2011 FNS歌謡祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FNS歌謡祭 > 2011 FNS歌謡祭
2011 FNS歌謡祭
2011 FNS MUSIC FESTIVAL
Grand Prince Hotel New Takanawa.jpg
会場として使われた
グランドプリンスホテル新高輪「飛天」
ジャンル 音楽番組 / 特別番組
放送時間 水曜日 19:00 - 23:18(258分)
放送期間 2011年12月7日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 板谷栄司
プロデューサー 石田弘EP
きくち伸CP
冨田哲朗、佐々木将、石川綾一、黒木彰一
出演者 草彅剛SMAP
高島彩
ほか
オープニング 「花咲く歌声」(作詞:保冨康午、作曲:廣瀬健次郎
エンディング 同上
外部リンク 2011 FNS歌謡祭
テンプレートを表示

2011 FNS歌謡祭』(2011 エフエヌエスかようさい)は、2011年12月7日フジテレビ系列で19:00 - 23:18(JST)に生放送テレビ大分では12月11日の13:00 - 17:20(JST)に放送)された通算40回目の『FNS歌謡祭』。

概要[編集]

通算40回記念の『FNS歌謡祭』である。前回土曜日での放送となったが、今回は12月の第1土曜日(3日)にワールドカップバレーの中継が入ったことと、水曜19:00枠が『クイズ!ヘキサゴンII』の唐突な打ち切りと3ヶ月間『水曜スペシャル』の調整もあったためか、第38回2009年)以来2年ぶり水曜日の放送。以降も水曜日の放送となっている。

テーマは前回に引き続き「最強のコラボレーション」である。

司会は草彅剛SMAP)・高島彩で、このコンビは後述する特別編2回でも司会を担当している。

視聴率は平均19.9%、2011年民放音楽番組最高視聴率を記録した。瞬間最高が26.0%(21:54・55)だった(いずれも関東地区ビデオリサーチ社調べ)。

なお、フジテレビでは3月に『FNS音楽特別番組 上を向いて歩こう 〜うたでひとつになろう日本〜』、8月に『FNS歌謡祭 うたの夏まつり2011』と『FNS歌謡祭』の特別編を放送している。[1]

第25回1996年) - 第33回2004年)まで司会者として、第34回2005年) - 今回まで進行役として番組に携わった川端は今回を最後に降板となり、加えて第34回から設けられていた進行役が一旦廃止[2]となった。

演歌勢は氷川きよしのみに留められた。

当日のステージ[編集]

披露される楽曲数は81曲となった(2011年12月2日放送分の『僕らの音楽』で先に明言)他、61組のコラボレーション(共演)が実現した。披露楽曲の増加により、過去VTRがほとんどなかった(放送前にチーフプロデューサーのきくち伸が自身のブログでリークしていた)。

KARA少女時代東方神起BoAK-POP勢から4組が出演。その内、KARAが当番組初出演。このことを複数の韓国メディアが報じており、特に少女時代の本番組でのパフォーマンスを「少女時代が完ぺきな舞台でセクシーカリスマ爆発」「少女時代の魅力が日本を熱狂させた」などと伝えている。なお、韓国メディアは『FNS歌謡祭』を読売テレビ制作・日本テレビ系列『ベストヒット歌謡祭』、NHKNHK紅白歌合戦』と並ぶ「日本三大歌謡祭」と言われる大イベントと紹介している(『サーチナ』12月8日付)。

司会の高島彩とこの年10月に入籍した北川悠仁が在籍するゆずも例年通り出演し、高島・北川の夫婦双方出演且つ結婚後の夫婦初共同出演となった。だが、直接共演するシーンはなく、番組の最後に郷ひろみ平井堅が「高島さん、おめでとうございます」とコメントしたり、SMAP中居正広が北川の方を指差していたが、それをスルーする形で番組は終了した。翌8日放送分の『とくダネ!』では小倉智昭がこの場面について触れており、自身の隣りに北川が居たため、「マイクを向けられたら『北川君、おめでとう』と言おうと思ったが、できなかった」と話していた。

第34回2005年)以降、SMAPがトップバッターと大トリを務めることが慣例化していたが、今回は大トリのみを務めて「僕の半分」を披露した。トップバッターはがんばろうニッポン 愛は勝つ シンガーズによる「愛は勝つ」。また、今回、SMAPは5曲を披露したが、全て、番組後半からの出演で披露した。

