矢野博丈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

矢野 博丈(やの ひろたけ、1943年4月19日2024年2月12日[1])は、日本の実業家。本名「栗原五郎」[出典 1]。「矢野」は妻ので「博丈」は姓名判断による改名[出典 2]

100円ショップの草分けである大創産業100円SHOPダイソー)の創業者[出典 3]広島県東広島市出身[15]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

父親は医師で、戦時中中国の病院に勤めており[出典 4]北京市で生まれる[出典 5]。8人兄弟の5男。戦後、父親の郷里である広島県賀茂郡久芳村(現・東広島市)に引き揚げ[出典 6]中学校から広島市に転居した[17]。父親は広島で医院を開業していたが貧困であり、自身は中央大学の二部に進学したが、貧しさのためたいへん苦労したという[5]。兄妹も医師になった医者一家で育つ[18]

広島市立国泰寺中学校を経て[17]旧制広島一中の伝統を継ぐ広島県立広島国泰寺高等学校に進学[出典 7]。田舎言葉を級友たちに笑われ、陰湿な嫌がらせを受けたため、町のボクシング道場へ通い、不良たちに取り囲まれてもパンチ一つで次々と打ちのめす腕力を身につけた[17]。高校在学中はボクシングに熱中[10]1964年東京オリンピックバンタム級の強化選手にも選ばれた[出典 8]。自身は一[17]、中央大学の二部に進学し[18]1967年3月、中央大学理工学部二部土木工学科卒業[7]工学士。将来はボクシングで飯を食おうという気もあったが、後にオリンピックで金メダリストになる強い先輩が大学にいて、レベル・才能の差を感じて挫折[20]

学生結婚後、9度の転職[編集]

学生結婚を機に現姓名に改姓改名。「クリハラ」より2音でシンプルな「ヤノ」のほうが覚えてもらいやすいし、親しみやすいと考えた[出典 9]。自ら「転職9回、夜逃げ同然1回、火事1回」という波乱の人生を話す[12]。大学卒業後は3つの選択肢があった[22]。大学の先生の知り合いの会社への就職、従兄弟が経営していたくず屋の手伝い、尾道市の妻の実家のハマチ養殖業の3つで[22]、結局、ハマチ養殖業を継いだが、何の知識もなく[20]、3年で倒産[出典 10]、兄から借りた700万の借金(2024年の貨幣価値では約1億円)を踏み倒して、妻子を連れ東京へ夜逃げ[出典 11][注釈 1]。夫婦でトラック家財道具を積み込み、流れ着いたのが学生時代を過ごした東京[18]。高校時代の友人が百科事典の販売で儲けていると聞き[出典 12]、百科事典のセールスマンとなる[出典 13]。しかし口下手で一冊も売れず[出典 14]。もしも成績がよかったら広島辺りの営業所の所長になっていたかもしれないと話す[18]。それでお客と話をしないでいい商売を探し、ちり紙交換に転職[出典 15]。ちり紙交換は当時、高額収入の仕事で、ある程度成功する[20]。しかしアメリカから古紙を輸入するようになってちり紙交換という商売が一気に無くなる[20]。広島に戻り、兄のお抱え運転手、義兄の経営するボウリング場など計9回の転職を重ねる[出典 16]

移動販売の興味を持ち、広島で創業[編集]

1970年代の始め、たまたま豊田郡川尻町(現呉市)で大阪の業者が移動販売しているところに出くわし興味を持った[出典 17]。当時これは「サーキット商売」と呼ばれ[26]、まだ物流機能が整っていない時代で各地を移動しながら日用雑貨を売る商売には需要があった[28]。この商いには徒弟制度があり、親方弟子入りし[26]、商品の仕入れや売り方を見よう見まねで覚え[28]1972年3月、28歳のとき、広島市で雑貨トラックで移動販売する「矢野商店」を夫婦で創業[出典 18]。広島の自宅兼倉庫でトラック1台から夫婦の二人三脚で商売をスタートする[出典 19]移動販売とはいわゆる「バッタ屋」と呼ばれる販売手法で、倒産した企業や資金繰りが苦しくなった企業の在庫品を格安価格で買い取り、安値で売る商売である[注釈 2]神社農協、個人商店の店先[30]公民館前の空き地などでビールケースに渡したベニヤ板ブルーシートの上に商品を入れたかごを陳列、補充し、レジ代わりに釘などを入れる工具箱を金庫にして会計[30]。夜になったらブルーシートを掛けて帰る露天商のようなビジネス[出典 20]。あらかじめ前日に、出店するエリア一帯にある各家庭を一軒ずつ回り、チラシ郵便ポストに投函。翌日に店を開き、集まってきた客にタワシやほうき、ざる、鍋、日用雑貨などの生活必需品を売る。販売する期間は長くて1週間。短い時は1~2日間だけ。各地の会場を移動しながらこれを続ける[出典 21]。当時「100円ショップ」という概念はなかったものの、100など均一価格での商売は既にあった。値段を元々100円以外も付けていたが、忙しくてラベラーが間に合わず、100円均一にしたという[出典 22]

