平山みき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平山 みき
別名 平山 三紀
生誕 (1949-08-22) 1949年8月22日(68歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 日本音楽高等学校 卒業
ジャンル 歌謡曲
職業 シンガー
活動期間 1970年 -
レーベル 日本コロムビア
CBS・ソニー
ビクター音楽産業
Invitation
ポリスター
ワーナーミュージック・ジャパン
Rice Music
事務所 イエローライオン
共同作業者 筒美京平
橋本淳
近田春夫
窪田晴男
久保田麻琴

平山 みき(ひらやま みき、旧芸名平山 三紀1949年8月22日 - )は、東京都大田区出身の歌手である。所属事務所はイエローライオン日本音楽高等学校卒業。実姉はミス・エールフランスコンテストに合格後松竹女優となり、後に歌手として活躍した平山洋子(芸名は園江梨子→園えり子→平山洋子と改名)である[1]

来歴・人物[編集]

1970年(昭和45年)、『ビューティフル・ヨコハマ』でデビューし、その鼻にかかった強烈なハスキーボイスが話題を呼ぶ。翌1971年(昭和46年)、2枚目の当初はB面予定[要出典]であった『真夏の出来事』がオリコン最高位5位と大ヒットする。続く『ノアの箱舟』も10万枚を売り上げるヒットを記録しスター歌手への仲間入りを果たす。1972年(昭和47年)『フレンズ』がヒットし後に多くのアイドルによってカヴァーされた。初期の楽曲は殆どが、作詞家橋本淳作曲家筒美京平コンビによる作品であり、「筒美京平の秘蔵っ子」的な存在と言われた[2]

その後もアルバムでは1981年(昭和56年)に近田春夫プロデュースで『鬼ヶ島』、1987年(昭和62年)には『キャバレー・ガール』、1993年(平成5年)にはサンディー&サンセッツとのコラボレートによる『平山みきのエキゾチカ大魔境』と意欲的な作品を発表し続けた。シングルも1987年に出した『冗談じゃない朝』で再びクローズ・アップされ、2001年(平成12年)には新曲『パーフェクト・サマータイム』をリリースするなど、自らのペースを保ちながら[要出典]現在も音楽活動を続けている。

1977年(昭和52年)にばんばひろふみと結婚したが、2005年(平成17年)に離婚。2006年(平成18年)久々の新アルバム『This is Miki Hirayama』を発表。黄色がラッキーカラーで、近年では必ずといってもいいほど黄色でコーディネートした衣装で歌う。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. ビューティフル・ヨコハマ/さよならのブルース (1970.11.10)
  2. 真夏の出来事/ブン・ブン (1971.05.25)
  3. ノアの箱舟/心のとびらをノックして (1971.10.25)
  4. フレンズ/20才の恋 (1972.03.01)
  5. 希望の旅/いつか何処かで (1972.06.10)
  6. 月曜日は泣かない/潮風の季節 (1972.10.01)
  7. 帰らない恋/思いでの朝 (1973.03.10)
  8. 銀河のはてに/私の場合は (1973.07.10)
  9. 恋のダウン・タウン/他人の噂 (1973.11.01)
  10. 熟れた果実/遊びの味 (1974.06.01)
  11. 愛の戯れ/麦の匂い (1975.02.01)
  12. 真夜中のエンジェル・ベイビー/私に触れないで (1975.08.01)
  13. やさしい都会/あなたの来る店 (1976.10.01)
  14. マンダリンパレス/ピロートーク (1979.04.25)
  15. 絆/パープル (1979.12.21)
  16. サイレン(Siren Girl)/ヨコスカ・マドンナ (1984年)
  17. 冗談じゃない朝(Lonely Girl)/バラの奇跡 (1987.07.22)
  18. ヴァイア・コンディオス/マンダリン パレス (1988.02)
  19. 悪女/メロディー (1990.09.01)
  20. 真夏の出来事~ハウスでいかせていただきます~(1991.10.01)
  21. 春日部慕情/ベサメ・ムーチョ (1992.10.01)
  22. LOVE SONGは いらない/想い出の海 (1994.02.25)
  23. パーフェクト・サマータイム (2001.08.08)
  24. 京おんな feat.Miki(2010.11.24)
  25. ビヨンド(2013.11.20)※タワーレコード限定発売
  26. 真夏の出来事〜ナウ・アンド・ゼン(2016.07.20)

アルバム[編集]

ベストアルバム[編集]

  • ベスト・ヒット・アルバム (1972年12月)
  • ヒット全曲集 (1975年11月1日)
  • ベスト・コレクション (1986年5月21日)
  • オリジナル・ベスト (1987年4月1日)
  • ベスト (1991年6月15日)
  • アンコール!! ヒットグラフティ (1991年6月21日)
  • ベスト・セレクション (1993年9月21日)
  • 筒美京平ウルトラ・ベスト・トラックス (1998年1月21日)
  • GOLDEN J-POP THE BEST (1998年11月21日)
  • DREAM PRICE 1000 真夏の出来事 (2001年10月11日)
  • コロムビア音得盤 (2003年1月1日)
  • GOLDEN☆BEST 平山三紀 筒美京平を歌う アンド・モア (2003年7月16日)
  • ドーナツ盤メモリー (2006年6月28日)
  • エッセンシャル・ベスト (2007年12月19日)
  • ビヨンド〜平山みきオール・タイム・ベスト (2013年11月20日)

カバーされた楽曲[編集]

[編集]

  1. ^ 【1971年9月】真夏の出来事/平山三紀 コンプレックスだった声が最大の武器に”. スポーツニッポン新聞社 (2011年9月5日). 2016年6月17日閲覧。
  2. ^ アルバム『鬼ヶ島』の2008年盤発売元「BRIDGE INC.」公式サイト内「平山みき「鬼ヶ島」(BRIDGE079)

外部リンク[編集]