ジャニーズ事務所からは、SMAP、TOKIOKinKi KidsV6Kis-My-Ft2Sexy Zoneの7組が出演した。また、Kis-My-Ft2、Sexy Zoneは当番組初出演となった。

KARAの「ジェットコースターラブ」披露時、KARAのファンである芦田愛菜が彼女達のダンスに合わせて、一緒に踊る姿が映されたが、芦田を映すカメラの後ろにスタッフと見られる男性がずっと映り込んでいたり、芦田の後ろに居た指示を出す女性スタッフが堂々映ってしまうというハプニングがあった。尚、直接的な共演(コラボレーション)ではないが、2012年3月21日放送の『とんねるずが生放送! 音楽番組全部見せます!! -名曲で元気になろう-』などの後に放送される音楽番組で総集編として取り上げられる際には、“KARA×芦田愛菜”の名義で共演(コラボレーション)扱いされている。

徳永英明×貴乃花光司が「輝きながら…」をコラボレーション披露。貴乃花の出演に関しては、『J-CASTテレビウォッチ』が12月13日付で「伝統ある音楽祭と言っておきながら、ド素人の貴乃花に歌わせ、カラオケ大会の雰囲気を漂わせている」と批判的な意見を掲載した。

SKE48×AKB48の「オキドキ」コラボレーション披露時、カメラ割りがなされず、俯瞰のフィックスだけの映像であった。

嵐×葉加瀬太郎×宮本笑里の「迷宮ラブソング」コラボレーション披露時、音声にトラブルがあった。また、今回を最後に嵐は『FNS歌謡祭』の生出演をしていなかったが、『2014 FNS歌謡祭』に3年ぶりに生出演した。

徳永英明×和田アキ子は2年連続で「あの鐘を鳴らすのはあなた」をコラボレーション披露。和田は前回の披露の際に歌詞間違いをしていたが、今回は間違えなしで歌い切り、披露終了後にガッツポーズをした。舞台袖のインタビューでは「リベンジを果たした」と述べた。

BEGIN、SMAPとコラボレーションで「笑顔のまんま」を披露した明石家さんまは曲前のトークにて、「(お笑いタレントである自身の出演が)場違い」などと自虐ネタにしてコメントしていた。

ゲスト出演は、この年2011 FIFA女子ワールドカップで優勝したサッカー日本女子代表のメンバー澤穂希大野忍近賀ゆかり、当時フジテレビ系列で放送されていた関西テレビ共同テレビ制作ドラマ『HUNTER〜その女たち、賞金稼ぎ〜』の主演・米倉涼子がゲスト出演。

AKB48、SKE48、NMB48等の18歳未満のアーティストは20:00 - 22:00以降は退席(ただし、18歳以上になったアーティストも22:00以降も出演し、「Everyday、カチューシャ」や「あの夏を忘れない」等を披露した)。

出演者[編集]

司会[編集]

進行役[編集]

出演アーティスト[編集]

太文字は当年のNHK第62回NHK紅白歌合戦』にも出場した歌手である。

その他[編集]

小倉智昭

ゲスト[編集]

貴乃花光司米倉涼子大野忍近賀ゆかり澤穂希(女子サッカー日本代表選手)

セットリスト[編集]