100均誕生の瞬間[編集]

今日ではすっかり街の風景として定着した感のある100円ショップ。大成功した画期的なビジネスモデル誕生は綿密に計算して生み出されたものではなく、まったくの偶然[出典 23]。1972年に矢野商店を創業したばかりの頃、いつものように露店での移動販売に出かけようとしていたが、雲ゆきが怪しくなり、雨が降ってきそうになった。雨ならば露店での商売はできないため「今日は、やめだ」と思っていたら、予想に反して晴れてきた。それでトラックに商品を積み、現地に到着したら、既に何人ものお客さんが待ち構えていた。チラシをまいて宣伝していたためで「早くして!」と急かされ、あわてて荷物を降ろし、開店準備を始めた。すると待ちきれないお客さんが勝手に段ボールを開け、商品を手にして聞いてくる。「これ、なんぼう?」。急いで伝票を探すが、商品数があまりにも多く、なかなか見つからない。その時、思わず口をついて出たのが、その後の矢野の運命を決定づける一言になった。「100円でええ!」。それを聞いたほかの客も、次々に「これ、なんぼなん?」「これ、なんぼ?」と聞いてくる。確認が間に合わなくなり、追い詰められた矢野が口にしたのが「もう全部100円でええ!」。その瞬間から客の目の色が変わり、商品が売れに売れた。「100円均一」にこれほどまでの引力があったというのは矢野にとっても大きな発見だった。以降、商品はすべて100円になり、そこから大創産業の100円均一の歴史が始まった[出典 24]

銀行経営コンサルタントからも「こんな商売は長つづきしない。やめときなさい」と忠告された[17]。矢野自身も「そうじゃ」と思ったが、めしが食えるだけで感謝と商売を続ける[17]。売れ筋に絞って商品を仕入れ、店頭の品種数も倉庫の在庫量も減らして効率よく販売するという小売業の常道にも、あえて背を向ける[17]。創業当初から資金繰りには苦労し、潰れかけたこともあった。「安い商品でもうからないのに、多く出店するのはおかしい。ダイソーはつぶれる」という、うわさが流れたこともある。銀行の支店長から問い合わせがあり、メーカーから現金払いを求められた[34]1970年代オイルショックなどで仲間は次々辞めたが[22]、運も実力も無い自分には続ける以外に道はないと辞めなかった[22]1977年、「大きな会社を創りたい、せめて社名だけでも立派なものに」と、のれん分けの形で「大創産業」として法人[出典 25]。従業員を雇い、トラックも増やしたが、当時は典型的な3K労働だった[17]。創業当初の100円ショップは「安物売り」とみられて社会的な評価が低く、ダイソーには大学卒の新入社員は入ってきてくれなかった[35]。売れる場所の奪い合いが同業者との間で激しくなり、トラックの駐車場の確保にも困るようになった[17]スーパーの軒先での商売が一番売れるため[20]、矢野は、意を決して、広島を地盤とするスーパー「イズミ」の本社を訪ね、店頭販売をさせてほしいと直談判した[17]。それが実現し、1日で100万円を売るようになる[17]。なんとか商売が軌道に乗りかけた時、広島の自宅兼商品倉庫が放火に遭い丸焼けし[23]、辞めようかと考えたこともあったが[26]、兄弟が支援してくれ、商売を再開する[出典 26]。1980年、全国展開を見据え、東京を皮切りに各地に営業所を設立した[30]

