2016 FNS歌謡祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FNS歌謡祭 > 2016 FNS歌謡祭
2016 FNS歌謡祭
2016 FNS MUSIC FESTIVAL
Grand Prince Hotel New Takanawa.jpg
「第1夜」の会場となる
番組生放送が行われた
グランドプリンスホテル新高輪「飛天」
(写真は外観)
ジャンル 音楽番組 / 特別番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 浜崎綾(第1夜)
松永健太郎(第2夜)
プロデューサー 三浦淳河本晃典、若林美樹
土田芳美、宇賀神裕子、後藤夏美(制作P)
石田弘EP
板谷栄司CP
出演者 森高千里
渡部建アンジャッシュ
加藤綾子フリーアナウンサー
ほか
音声 ステレオ放送
字幕 リアルタイム字幕放送
外部リンク 2016 FNS歌謡祭
第1夜
放送時間 水曜日 19:00 - 23:18(258分)
放送期間 2016年12月7日(1回)
オープニング 「花咲く歌声」(作詞:保富康午、作曲:広瀬健次郎
エンディング 同上
外部リンク 第1夜|2016 FNS歌謡祭
第2夜
放送時間 水曜日 19:00 - 23:18(258分)
放送期間 2016年12月14日(1回)
オープニング ジングルベル
外部リンク 第2夜|2016 FNS歌謡祭
テンプレートを表示
「第2夜」の会場となる番組の生放送が行われたフジテレビ本社「FCGビル
(写真は外観)

2016 FNS歌謡祭』(2016 エフエヌエスかようさい)は、フジテレビ系列2016年12月7日 19:00 - 23:18(JST)・12月14日 19:00 - 23:18(JST)に生放送された通算45回目の『FNS歌謡祭』である。

概要[編集]

記念すべき第45回記念大会となる[1][2][3][4][5][6][7][8]

年内での解散が決定している『FNS歌謡祭』常連のSMAPについて、今回出演の可能性は低いと複数メディアで伝えられていたが、結局、番組ホームページの出演者リストにも名前も無く(第2夜含め)、こちらも辞退となり出演しなかった。この為、実質、『FNS歌謡祭』は昨年の『2015 FNS歌謡祭』がSMAPとして最後の出演となった[9][10]

昨年に引き続き、今年も当番組では2DAYSとして2回に分けて生放送されることが同年11月18日放送の『Love music』で発表された。但し、本年では番組史上初の2週連続の放送となる。当年3月をもって水曜22時枠のドラマが廃止されたため、今年は2週とも4時間18分(2週合計8時間36分)の大長編となり、第1夜は、例年通りの形式でグランドプリンスホテル新高輪「飛天」より同年12月7日 19:00 - 23:18(JST)に4時間18分生放送され[注 1]、第2夜は、フジテレビ特設スタジオより同年12月14日 19:00 - 23:18(JST)に4時間18分生放送された[注 2]

12月7日(第1夜)は絢爛豪華な音楽ショーとして、日本の音楽界を代表するアーティストたちが一堂に会し、過去の名曲から最新のヒット曲まで幅広く特別なコラボレーションで披露された。第1夜では、「長渕剛 名曲『乾杯』を生熱唱!」「ジャニーズコラボ多数!」「西城秀樹 脳梗塞を乗り越えステージで『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』!!」「松任谷由実 『FNS歌謡祭』初出演!&平井堅と共演!」「薬師丸ひろ子橋本環奈が星泉コラボ!」「大黒摩季が『FNS歌謡祭』初出演!&復活メドレー」「森高千里が19年ぶりにテレビでドラム演奏を披露!!」「映画『君の名は。』大ヒット記念! 新海誠監督コーナー」「鬼束ちひろが『FNS歌謡祭』初出演で『月光』熱唱!」「永六輔トリビュートコーナー」「久保田利伸が『LA・LA・LA LOVE SONG』を豪華コラボレーション!」といったスペシャル企画を含めた11個のみどころが設けられていた。

12月14日(第2夜)はクリスマスに聴きたい名曲をコラボレーションでお届けするクリスマスソングメドレーや複数の女性アイドルグループによるスペシャル企画などが行われた。第2夜では、「きゃりーぱみゅぱみゅ5周年最強メドレー!」「サムライギタリストMIYAVIとあのマドンナも認めたAyaBambiの日本代表コラボレーション!」「家入レオ百田夏菜子ももいろクローバーZ)・鈴木愛理℃-ute)リアル同級生コラボ!」「11組116名! アイドル大集結コラボメドレー!」「BOØWY好きによるBOØWYリスペクト企画!」「広瀬香美ウィンターメドレー!」「FNS歌謡祭スペシャルクリスマスメドレー!」「KinKi Kids 20周年! 堂本ブラザーズバンドの演奏による超豪華スペシャルメドレー!」「ピコ太郎! FNSスペシャル Xmas Ver.披露!」といったスペシャル企画を含めた9個のみどころが設けられていた。

