太田夢莉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおた ゆうり
太田 夢莉
太田 夢莉
2015年5月3日撮影
生年月日 (1999-12-01) 1999年12月1日(22歳)
出生地 日本の旗 日本奈良県
身長 163.6 cm[1]
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ舞台
活動期間 2012年 -
事務所 Showtitle
公式サイト 公式サイト
主な作品
テレビドラマ
日暮里チャーリーズ
オー!マイ・ボス!恋は別冊で
テンプレートを表示

太田 夢莉(おおた ゆうり、1999年平成11年〉12月1日 - )は、日本女優奈良県出身。元アイドルで女性アイドルグループ・NMB48チームNの元メンバー、派生ユニットQueentetのメンバーである。KYORAKU吉本.ホールディングスを経てShowtitle所属。

略歴[編集]

2011年

2012年

  • 2月18日、NMB48劇場において3期研究生(23名)の1人としてお披露目された[2]
  • 10月10日、チームBII所属となり、正規メンバーに昇格した[3]

2014年

  • 2月24日、Zepp DiverCityで開催された『AKB48グループ大組閣祭り』において、チームNへの異動が発表された[4]

2015年

  • 3月31日発売のNMB48の11thシングル「Don't look back!」でシングル表題曲において初めて選抜メンバーに入った[5]

2016年

  • 6月18日開票の『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』では19,534票で52位となり、フューチャーガールズに選出される[6]
  • 8月27日に神戸ワールド記念ホールで開催された『NMB48 リクエストアワー セットリストベスト235 2016』夜公演において、自身がセンターを務めるユニット曲「虹の作り方」が1位を獲得した[7]
  • 10月18日、神戸ワールド記念ホールで開催された『NMB48 6th Anniversary LIVE』で「大組閣」と称したチーム再編により、チームBIIへの異動が発表された[8]
  • 12月31日、第67回NHK紅白歌合戦の番組企画として行われた「AKB48 夢の紅白選抜」では28位にランクインした[9]

2017年

2018年

  • 1月20日、『AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2018』において、3月14日発売のAKB48の51stシングル「ジャーバージャ[11]で初めてAKB48のシングル表題曲の選抜メンバーに入ることが発表された[12]
  • 1月24日、体調不良のため一時活動休止することを発表した[12]
  • 3月12日のチームBII「恋愛禁止条例」公演から活動を再開した[13]
  • 6月16日開票の『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』では33,012票で23位となり、アンダーガールズに選出される。

2019年

  • 1月1日、「大組閣」により、チームNへの異動が発表され、3月1日正式に異動[14]
  • 9月4日、NHKホールで行われた全国ツアー『NMB48 LIVE TOUR 2019』初日公演において、グループからの卒業を発表した[15]
  • 11月30日、NMB48を卒業。

人物[編集]

愛称は、ゆーり、ゆーりたん、ゆーりたんさん、ゆーりまる、万年ちゃん、炭酸。

キャッチフレーズは、「私に不利なことなんかあらへん。いつでもどんな時でも、(ゆーり!)」である。

アニメ声優に深い興味を持つ[16]

関西出身のNMB48のメンバーや卒業生は関西弁を使うことが殆どであるが、太田は関西出身であるにも関わらず卒業生の中で唯一標準語を使うことが多かった。しかし、先輩の山本彩がNMB48の卒業発表したのを機に関西弁を使うようになった。

好物は、母親が作ったチキン南蛮

NMB48での参加曲[編集]

シングル選抜曲[編集]

NMB48名義

AKB48名義

アルバム選抜曲[編集]

NMB48名義

AKB48名義

  • 1830m』に収録
    • 青空よ 寂しくないか? - AKB48+SKE48+NMB48+HKT48名義

劇場公演ユニット曲[編集]

チームBII 1st Stage「会いたかった」

  • ガラスのI LOVE YOU

チームN 3rd Stage「ここにだって天使はいる」

  • おNEWの上履き

チームBII「恋愛禁止条例」公演

  • 黒い天使

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

ネット配信ドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

広告[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

イベント[編集]

作品[編集]

映像作品[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

著書[編集]

雑誌連載[編集]

Web連載[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 過去のタイトルは「NMB48あいにゃん&みるきー&ゆーりの奈良めぐり」、「NMB48みるきー&ゆーり&みぃーき&れいなの奈良めぐり」。

出典[編集]