スーパー店内での事業拡大[編集]

東京の「イトーヨーカ堂北千住店」で商売をした際、店長に挨拶に行ったら「そんなモン売れるワケないだろ、荷物を持って帰れ!」と怒鳴られた[18]。当時はそのような商売が成り立つとは考えられていなかったが[18]、結局この北千住店で1日130万を売り上げ、イトーヨーカ堂本社にまで噂が届いたという[18]。自身のお店がウケた理由について「ワシはしゃべれんけん、いっぱい商品を置くことで商品にしゃべってもらおう、と考えたんですわ。店中に商品が溢れていたら客に話しかけなくても、勝手に客が商品を探して動いてくれます。しゃべれん自分が話しかけて売り込む必要もないし、お客さんも喜んでくれるし、都合がいいんですわ」などと述べている[18]。移動販売時代から矢野がトラックに積み込む商品は、他業者の二倍から三倍多かった[18]

その後、ニチイ(現イオン)やダイエーユニーなどの全国的チェーンストアでも店頭販売で次々と実績を挙げ[20]大手小売りチェーン経営者の間で、ダイソーと矢野博丈の名が知られていく[17]。こうして各地のスーパーの売り場や催事場でも商売ができるようになった[36]。この頃のエピソードとして、スーパーの売り場を借りて商品を並べる時、手伝ってくれたスーパーの店員が「これ100円じゃないでしょ?」と何度説明しても聞いてきたというものがある[20]。まもなく大きな転機が訪れた。この頃大創産業はダイエーに6割の商品を卸していた。ところが、あるとき中内㓛オーナーが「催事場が汚くなるから、ダイエーグループは100円均一の催事は中止する」と言ったという。そこで矢野はどうしたら会社が潰れなくて済むかと考えた結果、ダイエーの客が流れるところに100円ショップを作った[37]。これが常設店舗による今日の形態の100円ショップの始まりである。

四国高松を皮切りに全国展開、バブル崩壊後に急成長[編集]

1987年、本社を広島市の自宅から現在地の東広島市に移転[38]。「100円SHOPダイソー」の展開に着手し[出典 27]1991年最初の直営店を香川県高松市に出店[出典 28]チェーン展開を本格化させた[出典 29]。健全だった会社や業界トップにあった会社の傾いていく様を嫌と言うほど見てきたため「会社とは潰れるもの」という考えを持って経営に当たる[13]。慢心を嫌い、手を抜くことを戒めてきた[13]。100円ショップはバブルが弾け、長期不況に突入した1990年代後半から急速に売上げを伸ばした[出典 30]。100円ショップは半ばブームとなり、担ぎ屋に香具師詐欺師まがいも入り乱れ、商売敵も増えた[17]。しかし先行するライバルは100円の粗悪品、ダイソーは「100円の高級品」[出典 31]。この差が消費者の心をつかんだ。量販店で不振の売り場があれば、その代替として先ず候補に上がるようになり[41]、数多くの量販店からの出店要請が相次いだ[41]。1994年の300店舗から1998年には1000店舗を突破[28]。月に68店舗を出店した時期もある[37]。1999年に年商1000億円突破し[12]。翌2000年に年商2000億円を突破した[12]。また同業他社の参入もあり業界が活性化、店舗網が全国に広がり新しい小売業として認知された[2]。均一価格という会計の明朗さと生活雑貨中心の幅広い品ぞろえが支持を集め、「百均(ひゃっきん)」というデフレ経済を象徴する小売業の新たな業態を築き[出典 32]、日本に100円ショップを根付かせた[出典 33]マスメディアで度々取り上げられたこともあって大創産業も急成長[30]。『日経ビジネス』は矢野を「100円ショップのイノベーター」と評価した[12]。また直木賞作家経済評論家でもある邱永漢が毎月のように本社がある広島へ来て「故郷の台湾でも100円ショップは人気を博するに違いない。ぜひやりたい」と勧めてきたため、2001年台湾桃園市に海外初出店[出典 34]2017年、国内3150店舗、海外1800店舗[21]2023年現在、国内4360店、海外25の国と地域で990店を持つ[9]、業界最大手に成長した[出典 35]。2023年2月期の売上高は5891億円[出典 36]。取り扱い商品は約7万6000アイテムに及ぶ[17]。創業当初「死ぬまでに年商1億に」と願った矢野の夢は[30]、今日ダイソー全店合計で1時間で達成されている[17]