今年はFNS歌謡祭シリーズの派生番組となる『FNSうたの春まつり』が3月28日、『FNSうたの夏まつり』が7月18日と、どちらも月曜日に放送されたが、当番組は例年通りで水曜日に放送された。

12月7日(第1夜)の平均視聴率は12.6%で、また、瞬間最高視聴率は20:27(JST)、華原朋美西島隆弘AAA)の共演で「I'm proud」を披露しているシーンで、15.7%だった(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[11]

12月14日(第2夜)の平均視聴率は11.6%で、第1夜の12.6%を下回り、歴代平均視聴率の最低記録を更新することになってしまった。但し、瞬間最高視聴率は21:25(JST)、星野源が「」の“恋ダンス”を披露しているシーンの16.8%で、こちらは第1夜を上回った(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[12]

当日のステージ[編集]

第1夜[編集]

トップバッターでは、当番組では藤澤ノリマサが初めて担当して「歓喜の歌」を披露した。大トリでは、こちらも当番組では長渕剛が初めて担当して「乾杯」を披露した。尚、どちらのアーティストも当番組初出演となる。

第1夜のステージの最多出演者は山本彩藤原さくらであり、それぞれ5曲に参加していた。

番組前半には、2度の脳梗塞を乗り越え、当番組の出演が1990年以来の26年ぶりとなる西城秀樹が「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」を披露した。尚、曲披露前には療養中のリハビリ風景や歌う意気込みなどをまとめたVTRが紹介された[13]。また、同年に急逝した永六輔の追悼企画として、永が作詞を手掛けた名曲「黄昏のビギン」「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」の2曲を出演アーティストのカバー・コラボレーションで披露された。さらに、藤原さくら、chay、山本彩のギター女子3人が「Soup」「それでしあわせ」「雪恋」のそれぞれの持ち曲である3曲をコラボレーションのメドレーで披露した。

番組中盤には、子宮疾患不妊治療のため歌手活動を休止し、同年8月に6年ぶりに歌手活動を再開し当番組は初出演となる大黒摩季が大黒をリスペクトする女性アーティストとのコラボレーションで3曲のメドレーを披露した[14]

番組後半には、森高千里が約19年ぶりのドラムの演奏で、℃-uteとの共演で「二人は恋人」、単体で「SNOW AGAIN」の2曲を披露した[15]

第1夜では、ジャニーズ事務所からはTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞Kis-My-Ft2の7組が出演した。尚、NEWSは2008年以来となる8年ぶりの「飛天」の出演[注 3] であり、V6は2013年以来となる3年ぶりの「飛天」の出演だった[注 4]

出演アーティストは全67組で、全65曲中36曲がコラボレーション(共演)で披露された。

第2夜[編集]

トップバッターでは、KinKi Kids×Hey! Say! JUMP×Sexy Zone×A.B.C-Z×ジャニーズWESTのコラボレーションによる「シンデレラ・クリスマス」をクリスマスソングメドレーの最初の曲として披露した。大トリでは、堂本ブラザーズバンドによるKinKi Kids20周年メドレーの最後の曲として「全部だきしめて」が披露した。尚、KinKi Kidsはトップバッターと大トリのどちらも務めた。

第2夜のステージの最多出演者はももいろクローバーZ百田夏菜子であり、9曲に参加していた。

番組序盤には、ジャニーズ事務所所属のアーティストを中心に、さまざまなアーティストとコラボレーションでクリスマスソングメドレーをオープニング前に披露された。また、デビュー25周年を迎えた広瀬香美が自身のヒット曲のメドレーを、その曲が発売された年に生まれた女性アーティストとそれぞれコラボレーションで披露された(下記の詳細参照)。

番組前半には、前年行われて大好評だったスペシャル企画である、AKB48グループ(AKB48/SKE48/NMB48)、坂道46グループ(乃木坂46/欅坂46)、スターダストグループ(ももいろクローバーZ/私立恵比寿中学)、ハロー!プロジェクトグループ(モーニング娘。'16/℃-ute)が一堂に会して共演し、それぞれの女性アイドルグループの垣根を超えて日本を代表する9組[注 5] 116名の女性アイドルグループによるアイドル・オールスターで送る「アイドルシャッフルコラボメドレー」が今回も目玉となるスペシャル企画として行われた。9曲のメドレーで披露された。但し、今年は前年と異なる点として、コラボの組み合わせと楽曲を変えたり、各グループのメンバーをシャッフルしたコラボレーションで披露された[16]。また、ピコ太郎が「PPAP (ペンパイナッポーアッポーペン)」を当番組限定スペシャルコラボレーションとして、上記の9組の女性アイドルグループの一部メンバーによる100名とコラボレーションして、「FNS ピコっとクリスマスver.」で披露した[17]

