鈴木明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鈴木 明(すずき あきら、1925年10月28日 - 2003年7月22日)は、日本ノンフィクション作家・フリージャーナリスト。本名は今井 明夫[1]

略歴[編集]

東京都出身[2]立教大学文学部を卒業。『週刊タイムズ』記者を経て東京放送(TBS)に勤務して編成の仕事をした他、同社が発行していた『調査情報』誌の編集長を務めた[1][3]。TBS在職中に執筆した『「南京大虐殺」のまぼろし』が1973年に第4回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞[2]。文庫版と合わせて20万部が売れた[4]。のちにTBSを退社してフリーの作家となる。

2003年7月22日、虚血性心不全により東京都目黒区の病院で死去[2][5]。77歳没[2]

『「南京大虐殺」のまぼろし』[編集]

鈴木はこの著書の中で、日本軍の暴行に関する報告や記事などをまとめた『WHAT WAR MEANS』(戦争とは何か)を編集したハロルド・J・ティンパーリ中国国民党顧問の秘密宣伝員であったと結論付けた。

一方、南京大虐殺については結論を出しておらず、まぼろしとは、実態の解明が今となっては難しく、まぼろしをはっきりさせるようなものだという意味で使っており、「もし請われて、僕がどうしても「南京事件」について記述しなければならないとしたら」「中国側に、軍民合わせて数万人の犠牲者が出たと推定されるが、その伝えられ方が当初からあまりに政治的であったため、真実が埋もれ、今日に至るもまだ、事件の真相は誰にも知らされていない……」と締めくくっている。

当作品への評価[編集]

百人斬り」についても言及しており、当時の大宅壮一ノンフィクション賞の選考委員全員が「百人斬り競争」は真実でなかったと受けとめて、作品を絶賛した[6]

平野謙は1973年3月、「私はその克明な追跡ぶりに感嘆し、たとえば、南京虐殺事件の責任者の一人として処刑された向井少尉の無実などについては、一読者として肯定せざるを得なかったまでである」と評価するコメントをしたが[7]、洞富雄が『南京大虐殺 ― 「まぼろし」化工作批判』で同書を批判すると、同年7月、「今度洞富雄の綿密な論文を読むに及んで(中略)一方的に鈴木明の筆力に感心したのは、いささか軽率だったかな[8]」とのコメントもしている。また小田実は、「本多勝一さんが書いた“南京大虐殺”についての記事には、“百人斬り”をした将校のことがでていた。しかし、その百人斬りというような事件は、真実には、それ自体はたしかになかったものにちがいない。鈴木は、それが捏造された記事だということをあかして行くのですが、そこまではいい。ただ、その本を見ていて感じるのは、部分部分のデータを集積して、全体をひとつの方向にもって行くということだな。それがもっともはっきりと出ているのは本の題名で、『「南京大虐殺」のまぼろし』-これはむちゃくちゃな題だと思う。“百人斬りの幻”ということはいってもよい。それをいつのまにかすりかえて、『「南京大虐殺」のまぼろし』としているわけ。これは非常に巧妙なやり方だという気がする。百人斬りがなかったことを、南京虐殺がなかったことにすりかえようとする。そういう意図が感じられるね」とコメントしている[9]

百人斬り自体についても、鈴木明がインタビューした石美瑜中国語版(南京で事件を裁いたときの裁判長。生まれは福州市閩侯県。南京で裁判を担当した当時は37才。1949年から台湾在住)は訛りの強い北京語で話し、鈴木の通訳が話を理解できなかったとする。録音テープも北京に20年いた中国語の先生に聞いてもらったところ上海訛りが強いとして理解できず、結局上海生まれの在日華僑に録音を訳してもらったとする。しかし、ジャーナリストの和多田進によれば、1973年の本の出版後に和多田が石美瑜にインタビューしてみると台湾生まれの通訳(ネイティブ言語は記載なし)と会話に何の不自由もなかったとし、さらに石美瑜の話によれば、鈴木は取材目的も告げずに、石美瑜によれば(石自身も詳しいことは忘れたとしながらも)向井か野田の息子かその友人と称して、いわば身元を偽って会っていたとして非難している[10](ただし、鈴木の著書では、「向井少尉のゆかりの者である」という説明をすると石美瑜がペラペラと話し始めた、話が通訳にも分からないからと言って止められなかった、なぜならそう言えば話が進まなくなるから、という風に書かれている[11]。)。和多田はこれではインタビューが成立しないはずとして、非難している[12]。また、鈴木の書いた内容を見ても、石裁判官が南京事件と聞いて顔を一瞬こわばらせたとしながら彼が死刑判決を出したはずの向井ゆかりの者と聞くと途端にまるで喜んだかリラックスしたかのように描写され、さらに(かつての裁判での判決書では良縁を得る為との向井の説明に呆れ、非難していたはずが)向井を誉めそやす[11]等、不自然な点が多い。なお、和多田によれば、百人斬りについて石美瑜は、野田と向井は百人斬りをしていたがこれは戦争としての(正当な行為の)範囲を超えると判断した。また、2人はブランデーを賭けていたと語った[10]とする。

南京大虐殺はなかった、捏造であったとする否定派の主張は、同書に論拠している人が多いともいわれているが、鈴木自身は『「南京大虐殺」まぼろし』について論じたもので、「南京大虐殺まぼろしだった」と主張はしていない。「南京大虐殺」の真実については不明と述べている[13]

虐殺の存在派の笠原十九司は2002年刊行の『南京事件と日本人』で鈴木を「否定派の中心メンバーである」として批判をおこなっていたが[14]、2007年刊行の『南京事件論争史』では「加害問題としての南京事件を日本軍人(「百人斬り」裁判)の被害の話にすり替え」「日中国交樹立に前後して、日本の侵略・加害の歴史を明らかにするようになった動向に反感を抱かせようとした」ことが「同書の真の狙い」と主張した。一方、南京事件の記述については、同書を引き「南京事件の事実を全面否定するものではなかった」と従前の見解を改め、その上で「のちに「まぼろし説」として南京大虐殺の事実を否定する本として持て囃されるようになる」と解説した[15]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 鈴木明 コトバンク(デジタル版 日本人名大辞典+Plus)
  2. ^ a b c d “鈴木明氏死去 ノンフィクション作家”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年7月26日). http://www.47news.jp/CN/200307/CN2003072601000436.html 2012年11月23日閲覧。 
  3. ^ 沢木耕太郎「巻頭コラム ポーカーフェース 挽歌、ひとつ」『小説新潮』2011年5月号、p.14
  4. ^ 五野井博明「『ノンフィクションの時代』の“貧しき現実”を徹底検証!」『噂の真相』1987年4月号、p.66
  5. ^ 毎日新聞』2003年7月27日付
  6. ^ 「百人斬り訴訟」裁判記録集 ISBN 978-4-88656-309-5
  7. ^ 『毎日新聞』1973年3月23日夕刊所載「昭和文学論」
  8. ^ 毎日新聞1973年7月24日付夕刊4面
  9. ^ 『群像』1973年8月号
  10. ^ a b 『南京事件を考える』(株)大月書店、1987年8月20日、194-197頁。 
  11. ^ a b 『「南京大虐殺」のまぼろし』(株)文芸春秋、1973年3月10日、104-106頁。 
  12. ^ 和多田進 著、藤原彰、本多勝一、洞富雄 編 『南京事件を考える』大月書店、1987年8月20日、194-195頁。 
  13. ^ 諸君!2001年2月号
  14. ^ 笠原十九司『南京事件と日本人』 P163
  15. ^ 笠原十九司『南京事件論争史』 p112

関連項目[編集]