I believe (絢香の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
I believe
絢香 ayakaシングル
初出アルバム『First Message
B面 夢のカケラ
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
作詞・作曲 絢香(作詞)
西尾芳彦(作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 2006年度年間34位(オリコン)
  • 絢香 ayaka シングル 年表
    I believe
    2006年
    melody〜SOUNDS REAL〜
    (2006年)
    テンプレートを表示

    I believe」(アイ・ビリーヴ)は、絢香の1枚目のシングル2006年2月1日ワーナーミュージック・ジャパンから発売された。

    解説[編集]

    • 2006年2月6日付のオリコンチャートで、初登場3位にランクイン。これは女性シンガーソングライターのデビュー作としては史上タイのトップ3入り(ちなみにJ-POP系の女性歌手のデビュー作が3位で初登場するのは中島美嘉の「STARS」(2001年11月7日)以来の記録となった)。
    • 1月15日の配信開始から42日で着うたダウンロード件数が100万DLを突破。これは女性歌手のデビュー曲では最短記録である[1]
    • 親友[2]のフィギュアスケーター安藤美姫の2006-2007シーズンのエキシビションの使用曲。安藤美姫の為にレコーディングされた全英語詞バージョンは『Sing to the Sky』の初回限定版に収録されている。英訳はティム・ジェンセン(Tim Jensen)が担当した。ただし、一部箇所は歌われていない。『2007年世界フィギュアスケート選手権』エキシビションの際は、東京体育館絢香本人が日本語の原曲を歌った[3]
    • Mr.Bigヴォーカリストエリック・マーティンが、ソロ・アルバム『Mr. Vocalist』にて英語でカバーしている。こちらもティム・ジェンセンが英訳を担当した。歌詞は『Sing to the Sky』に収録されたバージョンをベースに、省略された残りの箇所の翻訳と、既存箇所の翻訳の一部手直しがされている。2009年3月に行われた『Mr. Vocalist』シリーズに伴うライブで、エリック・マーティンは絢香とデュエットを果たした。この時の映像は日本のニュース番組や音楽番組等で一部公開されたが、のちに発売されたDVDには収録されなかった。DVDの初回盤特典である同ライブのCDにも収録されていない。その理由は、音楽雑誌BURRN!』の2009年7月号に掲載されたエリック・マーティンのインタビューによると、絢香の事務所(研音)から収録しないで欲しい旨の要請があった(許可が下りなかった)ためである。

    収録曲[編集]

    全曲 作詞:絢香、編曲:L.O.E

    1. I believe
      作曲:絢香・西尾芳彦
    2. 夢のカケラ
      作曲:西尾芳彦
      • 三日月の3曲目にライブバージョンが収録されている。
    3. I believe (Inst.)

    収録アルバム[編集]

    脚注[編集]