番組後半には、今年生誕35周年を迎えたBOØWYのトリビュート企画が行われた。パフォーマンスには、元BOØWYのドラムスJETSETBOYS高橋まことを中心に、BOØWYをリスペクトする氣志團綾小路翔ボーカル)、T.M.Revolution西川貴教(ボーカル)、BREAKERZDAIGO(ボーカル)、GLAYHISASHIギター)、山本耕史(ギター)、L'Arc〜en〜CielTETSUYAベース)による一夜限りのスペシャルバンドでBOØWYの名曲メドレーが披露された[18]。また、きゃりーぱみゅぱみゅがデビュー5周年を記念して、自身のヒット曲の5曲のメドレーをプロジェクションマッピングを使ったライブバージョンで披露した。

番組終盤には、KinKi Kidsデビュー20周年と『堂本兄弟』生誕15周年を記念して、KinKi Kidsの3曲のメドレーを堂本ブラザーズバンドによる演奏で披露された。

また、2011年以来の5年ぶりに「FNS歌謡祭 歴代名曲集」と題して、過去の『FNS歌謡祭』の映像から各アーティストの初出演シーンをCM前に流した。

第2夜では、ジャニーズ事務所からはKinKi Kids、Hey! Say! JUMPSexy ZoneA.B.C-ZジャニーズWESTの5組が出演した。

出演アーティストは全63組で、全90曲中38曲がコラボレーション(共演)で披露された。

全体(第1夜・第2夜)[編集]

今年は、AyaBambi[Alexandros]井上苑子EXILE THE SECOND[注 6]大黒摩季鬼束ちひろ上白石萌音KREVASHINee水曜日のカンパネラDAIGO[注 7]高橋まことTETSUYADream Ami[注 8]AAA[注 9]長渕剛新妻聖子橋本環奈back number林部智史ピコ太郎HISASHI[注 10]藤澤ノリマサ藤原さくらふわふわ松任谷由実三浦大知Ms.OOJA山本耕史山本彩[注 11]Little Glee Monsterの30組のアーティストが『FNS歌謡祭』に初出演した。

第1夜・第2夜のどちらにも出演したアーティストはAIAKB48KinKi Kids℃-ute久保田利伸Crystal Kay欅坂46T.M.Revolution乃木坂46水樹奈々ももいろクローバーZLittle Glee Monsterの12組。

第1夜・第2夜合わせて、出演アーティストは110組・披露された楽曲は155曲・披露されたコラボレーション(共演)は74共演となった。

吉川晃司久保田利伸は、2011年以来の5年ぶりの『FNS歌謡祭』の出演となった。また、SHINeeの出演に伴い、2011年以来の5年ぶりにK-POPグループが『FNS歌謡祭』に出演した。

卒業を発表しているAKB48島崎遥香[注 12]小嶋陽菜[注 13]NMB48薮下柊[注 14]乃木坂46橋本奈々未[注 15][注 16]2017年6月にグループ解散を発表している℃-ute2017年2月8日に急逝した私立恵比寿中学松野莉奈[19] にとって最後の『FNS歌謡祭』の出演となった。

出演者[編集]

司会[編集]

進行[編集]

出演アーティスト[編集]

第1夜[編集]

太文字は当年のNHK『第67回NHK紅白歌合戦』に出場。

※五十音順

第2夜[編集]

太文字は当年のNHK『第67回NHK紅白歌合戦』に出場。

※五十音順

堂本ブラザーズバンド:KinKi Kids/高見沢俊彦/西川貴教/槇原敬之/高橋みなみ/DAIGO/吉田建/浅倉大介/堂島孝平/小田原豊

ゲスト[編集]

第1夜[編集]

第2夜[編集]

  • つんく♂ - ℃-uteのパフォーマンス前にVTR出演。

ナレーション[編集]

  • 高橋みなみ - 第2夜「アイドルシャッフルコラボメドレー」のナレーターを担当。

セットリスト[編集]

第1夜[編集]

