AyaBambi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AyaBambi
出身地 日本の旗 日本
ジャンル AyaSato style、ヴォーギング
活動期間 2013年-
公式サイト http://www.ayabambi.net
メンバー Aya Sato、Bambi Naka

AyaBambi (アヤバンビ)は、振り付け師ダンサーのAya Sato(アヤ・サトウ)とダンサーのBambi Naka(バンビ・ナカ)の女性2人からなる日本のダンスユニット[1][2][3][4]

概要[編集]

高いダンススキルとエッジーなルックスからなる独特の世界観は国内外の注目を浴び、各国でワークショップを行うなど多くの人を魅了している[1][3]。またダンスシーンからだけでなくアート音楽ファッションシーンからも注目されており、個性的なルックスとファッションセンスを生かしてミュージック・ビデオテレビCM広告雑誌ファッションショーなどに登場し、その活動範囲は多岐に渡る[1][2][5]

2014年に行われたダンスワークショップでの映像がVineFacebookなどのSNSを通じて世界中で話題となり、それ以降、国内外からオファーが相次いで様々な作品に参加するようになる[4][6]。国内ではこれまでに加藤ミリヤBoA椎名林檎の作品にミュージック・ビデオへの出演やツアーのバックダンサー・振り付けなどで参加[7]。特に椎名林檎のバックダンサーとして2014年末の紅白歌合戦に出場したことで国内での知名度を一気に上げた[6]

海外ではイギリスDJ ZincSnakehipsのミュージック・ビデオに出演している。またマドンナについては、彼女の娘ローデス・レオンがYouTubeで2人を発見して母親に勧めたことがきっかけですぐに2015 Brit Awardsでバックダンサーを務めることになり[8]、その後ワールドツアーではダンサーとしてだけではなくいくつかの曲で振り付けも担当して話題を呼んだ[1][9]アレキサンダー・ワンワコールルミネの広告を始め、多くのファッション雑誌にモデルとして登場している[3][10][11]

来歴[編集]

2014年
  • 1月、加藤ミリヤの「神様」のミュージック・ビデオに同性カップルとして出演。
  • 4月、Bambi がTwitterでAya Satoとの婚約を発表[2]
  • 5月、イギリスのDJ Zincの「Show Me」のミュージック・ビデオに実体と鏡像の二人一役で出演。
  • 6月、BoAの「MASAYUME CHASING」のミュージック・ビデオに6人のダンサーの内の2人として出演。
  • 9月、BoAの日本ツアー「BoA LIVE TOUR 2014 〜WHO'S BACK?〜」で他の4人の女性ダンサーと共にバックダンサーを務める[12]
  • 11月-12月、椎名林檎のアリーナ・ツアー「林檎博'14 -年女の逆襲-」のバックダンサーを務め、振り付けも行う[7]
  • 12月11日より放送された椎名林檎がイメージキャラクターを務めるauオリジナルスマートフォン「isai VL」のテレビCMに椎名のバックダンサーとして登場し、振り付けも行う[13]
  • 12月31日、第65回NHK紅白歌合戦に椎名林檎のバックダンサーとして出演、振り付けも行う[2]
2015年
2016年
2017年
  • 3月、BambiがBambi Nakaと改名し八景島シーパラダイスCMにソロで出演。Aya SatoがSXSWに出演し、AyaBambiとしてソロでパフォーマンスを披露。
  • 3月、『装苑』5月号にて吉田ユニとAyaBambiのふたりによるコラボフォトが掲載され、この撮影の様子は4月30日『情熱大陸』で放映された[23][24]
  • 3月、人間の顔面をキャンバスにするフェイスプロジェクションマッピングによるAyaBambiの動画「INORI」がWOW・TOKYO・石川渡辺研究室の共同で作成され発表された[25]
  • 4月、Aya Satoが レオナード・ウォンのミューズとしてファッションショーにソロで出演。
  • 5月、Bambi Nakaが TOKYO DANCE THEATER ゲストダンサーとしてソロで出演。

メンバー[編集]

  • Aya Sato
  • Bambi Naka(旧:Bambi,Bambi Sato)

主な出演[編集]