  1. ^ https://otayuuri.com/profile/
  2. ^ “NMB48、GWから3週連続“初日公演””. SANSPO.COM (産経新聞社). (2012年3月1日) 
  3. ^ 太田夢莉\みなさんへ。報告。/(2012年10月10日付)
  4. ^ AKB48グループ 大組閣祭り 組閣後 NMB48 AKB48オフィシャルサイト
  5. ^ “NMB48カップリング曲センターに太田夢莉 次世代メンバー揃う”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2015年7月2日). https://news.dwango.jp/idol/10156-1507 2018年2月15日閲覧。 
  6. ^ “【第8回AKB総選挙】49位〜64位「フューチャーガールズ」発表 コメント一覧”. ORICON NEWS (oricon). (2016年6月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2073643/full/ 2018年2月15日閲覧。 
  7. ^ “希望に満ち溢れた「NMB48リクエストアワー」”. news walker (関西ウォーカー). (2016年9月16日). https://www.walkerplus.com/article/87127/ 2018年2月15日閲覧。 
  8. ^ “NMB48上西恵の卒業発表、波乱の大組閣、新シングル選抜…6周年ライブで新始動を予感<セットリスト/新チーム一覧>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年10月20日). https://mdpr.jp/music/detail/1625924 2018年2月15日閲覧。 
  9. ^ “AKB48“紅白選抜”全順位発表<1位〜48位/全メンバー最終獲得票数>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月31日). https://mdpr.jp/music/detail/1651212 2018年3月28日閲覧。 
  10. ^ “【第9回AKB総選挙】17位〜32位「アンダーガールズ」発表”. ORICON NEWS (oricon). (2016年6月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2092584/full/ 2018年2月15日閲覧。 
  11. ^ 曲名の発表は2018年2月22日。
  12. ^ a b “NMB48太田夢莉が休養を発表 AKB48新曲に初選抜されたばかり”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2104558/full/ 2018年2月15日閲覧。 
  13. ^ “NMB太田夢莉1カ月半ぶり復帰「また頑張りたい」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年3月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201803120000717.html 2018年3月12日閲覧。 
  14. ^ “NMB48、元旦<2019年新春特別公演>で大組閣を発表!”. Pop'n'Roll (ジャパンミュージックネットワーク). (2019年1月1日). https://popnroll.tv/articles/1196 2019年3月8日閲覧。 
  15. ^ “NMB48太田夢莉が卒業を発表 ファン「辞めないで」と涙声”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2143764/full/ 2019年9月4日閲覧。 
  16. ^ 太田夢莉 アニメと声優さんのおはなし(2015年10月7日付)
  17. ^ “NMB48・太田夢莉がヒロイン役でドラマ初出演!『ミナミの帝王ZERO』4・25スタート”. TVLIFE (学研プラス). (2019年3月29日). http://www.tvlife.jp/entame/219049 2019年4月2日閲覧。 
  18. ^ “佐藤流司が主演ドラマ「日暮里チャーリーズ」で七変化、IKKOや佐々木蔵之介も参加”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年7月22日). https://natalie.mu/eiga/news/388744 2020年7月23日閲覧。 
  19. ^ “ユースケ・サンタマリア、『ボス恋』で“萌おじ”役 追加キャストにミキ亜生、元NMB太田夢莉ら”. ORICON NEWS. (2020年12月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2178678/full/ 2020年12月23日閲覧。 
  20. ^ ENTAMEnext(2020年7月6日)
  21. ^ “間宮祥太朗主演で「ボス恋」オリジナルストーリー配信、もう一つの胸キュンラブ”. cinemacafe.net. (2021年1月11日). https://www.cinemacafe.net/article/2021/01/11/70852.html 2021年3月17日閲覧。 
  22. ^ "橋本環奈主演『バイオレンスアクション』第2弾キャスト発表!杉野遥亮、鈴鹿央士、馬場ふみからが参戦". MOVIE WALKER PRESS. 株式会社ムービーウォーカー. 2 March 2022. 2022年3月2日閲覧
  23. ^ “「Go To エンゲキ」GWにシアターサンモールで開催、関西演劇祭の受賞者ら出演”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年3月23日). https://natalie.mu/stage/news/421355 2021年12月14日閲覧。 
  24. ^ “舞台「This is a お感情博士!」”. Z-Lion. http://www.z-lion.net/okanjyohakase/ 2021年12月14日閲覧。 
  25. ^ ““異種格闘技”な朗読劇「TAMERS」に上村祐翔・美山加恋・シソンヌ・太田夢莉”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年8月4日). https://natalie.mu/stage/news/439320 2021年12月13日閲覧。 