順番 アーティスト 楽曲
1 藤澤ノリマサ 歓喜の歌
2 氣志團×AKB48×HKT48 喧嘩上等 (2014/氣志團)
3 ザ・カンレキーズ あの時君は若かった (1968/ザ・スパイダース)
4 郷ひろみ×Nissy×金子ペア よろしく哀愁 (1974/郷ひろみ)
5 林部智史×ウエンツ瑛士×生田絵梨花(乃木坂46) あいたい (林部智史)
6 欅坂46 二人セゾン
7 杏里×尾崎亜美×渡辺麻友柏木由紀(AKB48) オリビアを聴きながら (1978/杏里)
8 miwa×松下奈緒[注 18] 結 -ゆい- (miwa)
9 さだまさし×水樹奈々 黄昏のビギン (1959/水原弘)
10 ゆず×宮本笑里 見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜 (2006/ゆず)
11 西城秀樹 YOUNG MAN (Y.M.C.A.) (1979)
12 ウルフルズ 笑えれば (2002)
13 AI×Little Glee Monster みんながみんな英雄 (AI)
14 HKT48 最高かよ
15 和田アキ子×夏木マリ×ももいろクローバーZ×高見沢俊彦(THE ALFEE) 笑って許して (1970/和田アキ子)
16 乃木坂46 サヨナラの意味
17 藤原さくら×chay×山本彩 Soup (藤原さくら)
18 chay×山本彩×藤原さくら それでしあわせ (chay)
19 山本彩×chay×藤原さくら 雪恋 (山本彩)
20 加藤登紀子×加藤ミリヤ×宮本笑里 難破船 (1984/加藤登紀子)
21 長瀬智也(TOKIO)×ゆず 宙船(そらふね) (2006/TOKIO)
22 絢香 I believe 2016ver. (絢香)
23 薬師丸ひろ子×橋本環奈 セーラー服と機関銃 (1981/薬師丸ひろ子)
24 華原朋美×Nissy I'm proud (1996/華原朋美)
25 松任谷由実 Smile for me
26 NEWS weeeek (2007)
27 恋を知らない君へ
28 夏木マリ×T.M.Revolution×Nissy×Little Glee Monster 紅のプロローグ (and ROSEs)
29 原田知世×欅坂46 時をかける少女 (1983/原田知世)
30 森山良子×JUJU×新妻聖子×miwa×藤原さくら この広い野原いっぱい (1967/森山良子)
31 平井堅 魔法って言っていいかな?
32 大黒摩季×華原朋美×新妻聖子 熱くなれ (1996/大黒摩季)
33 大黒摩季×水樹奈々×chay あなただけ見つめてる (1993/大黒摩季)
34 大黒摩季×華原朋美×水樹奈々×新妻聖子×chay ら・ら・ら (1995/大黒摩季)
35 Kis-My-Ft2×ナオト・インティライミ AAO (2015/Kis-My-Ft2)
36 Kis-My-Ft2 Gravity
37 嵐×松下奈緒×宮本笑里 ふるさと (2010/嵐)
38 秦基博×miwa×藤原さくら Rain (1988/大江千里)
39 上白石萌音 なんでもないや (RADWIMPS)
40 森高千里×℃-ute 二人は恋人 (1995/森高千里)
41 森高千里 SNOW AGAIN (1997)
42 関ジャニ∞ NOROSHI
43 キング オブ 男![注 19] (2014)
44 秦基博×森山直太朗 70億のピース (秦基博)
45 谷村新司×Little Glee Monster ジョニーの子守唄 (1978/アリス)
46 EXILE THE SECOND YEAH!! YEAH!! YEAH!!
47 松任谷由実×平井堅 ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ (1983/原田知世)
48 久保田利伸×AI×Crystal Kay×加藤ミリヤ×清水翔太 LA・LA・LA LOVE SONG (1996/久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL)
49 鈴木雅之×NESMITHSHOKICHI(EXILE THE SECOND)
×今市隆二登坂広臣(三代目 J Soul Brothers)
恋人 (1993/鈴木雅之)
50 鈴木雅之×JUJU ロンリー・チャップリン (1987/鈴木聖美 with Rats&Star)
51 復活LOVE
52 Power of the Paradise
53 V6×秦基博 Beautiful World (V6)
54 V6 Daring (2003)
55 TOKIO 愛! wanna be with you...
56 KinKi Kids 薔薇と太陽
57 AKB48 ハイテンション
58 三代目 J Soul Brothers Welcome to TOKYO
59 森山直太朗 生きとし生ける物へ (2004)
60 JUJU×バーレスク東京 believe believe (JUJU)
61 鬼束ちひろ 月光 (2000)
62 ナオト・インティライミ×miwa×末延麻裕子 Overflows 〜言葉にできなくて〜 (ナオト・インティライミ)
63 薬師丸ひろ子 戦士の休息 (1978/町田義人)
64 GACKT×T.M.Revolution 12月のLove song (2001/Gackt)
65 長渕剛 乾杯 (1980)

第2夜[編集]

