グッドバイ/ユリイカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グッドバイ/ユリイカ
サカナクションシングル
A面 グッドバイ
B面 ユリイカ
リリース
規格 マキシシングル
録音 2014年
ジャンル インディー・ロック
レーベル ビクターエンタテインメント
作詞・作曲 山口一郎
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン)
サカナクション シングル 年表
ミュージック
2013年
グッドバイ/ユリイカ
(2014年)
さよならはエモーション/蓮の花
(2014年)
テンプレートを表示

グッドバイ/ユリイカ」は、サカナクションの9枚目のシングル2014年1月15日ビクターエンタテインメントから発売された。

概要[編集]

前作から約1年振りとなるシングルバンド初の両A面シングルである。

今作は初回限定盤と通常盤の2形態で販売し、初回限定盤はブックレット仕様の特殊パッケージに限定DVDがセットになっている。

2015年には、 NHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」のために、「グッドバイ」をRemixし制作した楽曲「グッドバイ(NEXT WORLD REMIX)」をテーマソングとして提供した。

2013年12月26日TOKYO FMの『SCHOOL OF LOCK!』にて「ユリイカ」が初めてフルサイズでオンエアされた。2014年1月9日に同番組にて「グッドバイ」が初めてフルサイズでオンエアされた。同年1月17日放送のテレビ朝日系の音楽番組ミュージックステーション』に出演し、「グッドバイ」を披露した。

収録曲[編集]

  1. グッドバイ
    • 2014年1月15日(シングル発売日)にミュージック・ビデオが公開された。 監督はショウダユキヒロで、サカナクションの作品を手がけるのは初めてとなる。バンドの演奏シーンとともに「グッドバイ」をテーマにした男女の切ない物語が描かれる[1]
    • 当初、東進ハイスクールの「全国統一高校生テスト」「全国統一中学生テスト」TVCM用に作った『さよならはエモーション』と、『ユリイカ』の両A面で発表される予定だった[2]。山口は東進ハイスクールのTVCM曲にグッドバイを推したが東進側に断られた。
    • 山口はインタビューで、過去2回ほど、この「グッドバイ」と「目が明く藍色」を作った時に解散しようと思ったという。それほどこの2曲は大きなものであり、そこから次の曲をつくるには、よほどのモチベーションがないと取り組めなかったと述べている[3]
  2. ユリイカ
  3. 映画(AOKI takamasa Remix)
    • 6枚目のアルバム『sakanaction』の10番目の楽曲のリミックス版。

脚注[編集]

  1. ^ サカナクション、男女の物語を紡ぐ「グッドバイ」PV完成 - ナタリー
  2. ^ 『ロッキング・オン・ジャパン』2014年2月号、p92-97
  3. ^ 『ロッキング・オン・ジャパン』2014年12月号、サカナクション、ニューシングル「さよならはエモーション/蓮の花」で取り戻した表現衝動を山口一郎が赤裸々に語る、p114-121
  4. ^ サカナクション、前衛的な「ユリイカ」PV公開 - ナタリー