晩年[編集]

矢野はいわゆる経済団体に参加せず、1990年代頃までは新聞・経済誌等、雑誌インタビューもほとんど受けていなかったため、マスメディアにあまり登場せず、人物像は詳しく明かされていなかった。2000年頃から「時代の寵児」などとメディアに取り上げられることも増え[出典 37]、2010年代頃からマスメディアの取材を受け始め、各地で講演や新聞・雑誌インタビュー等も多くなった[出典 38]。母校国泰寺高校の同窓会では「『縮む世紀』とも呼ばれる21世紀、人にどう貢献できるのか、生き残るには企業として善、徳を積むしかなく、そのためには社会貢献をしなければならない。これからの企業の生きる道はそれしかない。」と結論付けている[21]。創業から一貫して本社を広島に置いており、在京の経営者たちから「東京へ出ておいでよ」とよく言われたが、本社を移すと考えたことは一度もなかったという[44]

2024年2月19日、同月12日に心不全で死去したことが分かった。80歳没[1]。前述の通り、世界展開していることから「1ドルショップのパイオニア」と評されており[9]CNNアメリカ[45]BBCイギリス[46]朝鮮日報韓国[47]などの海外メディアでも訃報が伝えられた[9]

受賞歴[編集]

発言録[編集]

成功した企業の社長とは思えないネガティブな発言を前面に出した独自の経営哲学で知られ、ユニークだとしてネット上などでたびたび話題となっていた[出典 39]

自身について
  • 「自分は才能も運もない人間だから、神様が一生懸命働く以外に人生の選択権をくれなかった。それで、ここまでこれたけえ」[18]
  • 「自分は頭は悪いし、顔も悪い。次に生まれ変わるとしても、もう自分には生まれたくない」[48]
  • 「取材でもあまり話さないようにしている」[49]
  • 「私はインターネットも分からないし、時代遅れな人間ですから」[49]
商売について
  • 「仕入れは格闘技だ」[10]
  • 「お客様はよう分からん」[49]
  • 「6年ぐらい前まで「ダイソーはつぶれる」という確信を持っていました」[出典 40]
  • 「やってきたことがいいか悪いかは、ダイソーが潰れる時にならんとわかりません」[50]
  • 「朝礼は年3回。創業から25年間会議ゼロ、目標、予算、ノルマを立てたことがない。経営計画もない。行き当たりばったり」[51]
  • 「見よう見真似で成功したのはホームセンター、コンビニまで。100円ショップで成功したのも単なる偶然なんじゃけ。偶然はそう何回も起きるもんじゃない」[51]
  • 「人間には将来を見通す力なんてないから、ウチには経営計画も戦略も何もありません。予算やノルマもないし、朝礼さえウチはやってない」[18]
  • 「会社が潰れたら自殺しようと思っていましたから。30代の頃は会社が潰れたら、秋田か北海道のひなびた温泉に妻と子どもを連れて行って、妻が仲居頭で僕が風呂掃除とお客さんの背中を流す係をやろうなんて思っていたんですが、45歳くらいになってくると扱う額が大きくなりすぎて、もう死ぬしかないなと。ゴルフに行っても『あの松の木、首を吊りやすそうだな』って思うほどでした」[27]
  • 「今は潰れても会社再生法がありますが、我々の時代は会社が潰れたら社長は死んで、借金を生命保険で払うしか選択肢がなかったので、当時は僕のような考えが当たり前でした」[27]
  • 「夢は畳の上で死にたいです。どうせ自殺でしょうけど、できれば畳の上で死にたい。それが夢です」[出典 41]
他社について
  • セリアには店でも商品でも負けた」[49]
  • 「この前みずほ銀行の頭取とメシを御一緒した時、「これからうちもどうなるかわかりません。御迷惑をかけるかもしれません」と伝えた」[50]
店作りについて
  • 「新しい店舗は社員たちが決めて作り上げました。私にはとても、こんな店作りはできません」[49]
  • 「急成長してきたセリアや、キャンドゥのおかげで「潰れるかもしれない」と思えた。その危機感があったから持ち直すことが出来た」[49]