順番 アーティスト 楽曲
1 KinKi Kids×Hey! Say! JUMP×Sexy Zone×A.B.C-Z×ジャニーズWEST シンデレラ・クリスマス (1998/KinKi Kids)
2 Hey! Say! JUMP サンタが街にやってくる (1934)
3 A.B.C-Z×ふわふわ あわてんぼうのサンタクロース
4 Sexy Zone×Crystal Kay×水樹奈々×西内まりや All I Want For Christmas Is You (1994/マライア・キャリー)
5 ジャニーズWEST×綾小路翔×DAIGO 赤鼻のトナカイ (1949/ジーン・オートリー&ザ・ピナフォア)
6 KinKi Kids×Hey! Say! JUMP×Sexy Zone×A.B.C-Z×ジャニーズWEST
×ふわふわ×Crystal Kay×水樹奈々×西内まりや×綾小路翔×DAIGO
×Ms.OOJA×クリス・ハート×Little Glee Monster×大原櫻子
We Wish You a Merry Christmas (1983)
7 広瀬香美×NMB48 ロマンスの神様[注 20] (1993/広瀬香美)
8 広瀬香美×Happiness DEAR...again[注 21] (1996/広瀬香美)
9 広瀬香美×ももいろクローバーZ ゲレンデがとけるほど恋したい[注 22] (1995/広瀬香美)
10 ゴスペラーズ×平手友梨奈(欅坂46) ミモザ (2004/ゴスペラーズ)
11 DAIGO KSK
12 西野カナ Dear Bride
13 Crystal Kay×Ms.OOJA×AAA[注 23]×森保まどか 白い恋人達 (2001/桑田佳祐)
14 GENERATIONS Last Christmas (1984/ワム!)
15 E-girls Merry × Merry Xmas★ (2015)
16 Go! Go! Let's Go!
17 モーニング娘。'16 泡沫サタデーナイト!
18 Sexy Zone 勝利の日まで
19 FNS歌謡祭選抜[注 24][注 25][注 26] ヘビーローテーション (2010/AKB48)
20 乃木坂46[注 27]×キューティクル選抜[注 28] おいでシャンプー (2012/乃木坂46)
21 モーニング娘。'16×AKB48[注 29] ザ☆ピ〜ス! (2001/モーニング娘。)
22 ももいろクローバーZ×℃-ute ミライボウル (2011/ももいろクローバー)
23 乃木坂46×欅坂46[注 30][注 31] 制服のマネキン (2012/乃木坂46)
24 AKB48[注 32]×ももいろクローバーZ 言い訳Maybe (2009/AKB48)
25 ℃-ute×もてなされたい選抜[注 33] 大きな愛でもてなして (2006/℃-ute)
26 ももいろクローバーZ[注 34]×私立恵比寿中学[注 35]×FNSで走り隊[注 36] 走れ! -Z ver.- (2015/ももいろクローバーZ)
27 FNS歌謡祭 IDOL ALL STAR[注 37][注 38] 桜の花びらたち (2006/AKB48)
28 ポルノグラフィティ サウダージ (2000)
29 LiAR
30 ピコ太郎×アイドル100名[注 39] PPAP (ペンパイナッポーアッポーペン) FNS ピコっとクリスマスver. (ピコ太郎)
31 Flower×家入レオ 恋人がサンタクロース (1980/松任谷由実)
32 BoA×Dream Ami メリクリ (2004/BoA)
33 KREVA×三浦大知 クリスマス・イブRap (2001/KICK THE CAN CREW)
34 AI ハッピークリスマス
35 Little Glee Monster×クリス・ハート ママがサンタにキッスした
36 クリス・ハート×Little Glee Monster 雪のクリスマス
37 back number ハッピーエンド
38 NMB48 僕以外の誰か
39 私立恵比寿中学 まっすぐ
40 西野カナ×ゴスペラーズ Silent Night
41 SHINee Wonderful Christmas Time (1979/ポール・マッカートニー)
42 back number クリスマスソング (2015)
43 aiko もっと
44 キラキラ (2005)
45 桐谷健太 海の声 (2015/浦島太郎[注 40])
46 Hey! Say! JUMP Give Me Love
47 ウィークエンダー (2014)
48 きゃりーぱみゅぱみゅ にんじゃりばんばん (2013)
49 最&高
50 PONPONPON (2011)
51 もんだいガール (2015)
52 ファッションモンスター (2012)
53 星野源 くせのうた (2010)
54
55 西野カナ トリセツ (2015)
56 AAA さよならの前に (2014)
57 家入レオ×百田夏菜子(ももいろクローバーZ)×鈴木愛理(℃-ute) 僕たちの未来 (家入レオ)
58 高橋まこと×T.M.Revolution×DAIGO×HISASHI×山本耕史×TETSUYA Marionette -マリオネット- (1987/BOØWY)
59 高橋まこと×綾小路翔×T.M.Revolution×DAIGO×HISASHI×山本耕史×TETSUYA DREAMIN' (1985/BOØWY)
60 高橋優×井上苑子 明日はきっといい日になる (2015/高橋優)
61 Happiness Ordinary Girls
62 Dream Ami Lovefool -好きだって言って-
63 Flower 他の誰かより悲しい恋をしただけ
64 SKE48 12月のカンガルー (2014)
65 ℃-ute Kiss me 愛してる[注 41] (2011)
66 いきものがかり 風が吹いている (2012)
67 Sweet! Sweet! Music!
68 SHINee Everybody (2013)
69 ももいろクローバーZ ザ・ゴールデン・ヒストリー
70 吉川晃司 BOY'S LIFE (1995)
71 GENERATIONS PIERROT
72 水樹奈々 STAND UP!
73 T.M.Revolution WHITE BREATH (1997)
74 MIYAVI×AyaBambi Fire Bird (MIYAVI)
75 三浦大知×MIYAVI Cry & Fight (三浦大知)
76 大原櫻子×生田絵梨花(乃木坂46)×井上苑子 大好き (大原櫻子)
77 ジャニーズWEST ズンドコ パラダイス (2015)
78 A.B.C-Z Za ABC〜5stars〜 (2012)
79 槇原敬之 理由
80 久保田利伸×AI Soul 2 Soul feat. AI (久保田利伸)
81 西内まりや BELIEVE
82 [Alexandros] ワタリドリ (2015)
83 Swan
84 水曜日のカンパネラ アラジン
85 水曜日のカンパネラ×私立恵比寿中学 桃太郎 (2014/水曜日のカンパネラ)
86 吉川晃司 Over The Rainbow
87 KinKi Kids 道は手ずから夢の花
88 堂本ブラザーズバンド Secret Code (2008/KinKi Kids)
89 Hey! みんな元気かい? (2001/KinKi Kids)
90 全部だきしめて (1998/KinKi Kids)