  26. ^ “植田圭輔・石田明(NON STYLE)主演!伝説の漫画家を輩出した「トキワ荘」の2021年版コメディ作品上演『トキワ荘のアオハル』11月3日(水・祝)~4日(木)東京芸術劇場プレイハウスにて開催決定!” (プレスリリース), 吉本興業株式会社, (2021年9月17日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001062.000029501.html 2022年4月21日閲覧。 
  27. ^ “伊藤靖朗が脚本・演出手がける「AI懲戒師・クシナダ」主演に太田夢莉”. ステージナタリー. (2021年10月27日). https://natalie.mu/stage/news/450882 2022年4月21日閲覧。 
  28. ^ 公式ウェブサイト”. 2022年4月21日閲覧。
  29. ^ “三宅健扮する、麗しい安倍晴明のビジュアルが公開 音月桂、林翔太、太田夢莉らの出演も決定した、舞台『陰陽師 生成り姫』”. SPICE (イープラス). (2021年11月12日). https://spice.eplus.jp/articles/295061 2021年12月13日閲覧。 
  30. ^ “舞台「フラガール」主演は日向坂46潮紗理菜、共演に矢島舞美・太田夢莉・兒玉遥ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年3月8日). https://natalie.mu/stage/news/468534 2022年3月8日閲覧。 
  31. ^ “舞台「はめふら」カタリナ役は太田夢莉、キャストや公演日程が一挙解禁”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年4月2日). https://natalie.mu/comic/news/472371 2022年4月21日閲覧。 
  32. ^ ザ・ヒットスタジオ(木)オンエア曲4月バックナンバー”. ザ・ヒットスタジオ(木). MBSラジオ. 2018年4月6日閲覧。
  33. ^ “アディダス春夏のキャンペーンビジュアルにグローバルボーイズグループ・INIと女優・太田夢莉を起用「2022年adidas Tシャツコレクション」” (プレスリリース), アディダス ジャパン株式会社, (2022年4月19日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000835.000003301.html 2022年5月12日閲覧。 
  34. ^ “Lefty Hand Cream、太田夢莉(NMB48)主演MVを1週間連続公開”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年11月6日). https://www.barks.jp/news/?id=1000148656 2017年11月12日閲覧。 
  35. ^ “NMB48・太田夢莉、河内REDSのMV&CDジャケットに登場”. BARKS. (2019年11月5日). https://www.barks.jp/news/?id=1000174030 2021年12月14日閲覧。 
  36. ^ “元NMB48 太田夢莉、出演MV「君をさらって夜を飛ぶ」公開!”. Pop'n'Roll (JAPAN MUSIC NETWORK). (2020年11月4日). https://popnroll.tv/articles/12385 2021年12月14日閲覧。 
  37. ^ “NMB48渡辺美優紀・吉田朱里・太田夢莉、堂々ランウェイで女子歓声<関コレ2016S/S>”. モデルプレス. (2016年2月28日). https://mdpr.jp/news/detail/1568153 2022年2月7日閲覧。 
  38. ^ “平祐奈初出演&NMB48人気メンバー登場 関西コレクション2019A/W開催決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年4月26日). https://mdpr.jp/news/detail/1835748 2022年2月7日閲覧。 
  39. ^ “NMB48 太田夢莉、水着や入浴シーンなど1st写真集メイキング映像を収めたBD/DVD発売決定!”. Pop'n'Roll (ジャパンミュージックネットワーク). (2019年5月25日). https://popnroll.tv/articles/2903 2019年5月25日閲覧。 
  40. ^ “NMB48太田夢莉、水着や入浴シーンに挑戦した1st写真集『ノスタルチメンタル』発売!”. Pop'n'Roll (ジャパンミュージックネットワーク). (2019年3月6日). https://popnroll.tv/articles/1910 2019年3月8日閲覧。 
  41. ^ “NMB48・太田夢莉、グループ卒業を前にアイドル活動集大成のフォトエッセイ発売”. クランクイン!. (2019年10月20日). https://m.crank-in.net/news/69967/1/amp 2021年12月14日閲覧。 
  42. ^ “小中学生向け人気ファッション誌「ラブベリー」が復活 AKB48などアイドル多数出演”. Fashionsnap.com (レコオーランド). (2015年12月21日). https://www.fashionsnap.com/article/2015-12-21/loveberry-restart/ 2018年2月15日閲覧。 
  43. ^ “NMB48太田夢莉『BUBKA』1月号の表紙&巻頭特集に登場 吉田朱里と渋谷凪沙の対談も”. ぴあ ニュース. (2019年11月30日). https://lp.p.pia.jp/shared/cnt-s/cnt-s-11-02_2_8a2ef6fe-6395-4b1b-98fb-7096f3dad510.html 2022年5月17日閲覧。 
  44. ^ “NMB48吉田朱里&渋谷凪咲&村瀬紗英&植村梓、太田夢莉が“復帰したらやりたいこと””. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年2月6日). https://mdpr.jp/news/detail/1745036 2018年2月15日閲覧。 
  45. ^ “NMB48太田夢莉、CMNOW連載の裏側動画を初公開 とにかく楽しそう!”. CMnow (玄光社). (2019年8月8日). https://cmnow.jp/feature/190808758/ 2022年5月17日閲覧。 
  46. ^ 太田夢莉の「行かないとないもの」/ユニセックスな下北沢の古着屋『DYLAN』”. mer web. ワン・パブリッシング (2018年9月22日). 2022年6月20日閲覧。

外部リンク[編集]