ソニービル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソニービル
ソニービル
情報
設計者 芦原義信建築設計研究所[1]
施工 大成建設[1]
建築主 ソニー
構造形式 SRC造
敷地面積 707.27 m² [1]
建築面積 686.39 m² [1]建蔽率97%)
延床面積 8,811.64 m² [1]
階数 地上8階・地下5階・塔屋3階[1]
着工 1964年6月6日[1]
竣工 1966年4月15日[1]
解体 2017年 - 2018年 (予定)
所在地 104-0061
東京都中央区銀座5-3-1[1]
座標 北緯35度40分19.5秒
東経139度45分47.4秒
座標: 北緯35度40分19.5秒 東経139度45分47.4秒
テンプレートを表示

ソニービルは、東京都中央区銀座にあるビル。外堀通り晴海通りの交わる数寄屋橋交差点に面している。2009年1月1日時点の公示地価は、山野楽器銀座本店千代田区丸の内ビルディングに次ぐ、第三位であった。

概要[編集]

正式名称は「ソニービル」である。ソニーが自社のショールームとして建築し、1966年4月29日にオープンした。建築家は芦原義信、建設会社は大成建設。(出典は、それぞれの項目を参照)

モダニズム建築の重要建築物の一つであり、2003年にDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれている。ビル平面は田の字状に四分割され、各フロアがらせん状につながるスキップフロア形式で構成されている。

オープン当時は、外壁にはめ込まれた2300個のブラウン管を用いた電光文字表示、1Fのパネルヒーティング、日本一速いエレベーターなどで話題を呼んだ。[2]

ソニーグループの製品(特にソニーソニー・コンピュータエンタテインメント)がフロアごとに分かれて陳列されており、その製品を実際にデモ操作するだけでなく、その場で購入することもできる。

その他には、1Fの英国調パブであるパブ・カーディナルと地下3階のマキシム・ド・パリ(2015年6月30日閉店)はオープン当時からのテナントであり、レストランカフェPLAZA(旧ソニープラザ)[3]などのショップがそれぞれの時代で交代しながら営業している。

過去には、PlayStationおよびPlayStation 2の両プラットフォームで発売されたほぼ全てのゲームのディスクを保有し、誰でも無料でプレイすることができるテストプレイのフロアがあり、好評を博していた(現在は廃止されている)。

また、トヨタ自動車のショールームとして、池袋アムラックスを設置するまでトヨタ車が展示してあった。トヨタが撤退した後はBMWジャパンが新車を展示したこともあり、日本たばこ産業が自社製品のショールームを設けていたこともあった。

2007年3月7日に完成した最上階のホール「OPUS[4]では、最新のソニー製プロジェクターや音響機器技術のデモンストレーションを無料で体感できる。1〜4階のショールームのような具体的な民生機器のデモはなく、2008年2月現在、常設の「スーパーハイビジョンプロジェクタ」が稼動している。

ソニー創業70周年・ソニービル開業50年目にあたる2016年より7年掛かりで展開される「銀座ソニーパークプロジェクト」[5][6]により、2017年3月31日をもって営業終了ののち解体されることが発表された。跡地は、2018年から2020年まで「銀座ソニーパーク」と称するフラットな空間となりイベントスペースなどとして開放された後、2020年秋以降新ビルの建設が開始、2022年秋に新ソニービルの営業が再開される予定である。このソニービル解体に合わせ、現在入居しているソニーショールームとソニーストアは2016年9月開業の銀座プレイスの4〜6階に移転することになっている。なお、新ソニービル完成後も銀座プレイスでショールームとソニーストアを継続するかについては未定としている[7]

なお、ソニーに関係する建築物や施設としては、ソニーシティ(ソニー本社ビル)やメディアージュも有名である。

メロディステップ[編集]

開業時より1階と地下1階を繋ぐ階段には、踏むと光と音が出る仕掛けが施されていた。下からド・レ・ミ・ファと長調で3オクターブ(22段)の音が出るため、通称「ドレミ階段」等と呼ばれていたが、2006年7月に公募により「メロディステップ」が正式名称となった。[8]メロディステップ側の銘板には「色々な仕掛けが隠れているので、お楽しみください。」とあり、ステップの踏み方によって隠しコマンドが起動する。現在「最上段(又は最下段)を連続30回踏むとアルペジオモードに移行する」などが知られている。設置より半世紀近く経った現在、このアイデアは世界中に伝播して好評を博している[9]

エリア放送[編集]

2011年(平成23年)4月に「ホワイトスペース特区」に認定 [10] されて実験試験局による実証実験を開始。 2013年(平成25年)3月に地上一般放送局の免許取得 [11] 、2015年(平成27年)3月までワンセグエリア放送を実施していた [12]

免許人 局名 識別信号 物理チャンネル 周波数 空中線電力 ERP 業務区域
ソニー株式会社 ソニー銀座エリア放送 JOXZ3AX-AREA 46ch 671.142857MHz 1.53mW 1.37mW 銀座5丁目 ソニービル周辺

関連項目[編集]

  • Sony Aquarium(ソニーアクアリウム:ソニー水族館)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i ヒストリー/建築”. ソニービル. 2015年4月3日閲覧。
  2. ^ ヒストリー/建築 ソニービル 2016年6月13日閲覧
  3. ^ 現在はソニーの資本を離れている(運営会社は「プラザスタイル」)。
  4. ^ 以前はイベントスペース「SO・MI・DO(ソ・ミ・ド)」で、当時は各種イベントの他、1993年3月まではテレビ神奈川(tvk)の音楽情報生番組「ファンキートマト」(月曜夜)の生放送も行われていた(ソ・ミ・ド内に副調整設備が常設されており、スタジオとしての使用も可能であった)。
  5. ^ 「銀座ソニーパークプロジェクト」始動 (プレスリリース, Sony, 2016年6月13日) 2016年6月13日閲覧
  6. ^ GINZA SONY PARK PROJECT|ソニービル ソニービル 2016年6月14日閲覧
  7. ^ ソニービル閉鎖後のソニーストアが移転する「GINZA PLACE」お披露目,AV Watch,2016年6月16日
  8. ^ 「音と光を奏でる階段」ネーミング 決定のお知らせ 2006年7月31日[1]
  9. ^ ストックホルム[2]ミラノ[3]メルボルン[4]イスタンブール[5]など
  10. ^ 「ホワイトスペース特区」対象者 (PDF) 「ホワイトスペース特区」の決定 別添(総務省報道資料 平成23年4月8日)
  11. ^ 免許取得状況 エリア放送開発委員会
  12. ^ エリア放送 ソニービル(Internet Archive 2015年6月19日収集)

外部リンク[編集]