スタッフ[編集]

第1夜[編集]

  • 構成:山内浩嗣、大野ケイスケ
  • 飛天セットデザイン:YUKIE WICKSON
  • 美術プロデューサー:塩入隆史、楫野淳司
  • スタジオセットデザイン:邨山直也
  • TD/SW:米山和孝
  • カメラ:上田容一郎
  • 音声:鹿又健一
  • 照明デザイン:植松晃一
  • 協力:グランドプリンスホテル新高輪、ハーフトーンミュージック
  • 技術協力:fmt共同テレビジョン、SUNPHONIX、放映サービス、田中電設、ニューテレス共立、SHURE、ブラボーゥ、三穂電機、PRG、KDDI、MTPlanning
  • エグゼクティブ・プロデューサー:石田弘
  • 制作進行:早川和希
  • アシスタントプロデューサー:加藤万貴、湯瀬恵理子、岩田恵
  • フロアディレクター:大野悟、後藤悠樹、樋川優美、正木友美子、松本絵理
  • 編集ディレクター:平田亮輔、黒岩栄治
  • 送出ディレクター:太田秀司、志賀一寿
  • 制作プロデューサー:土田芳美、宇賀神裕子、後藤夏美
  • プロデューサー:若林美樹、三浦淳河本晃典
  • 演出:浜崎綾
  • チーフプロデューサー:板谷栄司
  • 制作著作:フジテレビ

第2夜[編集]

  • 音楽監督:武部聡志
  • 構成:山内浩嗣、大野ケイスケ
  • セットデザイナー:鈴木賢太
  • 美術プロデューサー:三竹寛典
  • TD/SW:米山和孝
  • カメラ:京田航、藤枝直人、片野裕史
  • 音声:菊池道元、吉永哲也、鈴木岳登
  • 照明デザイン:朝倉康之、大野遥平、西野大介
  • 編成:西原恵
  • 宣伝:斎藤千可子
  • 広報:佐藤未郷
  • 協力:ハーフトーンミュージック
  • 美術協力:京花園、野沢園、ファイバーワーク、東京衣装、山田かつらテレフィット
  • 技術協力:fmt、共同テレビジョン、SUNPHONIX、共立、田中電設、ニューテレス、明光セレクト、ヴァンクール、ブラボーゥ、東通、ビーツライツ、PRG、MTPlanning
  • エグゼクティブプロデューサー:石田弘
  • アシスタントプロデューサー:加藤万貴、湯瀬恵理子、岩田恵
  • フロアディレクター:大野悟、後藤悠樹、正木友美子、松本絵理
  • 編集ディレクター:平田亮輔、志賀一寿、黒岩栄治
  • 制作プロデューサー:土田芳美、宇賀神裕子、後藤夏美
  • プロデューサー:若林美樹、三浦淳、河本晃典
  • ディレクター:島田和正、太田秀司、浜崎綾
  • 演出:松永健太郎
  • チーフプロデューサー:板谷栄司
  • 制作著作:フジテレビ

関連番組[編集]