順番 アーティスト
1 がんばろうニッポン 愛は勝つ シンガーズ 愛は勝つ (1990/KAN)
2 Kis-My-Ft2 Everybody Go
3 芦田愛菜 ステキな日曜日〜Gyu Gyu グッデイ!〜
4 相川七瀬×中川翔子×miwa 恋心 (1996/相川七瀬)
5 miwa×相川七瀬×中川翔子 441 (miwa)
6 WaT×谷村新司×南こうせつ 僕のキモチ (2005/WaT)
7 Fairies HERO
8 氷川きよし 情熱のマリアッチ
9 岩崎宏美×平原綾香 聖母たちのララバイ (1982/岩崎宏美)
10 德永英明×貴乃花光司 輝きながら… (1987/德永英明)
11 德永英明×ATSUSHI 壊れかけのRadio (1990/德永英明)
12 Sexy Zone Sexy Zone
13 V6 Sexy.Honey.Bunny!
14 SPEED×AKB48 Body & Soul (1996/SPEED)
15 White Love (1997/SPEED)
16 薫と友樹、たまにムック。×AKB48 マル・マル・モリ・モリ! (薫と友樹、たまにムック。)
17 KARA×芦田愛菜 ジェットコースターラブ (KARA)
18 B.B.クィーンズ×石川梨華吉澤ひとみ[3]×AKB48×芦田愛菜×鈴木福 おどるポンポコリン (1990/B.B.クィーンズ)
19 KARA ウィンターマジック
20 SKE48×AKB48 オキドキ (SKE48)
21 松崎しげる×布施明 愛のメモリー (1977/松崎しげる)
22 AKB48 風は吹いている
23 布施明×松崎しげる 君は薔薇より美しい (1979/布施明)
24 JUJU×清塚信也 また明日… (JUJU)
25 清塚信也 ラプソディ・イン・ブルー (1924/ガーシュウィン)
26 平井堅×清塚信也 いとしき日々よ (平井堅)
27 西野カナ×倉木麻衣×BoA 君って… (西野カナ)
28 倉木麻衣×BoA×西野カナ Strong Heart (倉木麻衣)
29 BoA×倉木麻衣×西野カナ メリクリ (2004/BoA)
30 EXILE×郷ひろみ I Wish For You (2010/EXILE)
31 三代目 J Soul Brothers×DOBERMAN INC FIGHTERS (三代目 J Soul Brothers)
32 EXILE×三代目 J Soul Brothers×E-Girls Rising Sun (EXILE)
33 ドリーム モーニング娘。×モーニング娘。 LOVEマシーン (1999/モーニング娘。)
34 恋愛レボリューション21 (2000/モーニング娘。)
35 渡瀬マキ×森高千里 BELIEVE IN LOVE (1991/LINDBERG)
36 矢井田瞳×堂本剛×Le Velvets My Sweet Darlin' (2000/矢井田瞳)
37 森高千里×渡瀬マキ 気分爽快 (1994/森高千里)
38 杏×堂本光一×槇原敬之 どんなときも。 (1991/槇原敬之)
39 薬師丸ひろ子×平井堅 Woman "Wの悲劇"より (1984/薬師丸ひろ子)
40 氷川きよし×ゴスペラーズ きよしのズンドコ節 (2002/氷川きよし)
41 少女時代 MR.TAXI
42 南こうせつ×嵐×松下奈緒 (1974/かぐや姫)
43 吉川晃司×大澤誉志幸 LA VIE EN ROSE (1984/吉川晃司)
44 小林旭×長瀬智也(TOKIO)×武田真治 ダイナマイトが百五十屯 (1958/小林旭)
45 大澤誉志幸×吉川晃司 そして僕は途方に暮れる (1984/大沢誉志幸)
46 小林旭×鈴木雅之 熱き心に (1985/小林旭)
47 平原綾香×宝塚歌劇団 おひさま (平原綾香)
48 鈴木雅之×宝塚歌劇団 恋人 (1983/鈴木雅之)
49 槇原敬之×宝塚歌劇団 林檎の花 (槇原敬之)
50 LOVE PSYCHEDELICO It's You
51 郷ひろみ×コンドルズ 笑顔にカンパイ! (郷ひろみ)
52 東方神起 Why? (Keep Your Head Down)
53 嵐×葉加瀬太郎×宮本笑里 迷宮ラブソング (嵐)
54 葉加瀬太郎 情熱大陸のテーマ
55 KinKi Kids×葉加瀬太郎×宮本笑里 いのちの最後のひとしずく (山下達郎)
56 T.M.Revolution×浅倉大介×劇団朱雀 WHITE BREATH (1997/T.M.Revolution)
57 HOT LIMIT (1998/T.M.Revolution)
58 HIGH PRESSURE (1997/T.M.Revolution)
59 松平健 マツケン・マハラジャ
60 AKB48×SKE48 Everyday、カチューシャ (AKB48)
61 ゆず×谷村新司 夏色 (1998/ゆず)
62 谷村新司×ゆず 冬の稲妻 (1977/アリス)
63 ゆず×谷村新司×瀬木貴将 栄光の架橋 (2004/ゆず)
64 谷村新司×ゆず×瀬木貴将 チャンピオン (1978/アリス)
65 久保田利伸×松下奈緒 流星のサドル (1986/久保田利伸)
66 SMAP×久保田利伸 ダイナマイト (1997/SMAP)
67 久保田利伸×SMAP TIMEシャワーに射たれて… (1986/久保田利伸)
68 SMAP がんばりましょう (1994)
69 和田アキ子×武田真治×押尾コータロー 古い日記 (1974/和田アキ子)
70 和田アキ子×德永英明 あの鐘を鳴らすのはあなた (1972/和田アキ子)
71 TOKIO×吉川晃司 宙船(そらふね) (2006/TOKIO)
72 TOKIO 見上げた流星
73 吉川晃司×AKB48 あの夏を忘れない (吉川晃司)
74 w-inds.×SPEED SUPER LOVER〜I need you tonight〜 (2003/w-inds.)
75 BEGIN×明石家さんま×SMAP 笑顔のまんま (2009/BEGIN)
76 CHEMISTRY×布施明 PIECES OF A DREAM (2001/CHEMISTRY)
77 ゆず×宮本笑里×花井悠希×VOJA Hey和(ゆず)
78 ベン・E・キング×AI×JUJU Stand by me (1961/ベン・E・キング)
79 ゴスペラーズ×東方神起×Le Velvets 永遠に (2000/ゴスペラーズ)
80 福山雅治 家族になろうよ
81 SMAP 僕の半分

