高山族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高砂族から転送)
移動先: 案内検索
高山族
Rukai chief.jpg
総人口
494107人(2008年)
居住地域
言語
台湾諸語
宗教
カトリシズム仏教道教

高山族(こうざんぞく・カオシャンぞく)は広義には、台湾原住民の総称、狭義には台湾原住民のうち漢化(漢人化、漢文化化)しなかった部族の総称。漢化が進んだものは平埔族と呼ばれる。

中華民国(台湾)の高山族[編集]

台湾原住民のうち、山地や東海岸や離島に居住し、漢人への同化が進まなかった民族を指す総称だが、現在はほとんど用いられない。人口は約50万人。清朝時代には「生番」、日本統治時代初期には「生蕃」と呼称されていたが(「番」も「蕃」も中華文明世界の外の意、漢人への同化が進んでいたものは「熟番(蕃)」と呼称された)、日本統治時代中期である1935年昭和10年)6月4日台湾総督府が公布した「戸口調査規定」において、先住少数民族に対する差別的呼称「生蕃」と「熟蕃」を「高砂族」と「平埔族」に改正した。この改称は、秩父宮雍仁親王の要請によると言われている。

また高山族には首狩りの習慣があり、漢人や日本人にも首狩り族と恐れられた。

中華人民共和国(中国大陸)の高山族[編集]

中国に移住した高山族は、ショオ族満州族回族等に次ぐ福建省の主要な少数民族として中国政府に公認されている。

取り上げた作品[編集]

※発表順

映画

関連項目[編集]