当番組の司会である森高・渡部がMCを務める音楽番組。同年12月2日の放送では「2016 FNS歌謡祭 直前SP」と題して、過去の『FNS歌謡祭』の名シーンや今年の出演アーティストの見どころを含めたコメントが放送された。
  • FNS歌謡祭SP!!
同年11月26日チャンネルΣ(10:25 - 11:45、関東ローカル)で放送された事前番組。過去のFNS歌謡祭名共演集や本年の出演者・企画内容の一部などを発表。またスタジオでは当番組の司会である渡部と宮司愛海(フジテレビアナウンサー)が本年の見所などについてトークした。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ テレビ大分は同年12月10日(土)12:00 - 16:20(JST)に遅れネット。
  2. ^ テレビ大分は同年12月17日(土)1:10 - 5:28(JST、16日〈金〉深夜)に遅れネット。
  3. ^ 2009年2013年は不出演、2014年2015年はフジテレビ本社の出演だった。ただ、メンバーの手越祐也増田貴久テゴマスとして、2012年に出演している。
  4. ^ 2014年2015年はフジテレビ本社の出演だった。
  5. ^ 番組ホームページや番組内では11組と紹介されていたが、前年出演していたチームしゃちほこアンジュルムは今年は不出演のため、正式には9組である。
  6. ^ EXILEとしては過去に出演経験あり。
  7. ^ BREAKERZとしては過去に出演経験あり。
  8. ^ E-girlsDreamとしては過去に出演経験あり。
  9. ^ 西島隆弘は単体では過去に出演経験あり。
  10. ^ GLAYとしては過去に出演経験あり。
  11. ^ NMB48AKB48としては過去に出演経験あり。また、楽曲披露では過去にソロ出演経験はあるが、グループのメンバーとして出演していたため除外。
  12. ^ 同年12月31日でグループから卒業した。
  13. ^ 2017年4月19日でグループから卒業した。
  14. ^ 2017年4月19日でグループから卒業及び芸能界から引退した。
  15. ^ 2017年2月20日でグループから卒業及び芸能界から引退した。
  16. ^ 第1夜のみ出演。
  17. ^ AKB48のメンバーとして出演。
  18. ^ 合唱:東京学芸大学附属小金井中学校 音楽部
  19. ^ 生田斗真が関ジャニ∞に誘われた形で飛び入り参加した。
  20. ^ 同曲の発売年である1993年生まれのNMB48の山本彩とボーカルでコラボレーションした。
  21. ^ 同曲の発売年である1996年生まれのHappinessの藤井夏恋・川本璃とボーカルでコラボレーションした。
  22. ^ 同曲の発売年である1995年生まれのももいろクローバーZの玉井詩織有安杏果とボーカルでコラボレーションした。
  23. ^ 西島隆弘・浦田直也宇野実彩子伊藤千晃
  24. ^ AKB48、SKE48、NMB48、乃木坂46、欅坂46、ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学、モーニング娘。'16、℃-uteのそれぞれのグループの一部メンバーによる番組限定の特別ユニット。
  25. ^ メンバーはAKB48の小嶋陽菜横山由依渡辺麻友、SKE48の松井珠理奈、NMB48の山本彩、乃木坂46の白石麻衣西野七瀬齋藤飛鳥生田絵梨花若月佑美、欅坂46の平手友梨奈、ももいろクローバーZの有安杏果・百田夏菜子佐々木彩夏、私立恵比寿中学の安本彩花廣田あいか、モーニング娘。'16の生田衣梨奈牧野真莉愛、℃-uteの鈴木愛理岡井千聖の20名が参加した。メンバーのうち横山由依、渡辺麻友、山本彩、白石麻衣、西野七瀬、若月佑美、百田夏菜子、廣田あいか、鈴木愛理は前年の「FNS超選抜」に引き続き続投。
  26. ^ AKB48の小嶋陽菜がセンターを務めた。
  27. ^ メンバーからは生駒里奈桜井玲香松村沙友理衛藤美彩星野みなみ高山一実が参加した。
  28. ^ 各グループからメンバーは、℃-uteの矢島舞美、AKB48の入山杏奈加藤玲奈、NMB48の吉田朱里白間美瑠、欅坂46の菅井友香渡辺梨加、私立恵比寿中学の松野莉奈真山りか、ももいろクローバーZの高城れにが参加した。
  29. ^ メンバーからは横山由依・柏木由紀峯岸みなみ高橋朱里小嶋真子込山榛香小栗有以、NMB48の太田夢莉、HKT48の指原莉乃兒玉遥松岡はなが参加した。
  30. ^ 乃木坂46と欅坂46の新メンバーが参加した。乃木坂46は3期生の大園桃子山下美月の2人、欅坂46はアンダーグループであるけやき坂46長濱ねるが1人初参加して、乃木坂46・3期生及び長濱ねる以外のけやき坂46メンバーはゴールデンタイム初出演となった。
  31. ^ 序盤はけやき坂46の長濱ねる、中盤からは原曲同様で乃木坂46の生駒里奈がセンターを務めた。
  32. ^ メンバーからは渡辺麻友・向井地美音、SKE48の松井珠理奈、NMB48の山本彩、HKT48の宮脇咲良が参加した。
  33. ^ 各グループからメンバーは、HKT48の指原莉乃、NMB48の山本彩、AKB48の入山杏奈、乃木坂46の西野七瀬・松村沙友理が参加した。
  34. ^ メンバーからは百田夏菜子・佐々木彩夏・高城れにが歌唱に参加した。
  35. ^ メンバーからは柏木ひなた小林歌穂中山莉子が歌唱に参加した。
  36. ^ 各グループからメンバーは、ももいろクローバーZの玉井詩織、私立恵比寿中学の星名美怜、モーニング娘。'16の生田衣梨奈・石田亜佑美、AKB48の小嶋真子、HKT48の宮脇咲良、乃木坂46の秋元真夏堀未央奈、欅坂46の尾関梨香守屋茜が参加した。尚、生田衣梨奈、宮脇咲良、秋元真夏、尾関梨香は歌唱に回り、玉井詩織、星名美怜、石田亜佑美、小嶋真子、堀未央奈、守屋茜は走者として参加。
  37. ^ AKB48×SKE48×NMB48×乃木坂46×欅坂46×ももいろクローバーZ×私立恵比寿中学×モーニング娘。'16×℃-ute
  38. ^ 同年12月31日をもってグループから卒業したAKB48の島崎遥香と2017年4月19日をもってグループから卒業したAKB48の小嶋陽菜がダブルでセンターを務めた。
  39. ^ AKB48、SKE48、NMB48、乃木坂46、欅坂46、ももいろクローバーZ、私立恵比寿中学、モーニング娘。'16、℃-uteのそれぞれのグループの一部メンバーによる100名。また、ピコ太郎に扮装したメンバーはAKB48の渡辺麻友、SKE48の松井珠理奈、NMB48の山本彩、HKT48の指原莉乃、乃木坂46の白石麻衣、欅坂46の守屋茜、ももいろクローバーZの玉井詩織、私立恵比寿中学の小林歌穂、モーニング娘。'16の工藤遥、℃-uteの矢島舞美が参加した。
  40. ^ auのCM「三太郎シリーズ」における桐谷の配役。
  41. ^ 同曲の披露前には、作詞者・作曲者で℃-uteのプロデューサーであるつんく♂がVTR出演し、翌年6月のグループ解散に伴いパソコンと直筆のメッセージを披露した。

