ミーハー (森高千里のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミーハー
森高千里スタジオ・アルバム
リリース
録音 Warner-Pioneer Studio and Sound City Studio
ジャンル J-POP
時間
レーベル ワーナー・パイオニア
プロデュース 瀬戸由紀男
チャート最高順位
森高千里 アルバム 年表
NEW SEASON
1987年
ミーハー
1988年
ロマンティック
(1988年)
『ミーハー』収録のシングル
テンプレートを表示

ミーハー』は、森高千里の通算2枚目のスタジオ・アルバム。1988年3月25日発売。発売元は、ワーナー・パイオニア

解説[編集]

  • 前作からわずか8カ月を経て発売されたセカンド・アルバム。シングル「オーバーヒート・ナイト」「GET SMILE」、そして森高が初めて自ら作詞をしたタイトルチューン「ミーハー」を収録。森高はデビュー当時、テレビ番組やライブなど人前で歌うのが苦手でレコーディングも苦痛でしょうがなかったと『月刊カドカワ』などのインタビューで語っているが、このアルバム制作時からレコーディングスタッフなどに作業の質問をしたり、自分から積極的に制作に関わるようになって歌は下手だけど歌うことが好きになってきたとも同誌で語っている。
  • 森高が作詞を担当したタイトル曲は本作発売から1ヵ月後の4月25日に『ザ・ミーハー (スペシャル・ミーハー・ミックス)』としてリミックスされて、タイトルチューンの曲をカップリングで収録して4枚目のシングルとして発売された。
  • 偶然ではあるが、収録曲のうち「NIGHT」とつく曲が4曲も収録されている(「オーバーヒート・ナイト」「YOKOHAMA ONE NIGHT」「47HARD NIGHT」「KISS THE NIGHT」)

収録曲[編集]

  1. オーバーヒート・ナイト(Album Version)
    • 作詞:伊秩弘将、作曲・編曲:斉藤英夫
    • セカンドシングル。CDジャケットに表示は無いが、シングル盤ではフェードアウトだったアウトロがカットアウトになっている。アナログ盤とカセットテープのジャケットとインナースリーブには(Album Version)と表記されている。プロモーション非売品でラジオ局、有線放送などの業界用に配布された12インチアナログ盤の (EXTENDED MIX)も存在するが、2019年11月3日のレコードの日に発表から32年後に初の市販化が決まって完全限定生産発売される。
  2. YOKOHAMA ONE NIGHT
    • 作詞:伊秩弘将、作曲・編曲:斉藤英夫
  3. GOOD-BYE SEASON(Album Version)
    • CDジャケットに表示は無いが、シングル盤(「GET SMILE」カップリング)とはアレンジが異なる。アナログ盤とカセットテープのジャケットとインナースリーブには(Album Version)と表記されている。
    • 作詞:久和カノン、作曲・編曲:山本拓巳
  4. CAN'T SAY GOOD-BYE
    • 作詞:伊秩弘将、作曲・編曲:斉藤英夫
  5. PI-A-NO
    • 作詞:久和カノン、作曲・編曲:島健
  6. 47 HARD NIGHTS
    • 作詞:伊秩弘将、作曲・編曲:斉藤英夫
  7. WEEKEND BLUE(Album Mix)
    • 作詞:伊秩弘将、作曲・編曲:斉藤英夫
    • CDジャケットに表示は無いが、シングル盤(「オーバーヒート・ナイト」カップリング)とはアレンジが異なる。アナログ盤とカセットテープのジャケットとインナースリーブには(Album Mix)と表記されている。
  8. KISS THE NIGHT
    • 作詞:伊秩弘将、作曲・編曲:山本拓巳
  9. ミーハー
    • 作詞:森高千里、作曲・編曲:斉藤英夫
    • 4枚目のシングルカップリング曲。
  10. GET SMILE(Album Version)
    • 作詞:伊秩弘将、作曲・編曲:島健
    • 3枚目のシングル。CDジャケットに表示は無いが、シングル盤よりアウトロが長い。アナログ盤とカセットテープのジャケットとインナースリーブには(Album Version)と表記されている。