バックダンサー[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ World of Danceとは、新世代のコレオグラフィーとストリートダンスの技巧にフォーカスした世界最大のアーバン•ダンス•コンペティションで、ダンスの世界で最も権威あるコンペティション。
  2. ^ 本編の公開に先立ち、4月3日から公式サイトおよび動画サイトYouTubeにて、予告編となるショートバージョンの映像が公開された[18]
  3. ^ キャンペーンヴィジュアルには、ほかにアナ・イワーズ(Anna Ewers)、イザベラ・エマック(Isabella Emmack)、モリー・ベア(Molly Bair)らモデル7名とエレクトロ・デュオ「クリスタル・キャッスルズ」のアリス・グラス(Alice Glass)が起用された。
  4. ^ 2015年9月9日にカナダモントリオールからスタートし、翌2016年3月まで世界21ヶ国で76公演が行われる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 「AyaBambi」×「NumeroTOKYO」×「WACOAL」×「FASHION TSUSHIN」コラボレーションムービー全編公開!”. ワコール (2015年4月22日). 2016年1月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e 「AyaBambi」マドンナも認めた同性カップルのダンスユニットとは【LGBT】”. ライフスタイルニュース – ハフィントンポスト (2015年3月2日). 2016年1月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e 注目★世界で大活躍! AyaBambiがマドンナのワールドツアーに参加!”. DANSTREET (2015年9月21日). 2016年1月23日閲覧。
  4. ^ a b “[http://white-screen.jp/?p=55367 ルミネやキリンメッツのCMでも話題!�シンクロ率抜群のダンスで世界を魅了するダンスユニット”AyaBambi”特集!]”. white-screen.jp (2015年5月21日). 2016年1月23日閲覧。
  5. ^ 出演者”. *ASTERISK. 2016年1月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月23日閲覧。
  6. ^ a b “Ayabambi”マドンナが認めた!世界で活躍する話題のダンスユニット”. FINEPLAY (2015年7月28日). 2016年1月23日閲覧。
  7. ^ a b 小千谷サチ (2014年12月18日). “【中毒性あり】椎名林檎ツアーにも出演の『AyaBambi』のキレキレダンスに世界から拍手喝采! 「何度でも見ちゃう」「カッコよすぎ!!」”. ロケットニュース24. 2016年1月23日閲覧。
  8. ^ AyaBambiが語るマドンナとは? あの落下アクシデントについても言及”. Numéro TOKYO (2015年12月4日). 2016年1月25日閲覧。
  9. ^ a b マドンナ、『Rebel Heart』来日記念盤リリース”. MTVジャパン (2016年1月23日). 2016年1月23日閲覧。
  10. ^ a b アレキサンダー ワンがアヤバンビを起用 2015年秋の広告公開”. Fashionsnap.com News (2015年7月15日). 2016年1月27日閲覧。
  11. ^ 椎名林檎のバックダンサーもつとめ注目の「AyaBambi」とルミネのコラボ”. ムビコレ. KITSCN.inc (2015年2月24日). 2017年5月17日閲覧。
  12. ^ BoA、NHKホール2DAYSで新曲「FLY」披露”. 音楽ナタリー (2014年9月7日). 2016年1月23日閲覧。
  13. ^ 椎名林檎、auオリジナルスマートフォン「isai VL」のテレビCMに登場”. RO69 (2014年12月11日). 2016年1月23日閲覧。
  14. ^ AyaSatoがWorld of Dance Awards 2015にノミネート”. Dews (2015年1月29日). 2016年1月23日閲覧。
  15. ^ 椎名林檎のバックダンサーをつとめる「AyaBambi」とルミネがコラボ!”. ムビコレ (2015年2月24日). 2016年1月23日閲覧。
  16. ^ 女性ダンス・ユニットAyaBambiとコラボ、ルミネの特設サイトがオープン”. CDJournal (2015年2月22日). 2016年1月23日閲覧。
  17. ^ キリンメッツCMにでんぱ組、ギターウルフセイジ、TEMPURA KIDZら”. 音楽ナタリー (2015年3月5日). 2016年1月23日閲覧。
  18. ^ 田端あんじ (2015年4月16日). “ランジェリーをモードに! 注目ダンスユニットAyaBambiが「WACOAL」×「Numéro TOKYO」×「ファッション通信」とコラボ&特別ムービーを大公開”. Pouch. 2016年1月23日閲覧。
  19. ^ ワコール、『Numéro TOKYO』『ファッション通信』「AyaBambi」とコラボで新境地拓く”. AdverTimes(アドタイ) (2015年4月7日). 2016年1月23日閲覧。
  20. ^ ワコール新CMはAyaBambi × Numéro TOKYO編集長によるモードなコラボ!”. Leaddy (2015年4月4日). 2016年1月23日閲覧。
  21. ^ パワフルな女性の象徴、マドンナの新曲PVに #AyaBambi が登場”. ガジェット通信 (2015年6月18日). 2016年1月23日閲覧。
  22. ^ フジテレビ「魁!音楽の時間」2015/08/17(月)放送”. TVでた蔵 (2015年8月17日). 2016年1月23日閲覧。
  23. ^ 2017年04月30日放送 吉田ユニ
  24. ^ 放送直前! 倉本美津留が「情熱大陸」を初プロデュース。吉田ユニに迫る:テレビ・ステーション
  25. ^ 最新の「顔面プロジェクションマッピング」パフォーマンス動画にAyaBambiが出演 踊る2人に投影されたCG映像がすごい……!”. ねとらぼ. ITmedia (2017年3月30日). 2017年5月17日閲覧。

外部リンク[編集]