出典[編集]

  1. ^ 110組以上、2週連続!今年のFNS歌謡祭は?,とれたてフジテレビ,2016年11月22日
  2. ^ 松任谷由実の初出演が決定!,とれたてフジテレビ,2016年11月22日
  3. ^ 第3弾出演アーティスト発表!,とれたてフジテレビ,2016年11月29日
  4. ^ ユーミン初登場&BOØWYリスペクト企画も!,とれたてフジテレビ,2016年11月29日
  5. ^ 26年ぶり、西城秀樹の出演が決定!,とれたてフジテレビ,2016年11月30日
  6. ^ 第5弾出演アーティスト発表!,とれたてフジテレビ,2016年12月2日
  7. ^ 長渕剛が『FNS歌謡祭』飛天に初登場!,とれたてフジテレビ,2016年12月5日
  8. ^ 西城秀樹&初登場の長渕剛がヒット曲披露,とれたてフジテレビ,2016年12月5日
  9. ^ フジ決断 SMAPのFNS歌謡祭出演は「無理」,東スポWeb,2016年9月27日
  10. ^ SMAPラストステージ難航…頼みの綱はスマスマ,デイリースポーツ,2016年10月6日
  11. ^ 「FNS歌謡祭」瞬間最高視聴率は華原朋美の復帰後初歌唱,スポニチアネックス,2016年12月8日
  12. ^ 「FNS歌謡祭 第2夜」瞬間最高は星野源の“恋ダンス”16・8%,スポニチアネックス,2016年12月15日
  13. ^ 西城秀樹 ヤングマン“熱唱”の姿に感動の声続々…二度の脳梗塞乗り越え,デイリースポーツ,2016年12月7日
  14. ^ 大黒摩季、6年間の休養中「人のライブ見て悔しくて泣いた」FNS歌謡祭で告白,スポーツ報知,2016年12月7日
  15. ^ 森高千里 19年ぶりドラム演奏唱,デイリースポーツ,2016年12月7日
  16. ^ FNS歌謡祭でAKB、ももクロ、モー娘。らアイドル11組116人が垣根を越えてコラボ,スポーツ報知,2016年12月14日
  17. ^ ピコ太郎、アイドル100人と「PPAPクリスマスバージョン」披露,スポーツ報知,2016年12月14日
  18. ^ 豪華アーティストが「BOOWY」リスペクトした一夜限りのセッション,スポーツ報知,2016年12月14日
  19. ^ エビ中・松野莉奈さん、18歳で急死 7日のコンサートを体調不良で休む,産経デジタル,2017年2月8日

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 FNS歌謡祭
前番組 番組名 次番組
2015 FNS歌謡祭
(2015年)
2016 FNS歌謡祭
(2016年)
-