家族[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただしこの時の借財は、東京でちり紙交換業で成功し、後に完済している[18]
  2. ^ 格安の理由は商品の仕入れは問屋から現金で買い付けるため。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 100円ショップ「ダイソー」大創産業の創業者、矢野博丈さん死去 | 中国新聞デジタル”. 中国新聞デジタル (2024年2月19日). 2024年2月19日閲覧。借金・焼失・・・苦労の先に「世界のダイソー」 矢野博丈さん死去 「いい物を安く」の姿勢しのぶ地元経済人 | 中国新聞デジタル”. 中国新聞デジタル (2024年2月19日). 2024年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月19日閲覧。“「ダイソー」創業者が死去 矢野博丈さん、80歳”. 中国新聞社. (2024年2月19日). オリジナルの2024年2月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20240219095113/https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/427049 2024年2月21日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l “【秘話】100円ショップ「ダイソー」創業者・矢野博丈さん(80)死去 “商い”は“飽きない”の独自哲学…魔法の言葉「ありがとう」”. FNNプライムオンライン. (2024年2月20日). オリジナルの2024年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20240221021709/https://www.fnn.jp/articles/-/660084 2024年2月23日閲覧。 
  3. ^ a b “生きて 大創産業創業者 矢野博丈さん(1943年~) <2> 医者の父 「手に職を」しつけ厳しく”. 中国新聞社. (2022年6月21日). オリジナルの2024年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20240220150236/https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/178232 
  4. ^ a b c d 田辺裕晶 (2023年11月14日). “「100円の男」の哲学 矢野博丈(15)起業考え思い切って改名 「運をつけなくてはいけない」”. 産経新聞. 産業経済新聞社. 2024年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m “【追悼】ダイソー創業者・矢野博丈氏「自分は不運、こんな会社すぐ潰れる」と疑い続けた弱気人生”. ダイヤモンド・オンライン (ダイヤモンド社). (2024年2月20日). オリジナルの2024年2月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20240220002256/https://diamond.jp/articles/-/339132?page=2 2024-02-23日閲覧。 
  6. ^ (訃報)創業者 矢野博丈逝去 のお知らせ”. 大創産業 (2024年2月19日). 2024年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月19日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i ダイソー創業者の矢野博丈氏が死去 100円均一販売を導入、チェーン展開を推進”. 産経新聞. 産業経済新聞社 (2024年2月19日). 2024年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  8. ^ a b c d e 「ダイソー」創業者の矢野博丈さん死去、80歳…トラックの移動販売から業界首位に成長させる”. 読売新聞オンライン. 読売新聞社 (2024年2月19日). 2024年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月19日閲覧。
  9. ^ a b c d 河野光汰 (2024年2月20日). “「1ドルショップのパイオニア」 ダイソー矢野氏死去、海外でも報道”. 朝日新聞. 2024年2月21日閲覧。
  10. ^ a b c d e f 西田直晃 (2024年2月22日). “こちら特報部 「仕入れは格闘技」「100円でも高級品」 ダイソー創業者・矢野博丈氏の死去で考える「百均の功罪」”. 東京新聞. 中日新聞東京本社. 2024年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  11. ^ a b “矢野博丈氏死去 80歳「ダイソー」展開する大創産業の創業者”. 日本放送協会. (2024年2月19日). オリジナルの2024年2月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20240219090416/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240219/k10014363821000.html 2024年2月19日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f g 広野彩子 (2009年6月11日). “【時代のリーダー】矢野 博丈・大創産業社長 100円ショップのイノベーター 溢れるサービス精神と強固な闘争心 自ら危機感をあおりつつ走り続ける”. 日経ビジネス. 日経BP. 2014年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  13. ^ a b c d 千田直哉 (2024年2月23日). “「ダイソー」創業者・矢野博丈さんが「会社は潰れるもの」と考えて経営にあたった真意”. ダイヤモンド・チェーンストア・オンライン (ダイヤモンド社). オリジナルの2024年2月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20240222225904/https://diamond-rm.net/management/businessplan/479165/ 2024-02-23日閲覧。 
