成(のち、有限会社「ドゥ・ザ・モンキー」に発展)。ライター・編集者として活動する一方、ラジオやテレビの番組の構成も担当し、しばしば自らも出演した。

1989年、スチャダラパーを初めてメディアで紹介。

1993年ごろから多数の映画パンフレットの編集を行うようになる。CDのライナーノーツも多数執筆。

また、永瀧達治サエキけんぞうらと、セルジュ・ゲンズブールを愛する「ゲンスブール委員会」を結成。1995年より「ゲンスブール・ナイト」等のイベントを行う。

2000年、2001年には東京大学教養学部にて非常勤講師を務めた。

2002年に、ライター辛島いづみと「川勝プロダクション」を設立。代表取締役を務める。

2005年には、ライター下井草秀とユニット「文化デリック」を結成。高円寺のレコードショップ「円盤」にて、定期的にトークショウ「文化デリックのPOP寄席」を行っていたが、2008年12月をもって「第1期終了」を宣言。

2012年1月31日、自宅マンションから出火。救出されたがまもなく死亡した[1](満55歳没)。

2012年2月3日、TBSラジオでは、20時からの『菊地成孔の粋な夜電波』で「川勝正幸さん追悼特集」[2][3][4]、22時からの『ニュース探究ラジオ Dig』で「サブカル界の巨星墜つ!川勝正幸ってどんな人?~とにかくパーティーを続けよう!!~」(金曜パーソナリティ:大根仁江藤愛 ゲスト:菊地成孔(オープニングのみ)、辛島いづみ、宮沢章夫、BOSE、ANI、SHINCO(スチャダラパー)、堀雅人、吉田豪、五箇公貴(テレビ東京)、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(「大根仁の言い逃げ番長」のみ)、町山智浩(電話出演))[5]と、連続して追悼番組が放送された。

2012年3月4日・11日・18日、NHK-FM放送で『サウンドクリエイターズファイル ~川勝正幸トリビュート~』を放送(4日・DJ:横山剣クレイジーケンバンド)コメントゲスト:カヒミ・カリィ細野晴臣女王蜂。11日・DJ:スチャダラパー コメントゲスト:小山田圭吾安斎肇信藤三雄ほか。18日・DJ:谷中敦、川上つよし(東京スカパラダイスオーケストラ) コメントゲスト:清水ミチコ高橋幸宏緒川たまきほか)[6]

著書[編集]

  • 『流行の素』 押切伸一・川勝正幸、JICC出版局、1990.10
  • 『VIBE RHYME』近田春夫著、川勝正幸編、アイ・セクション、1994.10

(2012.2.1『VIBE RHYME』複製webサイトとして、公開される。)

  • 『ポップ中毒者の手記 約10年分』 大栄出版、1996.12 のち河出文庫 
  • 『ポップ中毒者の手記2 その後の約5年分』 DAI-X出版、2001.10 のち河出文庫
  • 『ビデオ・ショップ午前2時』 川勝正幸編著、河出書房新社、2003.5
  • 『勝新図鑑 絵になる男・勝新太郎のすべて』 川勝正幸編著、ピエ・ブックス、2003.11
  • 『CKBD Crazy Ken Band dicitionary』 クレイジーケンバンド・川勝正幸・下井草秀、ソニー・マガジンズ、2004.7
  • 『ポップ・カルチャー年鑑2006』 川勝正幸・下井草秀編著、DAI-X出版、2006.2
  • 『パビリオン山椒魚annex』 黒田光一写真、冨永昌敬菊地成孔・川勝正幸ほか著、河出書房新社、2006.10
  • 『ポップ・カルチャー年鑑2007』 川勝正幸・下井草秀編著、DAI-X出版、2007.2
  • 『21世紀のポップ中毒者』 白夜書房、2008.8 のち河出文庫
  • 『丘の上のパンク 時代をエディットする男、藤原ヒロシ半生記』 川勝正幸著、藤原ヒロシ監修、小学館、2009.2
  • 『ポップの現場から 川勝正幸 in TV Bros. 1987‐2012』東京ニュース通信社 2013.2
  • 『ポップ中毒者最後の旅: 2008-2012』河出書房新社 2014.9

インタビュー[編集]

  • 『東京の編集』(菅付雅信・ピエブックス、2007年12月)「川勝正幸インタビュー」
  • 『サブカル・スーパースター鬱伝』(吉田豪・徳間書店 、2012年7月)「川勝正幸 キャリアが一段落すると悩みに入る」(初出クイック・ジャパンvol.86(2009.10)掲載)[7]

出演[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]