スタッフ[編集]

  • 制作:港浩一
  • 音楽:武部聡志
  • 構成:山内浩嗣
  • 美術プロデューサー:宮崎かおる、塩入隆史、楫野淳司
  • デザイン:YUKIE WICKSON(越野幸栄)
  • アシスタントデザイナー:邨山直也
  • 美術進行:鈴木真吾、内山高太郎、西嶋友里
  • 大道具:引馬幹晴、山井勝人、松尾茂毅、篠本匡介
  • アートフレーム:三浦文裕
  • 電飾:斉藤誠二、渡辺信一
  • アクリル装飾:永山淳
  • 特殊装置:樋口真樹
  • 視覚効果:小熊雅樹
  • メイク:久保田裕子
  • 楽器:島津哲也(サンフォニックス)
  • LED:齋藤淳之介(東京チューブ)
  • TD/SW:児玉洋
  • SW:障子川雅則
  • カメラ:米山和孝、小川経一
  • 音声:太田宗孝
  • 映像:梅川修三
  • 照明デザイン:植松晃一
  • 照明:安達浩也(PRGアジア)、奥山大介(FLT)
  • 音響:松田勝治(サンフォニックス)、山本祐介(共立)
  • CA:鈴木俊輔(田中電設)
  • クレーン:明光セレクト、ダブルビジョン、三和プロライト、SIS、レントアクト昭特
  • 音響効果:中田圭三・若月正幸(4-Legs
  • 編集:平原卓治(IMAGICA
  • MA:石川英男(IMAGICA)
  • CG:古畑志展(mosutec)、松本幸也(orb)、渡辺之雄
  • 音楽コーディネート:吉田奈生、長尾綾子
  • 編成:佐藤未郷
  • 広報:加藤麻衣子
  • TK:石原由季、平野美紀子
  • respects:石田弘
  • 送出ディレクター:塩谷亮
  • 編集ディレクター:仮屋隆典、畑川渉
  • アシスタントプロデューサー:福井倫子、加藤万貴
  • 制作プロデューサー:土田芳美、宇賀神裕子
  • フロアディレクター:浜崎綾、大野悟、後藤夏美
  • プロデューサー:冨田哲朗、佐々木将、石川綾一、黒木彰一
  • チーフプロデューサー:きくち伸
  • 演出:板谷栄司
  • 技術協力:八峯テレビ共同テレビジョン、サンフォニックス、共立、日本テックトラス、三穂電機、FLT、PRGアジア
  • 協力:グランドプリンスホテル新高輪、ハーフトーンミュージック、イースト・エンタテインメント
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター/音組
  • 制作著作:フジテレビ

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ また、これとは別にあくまで「本家協力のパロディ」ではあるが、7月の「FNS27時間テレビ (2011年)」の中で「FNS歌へた祭」も放送されている手
  2. ^ 3年後の第43回2014年)より派生番組『FNSうたの夏まつり』で草彅と共に司会を担当している加藤綾子(フジテレビアナウンサー)が起用される形で復活。
  3. ^ ドリーム モーニング娘。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 FNS歌謡祭
前番組 番組名 次番組
2010 FNS歌謡祭
(2010年)
2011 FNS歌謡祭
(2011年)
2012 FNS歌謡祭
(2012年)