  14. ^ a b 「怒れる人間」が会社の存亡を決める!? ダイソー創業者・矢野博丈が語る経営の要諦”. 致知出版社 (2023年5月31日). 2023年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  15. ^ a b 田辺裕晶 (2023年10月31日). “「100円の男」の哲学 矢野博丈(14)幼少時の口癖 経営の礎に 「すいません」”. 産経新聞. 産業経済新聞社. 2024年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h 金子智彦 (2024年2月19日). “100円ショップ「ダイソー」創業者の矢野博丈さん死去、80歳”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2024年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月19日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 樽谷哲也 (2023–04–27). “【世界の百均企業・ダイソー】矢野博丈 創業者(ファウンダー)「将来を怖がる力」 が生んだ〝百均〟サクセスストーリー”. 文春新書/note. note. 2024年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 「百折不撓 諦めなかった者たち・矢野博丈」『Business Chance』2009.9 pp.4-6(Internet Archive)
  19. ^ a b “【高校人国記】国泰寺高校(広島市中区) <3> あふれる情熱 経済界で活躍”. 中国新聞社. (2018年12月14日). オリジナルの2024年2月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20240220215559/https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/25945 2024年2月21日閲覧。 
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『100円で僕は良い物を売る。人生に無駄なことは一つもない。【学長対談】 株式会社大創産業創業者 矢野博丈氏×広島大学学長 越智光夫 』 (PDF) 広島大学広報誌HU-plus (vol.10) 2019年度8月号 4/32 pp.2-5
  21. ^ a b c d 「鯉城」第70号 p14。2017年12月15日。鯉城同窓会(広島県立広島国泰寺高等学校同窓会)。
  22. ^ a b c d e f g 【越後ジャーナル】2005年9月「経営講演会:運も実力もなかったおかげ - 100円SHOPダイソー 矢野博文社長講演」(Internet Archive)
  23. ^ a b c d e 安くても高品質!100均の王者が登場 大創産業 代表取締役社長 矢野博丈(やの ひろたけ)(2018年1月18日放送)”. 日経スペシャル カンブリア宮殿. テレビ東京. 2018年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  24. ^ “生きて 大創産業創業者 矢野博丈さん(1943年~) <5> 養殖業 借金膨れ東京へ夜逃げ”. 中国新聞社. (2022年6月21日). オリジナルの2024年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20240220151948/https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/179339 
  25. ^ a b 矢野博丈さん死去 80歳 100円ショップ・ダイソー創業者”. 毎日新聞. 毎日新聞社 (2024年2月19日). 2024年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月19日閲覧。
  26. ^ a b c d e f g 天野豊文 (2019年1月3日). “逆転人生に学ぶ運のつくり方 「ダイソー」創業者 大創産業の矢野博丈会長に聞く”. NIKKEIリスキリング. 日本経済新聞社. 2024年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  27. ^ a b c d e f g h 筒井智子 (2020-10-). “夜逃げ、火事、脳梗塞。ダイソー矢野博丈の人生と成功”. Forbes Japan. リンクタイズ. p. 3. 2024年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  28. ^ a b c d “生きて 大創産業創業者 矢野博丈さん(1943年~) <7> 創業 移動販売「全部100円」”. 中国新聞社. (2022年6月28日). オリジナルの2024年2月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20240220144851/https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/180867 2024年2月21日閲覧。 
  29. ^ 田辺裕晶 (2023年5月23日). “「100円の男」の哲学 矢野博丈(4)「百均」は偶然の産物 「もうけなんて考えなくていい」”. 産経新聞. 産業経済新聞社. 2024年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n HISTORY 大創・大回想
  31. ^ a b c d e 佐々木淳之 (2022年7月8日). “徹底分析 ダイソー大解剖 第6回/全6回 8分で分かるダイソー50年史 デフレの寵児を生んだのは「雨の日」”. 日経クロストレンド. 日経BP社. 2022年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  32. ^ a b 明豊 (2018年3月2日). “「ダイソーはいつか潰れる」ー。新社長は綿密な経営計画を作るのか? どうなる「行き当たりばったり経営」のDNA”. ニュースイッチ. 日刊工業新聞社. 2018年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  33. ^ 世界5,270店舗を展開!日本一の100円ショップとなった「ダイソー」と創業者・矢野博丈氏の半生(後編)”. ストレイナー (2018年10月21日). 2020年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  34. ^ “生きて 大創産業創業者 矢野博丈さん(1943年~) <13> 異色の経営 売り上げは客が決める”. 中国新聞社. (2022-0-06). オリジナルの2022年7月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220706144746/https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/184474 2024年2月21日閲覧。 
