斉藤英夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
斉藤英夫
生誕 1958年5月30日
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 慶應義塾大学卒業
ジャンル J-POP
職業 音楽家
担当楽器 ギター
活動期間 1980年 -
公式サイト [1]

斉藤 英夫(さいとう ひでお、1958年5月30日 - )は、日本のミュージシャンギタリストであり作曲家編曲家として森高千里を始めとした多くのミュージシャンに楽曲の提供を行っている。

プロフィール[編集]

1980年にバンド「YOU」を結成し、その後スタジオミュージシャン音楽プロデューサーという経歴を持つ。1987年森高千里のデビューより、シングル、アルバム含め60曲余りを作編曲、サウンドプロデュースしている。ギタリストとしてもレコーディングに参加した楽曲数は1,000曲以上。日本国内だけにとどまらず1993年には、いち早く韓国で音楽制作活動を始め、日本人コンポーザーとして初めて韓国国内で楽曲を発表した。

テレビ番組『歌スタ!!』(日本テレビ2005年4月4日から2010年3月29日まで放送)では、ウタイビトハンター(審査員)として登場し、司会の東野幸治には「斉藤先生」と呼ばれていた。この番組からボーカリストとして牛島隆太(2010年3月3日「フレンズ-君の記憶のなかの僕-」でデビュー)を発掘し、ストリートライブの際には生ギターで参加している。2010年6月にカシオペアキーボーディスト向谷実中西圭三のユニット『向谷倶楽部』にギタリスト兼プロデュース補佐として参加。翌7月10日に開催された向谷のライブにもレコーディングメンバーとともにゲスト参加した。また、フュージョングループDIMENSIONのリーダー兼ギタリストとして活動する増崎孝司は、プロデビュー前は斉藤のバンドのローディーをしていた。2013年11月に東日本大震災チャリティーソング「VOICE」を制作し配信リリースした。SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を使い世界14ヶ国から23名のパフォーマンスを集めて完成した、異例のコラボレーション曲。

手掛けたアーティスト[編集]

主な楽曲提供アーティストは、

etc.


ギタリストとしてレコーディングに参加した主なアーティストは、

etc.

ディスコグラフィ[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 2010年8月7日時点でのJASRAC楽曲データベース「斉藤英夫」での検索結果及び、本人事務所オフィシャルホームページ SIDEKICK WEBSITE内記述より。

外部リンク[編集]