  35. ^ 田辺裕晶 (2023年9月12日). “「100円の男」の哲学 矢野博丈(11)海外進出で得た教訓 「失敗するしか成功はない」”. 産経新聞. 産業経済新聞社. 2023年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  36. ^ 田辺裕晶 (2023年12月26日). “「100円の男」の哲学 矢野博丈(18)何事にも先頭に立ってやること 「できるまで言い続ける」”. 産経新聞. 産業経済新聞社. 2023年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  37. ^ a b c 百円の男 ダイソー矢野博丈”. ビックカメラ.com. ビックカメラ. 2024年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  38. ^ “生きて 大創産業創業者 矢野博丈さん(1943年~) <9> 店舗へシフト 倉庫を構え初の直営店”. 中国新聞社. (2022年6月30日). オリジナルの2024年2月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20240220153722/https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/181867 2024年2月21日閲覧。 
  39. ^ “ダイソー、世界5200店の1号店は高松店 本社は東広島市なのに・・・【けいざいトリビア】”. 中国新聞社. (2023年11月2日). オリジナルの2023年11月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20231102114044/https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/380033 2024年2月23日閲覧。 
  40. ^ “生きて 大創産業創業者 矢野博丈さん(1943年~) <11> 急成長 商品量が追い付かない”. 中国新聞社. (2022年7月4日). オリジナルの2022年7月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220706154756/https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/183570 2024年2月21日閲覧。 
  41. ^ a b 疋田文明 (2000年9月6日). “ダイソー「100円ショップ」躍進の秘密に迫る -- その1 まず商品ありき、仕入れは格闘技”. 富士通. 2018年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  42. ^ a b 「ダイソー」創業者の矢野博丈さん死去、80歳…トラックの移動販売から業界首位に成長させる”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2024年2月19日). 2024年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  43. ^ “生きて 大創産業創業者 矢野博丈さん(1943年~) <1> 行き当たりばったり 懸命に生き 結果を待つ”. 中国新聞社. (2022年6月21日). オリジナルの2022年6月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220622002310/https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/177866 
  44. ^ “生きて 大創産業創業者 矢野博丈さん(1943年~) <15> 会長を退任 困っている人を手助け”. 中国新聞社. (2022年7月8日). オリジナルの2022年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220709031527/https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/185323 2024年2月21日閲覧。 
  45. ^ Magramo, Kathleen (2024年2月19日). “Hirotake Yano, Japanese billionaire founder of 100-yen chain Daiso, dies at 80”. CNN Business. 2024年2月21日閲覧。
  46. ^ Peter Hoskins (2024年2月20日). “Daiso: Billionaire founder of Japanese discount store dies”. BBC NEWS. https://www.bbc.com/news/business-68344977 2024年2月21日閲覧。 
  47. ^ チェ・ヘスン (2024年2月20日). “「値札をつけるのが面倒だから100円で売ろう」 ダイソー創業者・矢野博丈さん死去 80歳”. 朝鮮日報. 2024年2月21日閲覧。
  48. ^ a b 「ダイソー創業者・矢野博丈が前言撤回して息子を社長にした理由」:ダイヤモンド・オンライン2018年4月9日
  49. ^ a b c d e f g トレンド・ボックス「潰れる恐怖から店をオシャレにしました」 ザ・ダイソー矢野社長の“進化”ブランド・ジャパン2012 9位の「ダイソー」(Internet Archive) - 日経ビジネスオンライン(2012年4月3日)
  50. ^ a b 早川さや香のプロフェッショナルの唯言 矢野博丈氏(株式会社大創産業 代表取締役) - 宅ふぁいる便(2009年11月9日)
  51. ^ a b 【京増弘志のかわら版】2005年5月「藤野滋インタビュー」(Internet Archive)
  52. ^ 大創産業、創業来初の社長交代 次男の矢野靖二副社長が昇格  :日本経済新聞

出典(リンク)[編集]

参考文献[編集]